テナガザル
テナガザル
企業勤めの理系です。 でもあくまで趣味ですから結果オーライな考えやプラシーボも容認します。 現在の機器構成 スピーカー : 自作2way Feastrex nf-5 / RAAL 140…

マイルーム

好き勝手にやってる部屋
好き勝手にやってる部屋
最近feastrexのユニット載せたスピーカーを部屋にセットしてみました。 満足いくまで遊んでいけたらと思います。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

日記

Feastrex nf-5 part8

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年04月08日

毎回更新間隔が空いておりますが申し訳ありません。
毎週や毎日のように日記を書かれている方々は凄いなぁと。
ほんとに凄いと思います、自分にそれだけの能力はありません。
毎日いっぱいいっぱいです;;

さて、早速本題に入ります。
SP特性を測るMySpeakerを使用して安マイクでの特性を以前アップしましたが
F特以外にも色々測ってみたのでここに掲載致します。

因みにマイクはエレコムの1000円程度の品なので、あまり本気にしないでください。
同じ環境では相対的に差が見えるかな、という程度です。

と言う事で今回は比較の為に実家からSPを持ってきました。

Avalon Symbol その昔サブ用に導入したSPです。
これは細身で、何かと邪魔にならないので未だに保有しています。
音場形成に優れた2wayスピーカーです。
底面に設置されたバスレフ音が気になるので布で塞いでしまっています。


無名のフルレンジSP
ジャンク屋で数百円で購入したスピーカー。
このオモチャを買った理由は密閉箱フルレンジだったから。それが購入の全てです。


現在使ってるFeastrex-JSP箱との特性比較を行いましたので以下に掲載。
上から順番に
1.オモチャフルレンジ(密閉フルレンジ)
2.Feastrex-JSP箱(バスレフフルレンジ)※JSP方式4連ポート
3.Avalon-Symbol(半密閉2way)※バスレフを布で塞いでいる
となっております。

マイク位置はユニット軸上10cm、2wayの場合はユニット間の真ん中10cmに設置。
※この時点で2wayのデータは不利です。


先ずは周波数特性(F特)
1.250Hzにピークがあります。
  但し低音にさえ目をつぶればそれほど酷い特性ではありません。
  4kHzにピークとディップがありますが、愛嬌(バッフルの影響)でしょう。
2.高域5kHz~7kHzにかけてピークが見えます、1.3kHzあたりにディップがあります。
  但しそれ以外は総じて良いです。低音はバスレフで補強された感が見えます。
3.流石に10cmの近接特性でツィーターとウーハーの間にマイクを置いたので
  微妙な?特性になっています。
  Symbolの高域は10kHz程度で落ちたりしませんから、
  測定位置と使用マイクが全ての元凶な事が分かります。
  またバスレフを塞いでいる状態で55Hzあたりに低音のピークがあります。



高調波歪特性
黒がF特、青が2次高調波歪、緑が3次高調波歪、灰色がバックグラウンドノイズ
理想としては黒はフラット、青と緑、灰色は小さい程良い。
また青と緑は-40dBからスタートした表示であるとの事。(つまり-10dBは-50dB)
1.210Hzと3.3kHzに2次高調波のピークがある。
2.レンジを0-110dBにしてしまったので縦軸がおかしい(倍に伸ばして下さい)
  5~7kHzにかけて2次高調波のピークがある、全体的に歪は小さめ
3.同じく高域に2次高調波歪があり、500Hzに3次高調波歪のピークがある。
  確かSymbolのクロスは1.2kHzとかその辺。



単発サイン波を入力した時の過渡特性
(原理的にサンプリング周波数44.1kHzでは高域の単発サイン波は生成できない)
大体10kHz以下での過渡特性を見る事が出来ます。
高域は入力波形が原理的に崩れるので専用の装置でないと正しく測れません。
全周波数で横軸0°~360°にだけサイン波が出ている状態が理想。
(モニターから離れて外形を見るのが正しい見方かと思います)
1.500Hz~10kHzあたりまでの単発サイン波特性が最も良いのがこのスピーカー
  低音は出てないので0°と360°の位置に頑張った跡だけ見えます。
  高域側も入力自体が崩れるわりに綺麗です。
  高域は入力が終わった後もダラダラ動いているのは分割振動のせいでしょうか。
2.低域と高域は波形がかなり崩れている事が分かります。
  サイン入力が終わった後の制動が取れていません。
  また高域は裾野が広がり位相がズレていきますが、これはダブルコーンの弊害ですね。
  サイン入力が終わった後もダラダラ動いている様子が見えます。
3.低音側は一番綺麗に見えています。
  但し褒められるのはそこくらいで50Hz以下はずっとボワボワですし、全体的に山谷が斜め下に向かって動いているのが分かります。
  これは2wayのネットワークによる位相回転であり、クロス周波数である1kHzの単発サイン応答は大きく崩れています。



単発サイン波からエネルギーの時間応答を計算して表示。
全ての周波数領域に渡り矩形波が見えている状態が正しい。
但しこれもサンプリング周波数の関係上高域になるほど入力波形が崩れる為注意。
1.200Hz以下は当然ながら出ていない。
  但し200Hz~5kHzの間はかなり綺麗である。
  100Hz以下のエネルギー応答はやや遅れている上に山が3つくらい見える。
  低音の頼りない感じは否めない。
2.1kHz以下だけで比べるなら最も素直な応答をしている。
  エッジが綺麗に見えており、シャープに整っている。
  これもダブルコーンのお陰でF特は上まで伸びているものの、
  高域の過渡特性は盛大に崩れておりぐずぐずである。
  5kHz以上の応答特性は数百円の小口径フルレンジの方が良い。
  また低域は50Hz以下ではピークの後に山が1つ出てきている。
3.過渡特性を議論する場合最も汚く見える。
  ネットワークの存在が縦のラインを崩しているし、
  クロス帯域のある1kHz~3kHzでは1260°以降まで長く裾野が伸びている。
  マルチwayのスピーカーは音が濁っていると言われるゆえんはここである。
  数百円で買ったフルレンジSPの方が綺麗な特性を叩き出すとか少し笑えない。

  どれも綺麗とは言い難いものの、1kHzまでの綺麗さならFeastrex
  500Hz以上の中高域では安いフルレンジ(小口径シングルコーン)が良さそう。

  まとめとして、これはそこそこの音量を出した時のデータであって
  安物SPは大音量では箱鳴り等いかにも安い音が出てしまいます。
  ユニット自体もへなちょこで、大音量では鳴らせません。
  但し小音量ニアフィールドであればかなり良い特性であると言えます。
  またリスニングポジションでのデータではない為2wayはそもそも分が悪い。
  F特だけを見るなら2wayのSymbolは上下にしっかりと伸びているが
  他の特性ではフルレンジに対して魅力は薄い、というか勝てていない。
  Feastrex NF-5は特性として悪くないものの、測定環境が貧弱な事も相まって?
  これはスゲーぜ!とはもろ手を挙げて叫びづらい。
  いや、いい特性は出ているものの、価格を考えると良くないと詐欺というか(笑)
  また小口径のシングルコーンでは低音が稼げないから仕方ないものの、
  ダブルコーンにすると綺麗な特性が出ないのがもどかしい。


次に、JSP箱のバスレフポートを布で塞ぎます。
疑似密閉箱にしました。
上がバスレフ、下が疑似密閉状態での比較です。


周波数特性
130Hz以下の特性の落ち込みが速くなり、50Hz以下のポート共振が無くなります。
(完全には消えていませんが)
また300Hz~1.2kHzの特性が素直になります。
ポートから回り込んで漏れた音の影響が減った為と思われます。


高調波歪特性
ポートを塞ぐと当然ながら低音が出なくなりますが、その影響として
400Hzでの3次高調波歪が減っています。
100Hz以下さえ見なければF特性も歪特性も密閉箱の方が優秀と言えます。


過渡特性
ひと目で分かりますが、100Hz以下での過渡特性が大幅に改善されています。
ポートが空いている時はだらしなく低音が出ていたのに比べ
ポートを詰めて密閉にすると単発サインに大きく近づき、後半の暴れが無くなります。
勿論音圧レベルは相応に減っていますが。
さらに360°以降の裾野を見ると400Hz~4kHzの特性も改善されています。
グラフ右半分の波が静かになっていることが見て取れます。
ポートからの不要放射が減った影響でしょう。


過渡特性 エネルギー応答
このグラフは変化が少なく見えますが、ポート共振による低音側のエネルギーの不要な山が、密閉では低く全体的に綺麗になっている事が見て取れます。
実は400Hz位置でも変化があると思うのですが、
UNREGISTEREDでの使用のため文字に隠れてしまっています。


まとめ
繰り返し書いていますが、自分は密閉箱が好きです。
小型バスレフタイプのスピーカーはどれもポート共振音が気になる為
あの有名な?B&Wの805も大して好きではありません。
(オーディオショー等で聴き比べれば明らかに小型SPが無理してる感満載です)
別に805に限った事ではなくとにかく小型バスレフは全部ダメな音に聞こえます。
これはオーディオメーカーが小さい箱で低音を稼ごうとした弊害でしょうね。
今回の特性を見て、バスレフポートをつけるといかにグダグダな音になるのか
分かって頂けたかと思います。
(オルガンのような低音を出す場合は気にならないかもしれませんが)

JSPは聴いてみて、なかなか良さそうだと思って導入してみましたが
測ってみるとやっぱりバスレフ特性ですね。
但し通常のバスレフ方式に比べてかなり音が改善されている事は感じます。
「酷い」とまでは感じません。とはいえポートを塞いで聴き比べると分かりますし
更に特性を測ってしまうと・・・。

またFeastrexの採用しているダブルコーンは、フルレンジというよりもむしろ
2wayの特性に近いですね。
コーンが二重にあるので当然といえば当然ですが。
全体的にフルレンジと2wayを足して2で割ったような特徴が見えています。


次にフルレンジかマルチ方式かという事ですが
ネットワークの弊害は一目瞭然ですね。
2つ以上のユニットを電気的に繋げる為に、位相が回ってしまうのと
クロス帯域前後で幅広く音が濁っているのが視覚的にもはっきり分かります。
これは周波数特性だけ見ていても分かりません。
メーカーさんは他のグラフも出せばいいのにね、と。
ただし小口径フルレンジでは出せる周波数特性に限りがあるため
F特を伸ばそうとしたらマルチ化は不可避です。


あっちを立てればこっちが立たずなのがスピーカーですし
世の中はそのへんうまく立ち回ってものづくりをするしかありません。
勿論インピーダンス変化や音のこもり感にも影響があるのは分かりますが
ただ何と言うかその、殆ど全てのメーカーがバスレフ型を採用する現状は…。


低音を完全に切り捨てる場合
小口径フルレンジ+回折を極力排除した球形キャビネット+密閉箱
にすると音が良いと言い切れそうです。
厳密にはキャビネット容積だとか箱の慣性質量だとかも色々あるでしょうが。

その点で富士通テンのイクリプスは好印象です。
ただちょっとだけ勿体ないですね、あの上位機種って確かバスレフですから。
割り切り方が足りません、中途半端に媚びなくていいのに(笑)
(自分はあそこのスピーカーは好きです、ジェットエンジンみたいでカッコイイし)
また、今回はフロントバスレフでしたが
リアバスレフだと中高音の特性劣化は少ないのでしょうか。


とはいえです、とはいえ低音が再生できなかったら
音楽としてどうなの?と思いますし、
どんなに波形が綺麗でも聴いてて楽しくないじゃんとも思います。
この辺は(スピーカーとしては)相反する所でもありますが
自分は制動の効いたマッシブな低音は大好きです。


因みに何故今回この話をしたかと言うと
前回22Ωの抵抗を付けると云々という記事を上げましたが
F特には変化が見えず、ほぼ一致しました。
しかし歪特性には若干の違いが見えたので
先ずはグラフの見方などに親しんでもらうために急遽このテストを行った次第です。

F特が一致するなら音は変わらない!という批判を受けたくなかったからです(笑)


ま、ただなんというかその、、、
ユニット自体は同じだから並列に付けたネットワークでは殆ど変化が見えなかったんですけどね・・・。

更に言うとアンプの差はこれよりも小さいわけで
安マイクでの特性議論はこの辺が限界なのかなと思います。
(※スピーカーやポートセッティングなど相当大きな違い)
ノイズレベルとかを見ても分かる通り、相当ノイズが大きく
これ以上の厳密な議論はより高性能な計測系を持ってこないと無意味ですね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. シャコンヌパンダさんこんばんはです。
    読み辛くて申し訳ありません。
    あれもダメこれもダメと言いたいわけではなく、
    完璧なスピーカーという物は存在しないので取捨選択が大事だよ。
    自分はその1つとしてバスレフポートは敬遠しているという事です。
    また、ネットワークはどうとかバスレフは音が云々と言う話はそこらじゅうで聞きますが、それはオカルトではなくF特以外のグラフで違いが出る事を載せました。
    コイルは音場を濁すとおっしゃられる事も自分は未経験ですが、きっとそうなんだと思います。

    更に、ネットワークは位相回転を起こしてしまいますが
    高域の位相がどこまで重要かは正直分かりません。
    主に中・低音の位相を気にしていれば良さそうな気もします。
    むしろクロス周波数帯域で音が濁る事が問題ですね。

    タンノイのカンタベリーはとても良いスピーカーですね。
    同軸2wayであり38cmのウーハーという堂々たる構成に
    ポートも上手く工夫された形をしていたと記憶しています。
    外観も美しくて風格もあるスピーカーだと思います。

    何より最後のコメントが一番大事ですね。
    自分の更新が遅れがちなのも、測定や日記後回しで音楽を聴いてしまう事が原因でして…(笑)
    (そりゃあサインスイープ垂れ流しても楽しくないですもん)

    byテナガザル at2012-04-09 01:28

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする