musiclover
musiclover
昨年の夏にオーディオ趣味を復活。大学のころ、塾でバイトして、オンキョウとトリオのセパレートアンプ、テクニクスのプレイヤー、スタントンやオーディオテクニカのカートリッジとアルテックのスピーカーを買って聞…

マイルーム

ジャズ中心歌謡曲以外大好き・マッキントッシュ・JBL・トーレンス・オルトフォンのファン
ジャズ中心歌謡曲以外大好き・マッキントッシュ・JBL・トーレンス・オルトフォンのファン
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~2ch
オーディオ熱が再発してまだ1年も経たぬ間にかなりの変遷がありましたので、自分のために更新します。 ・(2011年初夏)オーディオ店の誘導に身を任せ、新品で一通り揃える  → Luxman L550…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

新たな発見、日々勉強

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年07月01日

皆様

今日、アンプの修理を業とされているプロの方と話をしていて、これまでずっとマッキントッシュのセパレート(C29とMC7300)を間違った(?)使い方で鳴らしていたことを知り、愕然としました。
皆様の多くからすると、馬鹿なことと思われるかもしれないので、ご容赦ください。

MC7300にはゲインのダイアルがついています。私はなんら深い考えもなく、それを常に最大(時計回り終点まで!)にして、C29のボリュームは昼間であれば11-12時、夜は9-10時程度で楽しく聴いていました。
ところが、そのプロいわく、プリアンプのボリュームは最大から下げて使うもので、15時以降が音質ベスト、11-13時が音質ワースト(8-9時のほうがまだまし)という話を、理屈含めて説明してくれました。

それで実験したところ、これまではマッキンの素晴らしさの数分の一も味わっていなかったことがよく分かりました。音楽の生き生きとした躍動感からして違います。パワーアンプゲインは10時、プリアンプボリュームはほぼ最大位置で試しています。

その方の話では、万が一プリアンプが故障したり動作を間違えたときのスピーカーを中心とした機材の保護という面でもパワーアンプゲインを絞る副次的なメリットがあるとのこと。

当たり前のことかもしれませんが、無知でした。
高級オーディオ機器を購入するよりもずっと効果のある話を聞きました。
日々勉強です!!!!!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 私も無知なの? (-_-)

     >> パワーアンプゲインは10時、プリアンプボリュームはほぼ最大位置で試しています。

     MC7300は使っていましたが・・・ 試した事すらなかったです。  私も musicloverさん同様にMC7300のゲインはMAXで使用していましたから・・ ((+_+))

     今のパワーアンプには 段階的なゲイン切り替えがありますから・・  試す価値は有るのかな?   まァ- 前段は フルに近い方が良さそうですが・・・ う~~ん (*_*;  試してみるか・・・ 

    byアコスの住人 at2012-07-01 21:01

  2. アコスの住人様

    私の耳ですから頼りにならないかもしれませんが、私にはまったくレベルの違う音に聞こえました。また、聴こえる音の種類も増えたかのような!!!

    パイオニアの古いアンプは修理が非常に難しいらしく、オーディオメンテナンス業界でも引き受けないところが多いそうですが、今日話した方は修理するそうですし、かなり原理的なことも説明してくれて、説得力はありました。肝心の原理はすっかり忘れたというか、最初から私には外国語のようでした。

    PHILEWEBの重鎮でいらっしゃるアコスさんに試してみてなんていうのは大変失礼ですが、やはり試していただきたいです。

    bymusiclover at2012-07-01 21:16

  3. MC7300は知りませんが、MC275R(復刻)では出力ゲインが1Vと2.5Vの所に印があり、マッキンと他社のプリアンプを使う場合とで使い分けています。
    もっとも私の場合は残留ノイズとのバランスを重視し、フルボリュームにすることはありませんが、プリアンプのボリューム位置は9時~12時位ですねー。
    使用スピーカーの能率とプリアンプのボリュームの特性にもよると思いますが、私の場合15時以降まで回す煩わしさとパワーアンプのゲインをかなり絞る事になり難しそうです。

    byVOTTA7 at2012-07-02 00:15

  4. はじめまして、まんばんざくろと申します。目からウロコのお話をありがとうございます。とすると、マッキンに限らず他社製品の場合にも当てはまりそうですね。 要、実験。

    bymanbanzakuro at2012-07-02 01:08

  5. VOTTA7さん、まんばんざくろさん、ストラさん

    MC7300は1.4Vと2.5Vの入力感度切り替えがついていますが、マニュアルどおりに2.5Vで使用しています。今度、これを1.4VにしてMCをトランスなしで聴いてみようかと思っていますが、やはりSN比が厳しいかなと予想しています。

    何年もアンプの修理を毎日やっている技術屋さんの技術的、理論的説明は分からなかったのですが、事務屋感覚で翻訳するとこんな感じです。
    ・もともと大きな信号を、聴く環境に応じて適正なボリュームに少しだけ増幅したほうが、もともと小さな信号をパワーアンプ最大値まで増幅するよりも、原理的に音質は良くなる。
    実際、ボリュームのディスプレイがある音響機器でボリュームを上げると『-○○デシベル』のマイナス値が小さくなるように表示されるのも、ボリュームは基本、最大レベルが信号の基準(=ゼロ)でプリアンプのボリュームはそれを絞る働きをするということではないでしょうか。

    私の機器では、『プリ=最大・パワー=ダイアル上4分の1』でも全く残留ノイズは気になりませんが、機材のSN比とのバランスもあるので聴覚で調整するのがベストだと思います。

    プリメインアンプ、それからパワーアンプでゲイン調整のないものの場合には、そもそも実験できませんけど・・・

    何が正しいかはよく分からない世界ですし、究極は好きな音楽を好きな音にできれば方法は問わないので、楽しんで大いに実験をして見ましょう! 何百万円もするアンプやスピーカーを『これで文句あるか』風にそろえている方よりも、コストはかけられないけど大事に相性の良い機材を知恵と工夫でよほど心地よい音楽を楽しんでいる方もいる、趣味性の高い世界ですから。

    bymusiclover at2012-07-02 11:06

  6. はじめまして。
    結局、一言でいうと、Fritsの法則のとを言ったのでしょうか。

    bymasuda at2012-07-02 23:57

  7. 訂正します。ノイズ指数Friis氏の数式でした。

    bymasuda at2012-07-03 00:05

  8. masudaさん

    初めまして。
    そういう法則があるんですか。
    理論的な裏づけがあるなら心強いです。


    また教えてください。

    bymusiclover at2012-07-03 09:30

  9. 103系好きさん

    ずいぶん遅い時間にレスありがとうございます!!!

    いろいろとボリュームは試してみて、今ではプリは90%、メインのゲインは50%にしています。ストラさんご指摘の通り、あまりメインを絞りすぎるとエネルギー感は確かに減退するみたいなので・・・

    パイオニアのアンプの整備性についてはそういうことらしいですよ。基盤が違うようなこと言ってました。だから、タレスさんもあまり積極的じゃなかったのかも!(私がメンテナンスの仕事していたら、よほど手が回らないのでなければ、一度は入れてもらって点検してみますもんね。もっと悪くなってから持ってきてとは言いませんね・・・)
    103系さんのパイオニアは元気そうでよかったですね。いい時代の商品を思わせる格好いいデザインですよ、ほんと。

    私のTD124、サブのほうは今グレイさんに入院中ですが、メインのほうには103がついてます。あれは素晴らしいですね。いつ聴いてもいい音です、安定してます。個人的に欲を言うともう少しだけ高音域に派手さというかきらびやかなところがあったらとは感じますが。そうしたら、ほかのカートリッジ聴かないかもしれませんね。

    bymusiclover at2012-07-03 09:46

  10. masudaです。
    Friisの法則。これは、多段アンプの従属接続で、各々のノイズフィギャNF(出力SN/入力SN)に対して、トータルのNFがいくつになるかとう式です。良く使われるのは、無線機の受信部で、最小入力感度レベルを算出するのにつかわれます。結果は初段のゲインが高く、かつ、NFがが良いほど、より小さい入力レベルでSNが保てます。今回の場合は、初段アンプがプリで、プリのNFがゲインで変わらないとすれば、できるだけ高ゲインにすれば、トータルのNFはより良くできるということになります。
    言葉で言うと?かも。Frissの式は単純な式です。

    bymasuda at2012-07-04 23:44

  11. masudaさん

    Friisの法則。納得しました。
    拡大解釈かもしれませんが、プリアンプのSN比がゲインの高いポジションでも優秀であればという条件付でプリのゲインをマックスにして、メインを聞きやすいレベルに調整すると最良の結果になるということですね。
    もっと言えば、プリに入れる入力、たとえばアナログの例では、アームやターンテーブルのSN比も重要だということにつながる気がします。

    ありがとうございました。

    bymusiclover at2012-07-05 08:06

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする