takeuchi
takeuchi
はじめまして。 AV兼用の専用シアタールームと1万枚を超えるDVDなどもあるのですが、今は眼の病気などが影響し休眠中です。 この場では、最近再開したヘッドホンリスニング中心で書かせていただ…

マイルーム

AVルームは休眠中
AVルームは休眠中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
我が家には、専用AVルームがあります。 防音、遮光、配線用フレキシブル管埋設、埋め込み照明はもちろん、吸音性のある真っ黒壁紙、電動スクリーン格納用スペース、3管プロジェクター用に耐荷重200kg以上…
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
  • その他オーディオ関連機器
  • その他PC周辺機器
    BUFFALO LS421D0402P
  • RCA/BNCオーディオケーブル
    G RIDE AUDIO GRA-WR15
  • XLR(バランス)ケーブル
    G RIDE AUDIO GRA-WX15

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

iBasso Audio HDP-R10とKORG MR-2(DSD音源比較)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年09月08日

※ポータブルの話題が皆無に近いこの場ですが、空気を読まずにメモ的に書いておきます。

以前から、DAPは、iPodやWalkman、古くは、Rioやiriver、OAKLEY THUMPなども持っていて、旅行時や据え置き機器の合間に楽しんでいました。

そもそも、地方在住で通勤も短時間なので、ポータブル機器は日常では持ち歩きません。
ですから、本来、とても重要な、電池寿命や持ち運び時の操作性などの実体験としての評価はできないことを、お断りしておきます。


●HDP-R10とMR-2のDSD音源比較

先月末、iBasso Audio HDP-R10というポータブル音楽プレーヤーが発売されました。
詳細はファイル・ウェブさん等にもレポートがあるので触れませんが、個人的目玉は、DSF形式のDSD再生ができる点です。

DSD再生の実態は、88.2kHz/24bit PCMへの変換なので、いわゆるDSDネイティブ再生ではないのですが、なにより対応していることが画期的なことです。
どんなカタチであれ、再生できなきゃ音源ファイルそのものを買ってももらえないですから、DSDの普及のためにも、こういう機器の発売は歓迎したいです。

DSD対応ファイルをネイティブ再生できるポータブル機器としては、KORG MR-2があります。
本来は、録音が主目的の機器ですが、聴く部分だけに注目すると、以前にも書いたように、電池の持ち、日本語非対応、操作性などの面で問題があり、実用性はかなり低いです。

HDP-R10は、DSFファイルでも日本語表示ができますし、アルバムアート表示もできるようになっていて、機能面ではHDP-R10の優位は揺るぎませんが、肝心の音質傾向が気になります。

MR-2は、単独での高音質再生を強調した機器設計ではなさそうですが、それでも、DSDファイルを再生させると、DSD特有のなめらかさ、穏やかさ、自然さを感じ、その上で、広がりながらも密度の濃い音の心地良さがあります。
これ見よがしに主張する激しい音でもないのに聴き入ってしまう、浸透力が強い素直な音です。

では、HDP-R10でのPCM変換した音はどうでしょうか。

簡単に言うと、DSDとPCMの両方の特徴を見せてくれます。
この機能を実装したメリットが活きている鳴らし方ができていると感じました。

MR-2と比較すると、メリハリがあり、明瞭で活気のある音ですが、強調感は薄く、不自然なほどではありません。
透明感も失われておらず、DSDの面影を残した変換と言えます。

PCMに慣れた方でも、違和感なく受け入れられる音でもありそうです。

いつも、DSFファイルで販売されている楽曲は、FLAC(24/96)ファイル版もあれば購入して比較するのですが、これは、やはりPCMそのままのせいか、多少は硬さが増して聴こえます。

なぜ、DSDネイティブ再生を搭載しなかったのか、その事情まではわかりませんが、音楽を聴いた限りにおいては、このPCM変換と言う手法も悪くないですし、むしろ急な移行による違和感を減らす手段としてアリなのかもと思えました。

また、PCM変換もデメリットばかりではなく、デジタルアウト機能が活かせるとも言えます。

試しに、光出力で、DSFファイルを、MYTEK DIGITAL STEREO 192 DSD DACに通してみると、当然ですが、88.2と表示されて再生できます。

ポータブルとしての用途からすると妙な使い方のようですが、デジタルアウト端子が2種類も付いていたり、卓上使用用マウントベースの発売も予定されているなど、もしかすると、こういう運用も考慮しての強制PCM変換なのかもしれません。


まだ、どちらの機器も長時間のエージングは経過していないので、絶対的な結論ではないですが、大幅に印象が違うこともないとは思います。


●HDP-R10での超個人的問題点

今回、HDP-R10で驚いたのは、Bluetooth接続時に音楽再生ができないことです。

最近のお気に入りで、Parrot Zikという、Bluetoothとノイズキャンセリング機能を持つワイヤレスヘッドホンがあるのですが、iPod系やWalkman Zなどで問題なく使えていたものが、HDP-R10では、相互認識してリンクするのですが、なぜか音が出なくて不思議に思っていました。

調べると、再生ソフトであるHD Music Playerの制限のようです。

高音質を謳った機器なので、Bluetoothは必要ないのかもしれませんが、せっかく載せているなら音が鳴らないと意味がないので、なんとか対応してもらいたいところです。


あと、MicroSDカードが出てこなくなりました。(笑)

差し込む時から、ちょっと摩擦抵抗を感じていたのを強引に押し込んだので、自業自得なのですが。

メディア自体は、東芝製class10で、粗悪でも特殊な形状でもないはずですが、仕方ありません。
キザミ付き超精密ピンセットなどでホジホジしていたのですが、うまくいかず、ついでに分解してみようとしたところ、ネジを外しても固く組まれていて、怪力でブッ壊してもヤバイので、無理せず断念しました。

PCとUSB接続すると、本体メモリとは別々なストレージとして表示されるので、今のところ特に不便はないです。
と、強がりを言っておきましょう。

分解に使うための工具を発注したので、到着次第、チャレンジしてみます。


ついでにドジを晒すと、専用保護フィルムを買う際に、『貼るのを失敗した時のため、念のため2セット買っとこ~』と注文した後で気付いたのが、なんと、もともと2枚組!
いくらなんでも、4枚も要らんわ。(笑)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. takeuchiさん

    はじめまして。
    私もこの機種に興味を持っており、興味深く読ませて
    頂きました。

    仕様を確認したいのですが、本機種はmicroSDに保存されている音楽データを再生するのであり、内臓SSD等は持たないのですよね?

    分解等、ご注意くださいね。

    by孤独なオーディオファン at2012-09-09 11:17

  2. 孤独なオーディオファンさん。

    はじめまして。
    コメント、ありがとうございます。

    この機器には、標準で64GBの内蔵メモリがあるので、
    SDカードは必須ではないです。

    ただ、ハイレゾファイルが増えてくると、
    それでも足りなく感じるかもしれませんね。


    他にも、何か疑問点等ありましたら、なんでもお尋ねください。
    わかる限りで、いろいろと試してみますので。

    bytakeuchi at2012-09-09 11:40

  3. takeuchiさん

    ご回答ありがとうございます。
    内蔵もあるんですね。
    個人的には、1Tぐらいのヤツがほしいです。
    すべての音源を携帯できるので....。

    お言葉に甘えまして...。
    本機とは、別の機種になるんですが、
    某掲示板でC4と呼ばれている機種があるんですが
    これの正式名称をご存じなら教えていただけないしょうか。

    by孤独なオーディオファン at2012-09-09 13:46

  4. 孤独なオーディオファンさん。

    ご希望は1TBですか。
    いつかはそういう時代になるのでしょうね。

    実のところ、HDP-R10の64GBでもプレイリスト作成は大変です。
    ストレージ容量は大きい方が良いに決まっていますが、
    反面、大量の音源ファイルの効率的な管理システムがないと、
    あまりに大量のデータは、かなり苦労すると思います。

    その点、iPod系のiTunesでのプレイリストと連動した方法は、
    よくできていて感心させられます。

    C4とは、ドイツ Colorful社の、Colorfly Pocket HiFi C4
    という機種のことだと思います。

    これも高価格ですが、高性能なので興味はあったのですが、
    HDP-R10には、DSDファイル再生機能という他にない機能が
    あったので、C4は購入には至りませんでした。

    bytakeuchi at2012-09-09 15:40

  5. takeuchiさん

    たびたび、ご回答ありがとうございます。
    Colorfly Pocket HiFi C4、調べてみました。
    概観は、R-10の方が私好みですね。

    2ch掲示板情報で恐縮ですが、
    皆さんプレイリストでは苦労されているみたいですね。

    色々、ありがとうございました。
    それでは、R-10楽しんでください。
    (軍資金がたまるまで)
    自分は、iPadで我慢します。
    いつか、購入できる日を夢見て。

    by孤独なオーディオファン at2012-09-09 20:50

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする