musiclover
musiclover
昨年の夏にオーディオ趣味を復活。大学のころ、塾でバイトして、オンキョウとトリオのセパレートアンプ、テクニクスのプレイヤー、スタントンやオーディオテクニカのカートリッジとアルテックのスピーカーを買って聞…

マイルーム

ジャズ中心歌謡曲以外大好き・マッキントッシュ・JBL・トーレンス・オルトフォンのファン
ジャズ中心歌謡曲以外大好き・マッキントッシュ・JBL・トーレンス・オルトフォンのファン
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~2ch
オーディオ熱が再発してまだ1年も経たぬ間にかなりの変遷がありましたので、自分のために更新します。 ・(2011年初夏)オーディオ店の誘導に身を任せ、新品で一通り揃える  → Luxman L550…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

マッキントッシュ真空管アンプ教えてください

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年08月03日



大変久しぶりのPHILEWEBになりました。使っているものもかなり変わりましたが、聴いている音楽はおおむね同様のJAZZです。
ご存知の方に是非教えていただきたいのが写真のアンプの真空管配列です。
マッキントッシュC22CE
V1からV7まで12AX7Aが4本と12AT7が3本使用されています。
マッキントッシュMC275R(IVかと思います。2004年発売で、SPケーブルはネジ式)
こちらは、パワー管のKT88のほか、プリ管がV1-V7まで同じく7本ですが、12AX7Aが3本に12AT7が4本となっています。

私が是非教えていただきたいのは、この14本の真空管の役割です。
現状は、分からないので過去に一番好きだったテレフンケンのダイヤマーク入りをC22のほうには入れてあります。2つAX7かAT7が並んでいるスロットはLとRチャンネルを担当していると勝手に想定していますが、特性のあったものをアメリカで入手してこれで文句あるかという感じで入れ替えました。
MC275Rは、V1,V2にムラード、V3,V4にテレフンケン、V5にRAUTHEON、V6,V7にRCAを挿しました。
特にMC275Rを純正管からムラードに変えたときは音が一変しました。全体がスムーズになり、高域は本当にきれいな艶のある音に変身しました。パワー管よりもプリ管を交換したほうが音質が変わるとWEBで書いている人が多かったのもうなずけます。

ただ、やはりどの真空管がフォノのLとRを担当しているとか、左右両方を受け持っているとか分かったほうがやりやすいですし、精神衛生上も宜しいかなと思うわけです。もちろんマニュアルには何も書いてありませんし、WEBを探しまくっても部分的な情報しか見つかりません。
そこで、マッキンファンも結構いらっしゃるPHILEWEBならと思って投稿しました。宜しくご教授ください。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 詳細は分かりませんが(^^;

    C22CEの背面右側の2本の12AX7はフォノイコ用です。
    どちらがR,Lかは確かめていません。
    普通ペアで交換しますからね。

    MC275(初代復刻)にはV1~V7の表記は無くアルミのシールドカバーが付いている12AX7から12AX7-12AZ7-12AZ7-12AX7-12AZ7-12AZ7の配列になっています。
    プリ管の交換で一番音が変わるのがシールドカバーが付いた一番目の12AX7です。
    そこから片チャンネル 12AX7-12AZ7-12AZ7の組み合わせと思います。
    初段から左右に分けられる2番目と5番目の12AX7は同じメーカーのマッチングのとれたもので揃えた方がよいと思います。

    byVOTTA7 at2014-08-04 22:26

  2. VOTTA7さん

    さっそくありがとうございます。
    私のMC275はもう少し後のものですので、AT7になっていますが、恐らくおっしゃる通りの配列じゃないかと思います。
    試してみます。
    これまでNOS管ばかり使っていましたが、GOLD LIONの復刻版KT88は海外で異様に評判がよいので使ってみましたが、なかなかですね。

    ありがとうございました。

    bymusiclover at2014-08-05 14:14

  3. 私もC22を愛用しています。
    パワーアンプは、以前、275を使っていましたが、現在は自作のKT88です。
    C22の真空管の配列は下記の様になっています。

    V1 12AX7 左チャンネル フォノイコ 双三極ですので、最初の三極と後段の三極でフィードバック回路を構成してフォノイコを行っています。

    V2 12AX7 右チャンネル、フォノイコ、、動作はV1と同じです。

    V3 12AX7 これも双三極ですから、最初の三極で左チャンネルの
    フォノイコ バッファー増幅、もう一つの三極で右チャンネルの
    バッファー増幅を行っています。

    V4 12AX7 左チャンネルの増幅です。ボリュウム調整の後に
    接続されています。テープモニター等のハイレベル入力は、この段から直接、入力されます。

    V5 12AX7 V4の動作同様、右チャンネルです。

    V6 12AX7 最初の三極で左チャンネルのアウトプット増幅、もう一方の三極で右チャンネルのアウトプット増幅です。
    直、アウトプットレベル調整と、この真空管の間にはランブル フィルターが入っています。HFフィルターはこの真空管の後、アウトプット ジャックの直前に入っています。

    さて、一番、音に関係してくる真空管は、フォノイコの左右がバランスが取れていれば、イコライザー回路ですから、音質に大きく左右する事はありません。もし左右の、例えばRIAAカーブがずれていた場合は音の定位感に影響します。
    130-026モジュールが経年劣化してる場合は、症状がでます。

    私の場合、イコライザーは測定をしたところ、左右が完全にマッチしていました。従ってV3を交換して音の変化が確認できました。
    その他、、音質に大きく影響をするのはコンデンサーです。
    経年変化で、かなり劣化しているコンデンサーがあります。
    私の場合は、音に影響があるコンデンサーをマッキン本社から取り寄せ交換を致しました。
    カップリング コンデンサーと電界コンを交換しました。

    byTom Tom at2014-08-07 11:07

  4. Tom Ishii様

    詳細な説明ありがとうございます。
    C22はオリジナル、限定復刻版とCE(Commemorative Edition)など種類がありますね。Tomさんのは恐らくオリジナルかと思いますが、真空管が12AX7Aの6本。わたしのはCEで、12AX7A3本と12AT7が4本の7本です。V1とV2がフォノイコに間違いないのですが、なかなか全体像が分かりません。マッキン本社に聞いてみたいと思います。

    勉強になりました。ご自分で作られる腕があってうらやましいです。ありがとうございました。

    bymusiclover at2014-08-07 13:25

  5. 私のはオリジナル版です。
    真空管の数がオリジナルから変更になっているのですね。
    知りませんでした。
    私もマックのファンでC22を始め、FMチューナー、MC240, MC2255,
    等々、自作機器以外に愛用しています。
    マッキンにお問い合わせすると、いいですね。
    お役に立てなくて申し訳ございませんでした。

    byTom Tom at2014-08-13 07:26

  6. Tom Tomさん

    C22はオリジナルから結構変わっているようです。
    マッキントッシュ(米国本社)に聞いていますが、もうすぐ返事するというので待っているところです。
    ありがとうございます。

    bymusiclover at2014-08-13 10:01

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする