テナガザル
テナガザル
企業勤めの理系です。 でもあくまで趣味ですから結果オーライな考えやプラシーボも容認します。 現在の機器構成 スピーカー : 自作2way Feastrex nf-5 / RAAL 140…

マイルーム

好き勝手にやってる部屋
好き勝手にやってる部屋
最近feastrexのユニット載せたスピーカーを部屋にセットしてみました。 満足いくまで遊んでいけたらと思います。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

ベリリウムとかウーファーとか

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月16日

皆様こんにちは

今日は何という話でもないのですが、思ったことを徒然と書きます。

ベリリウムツィーターはハイエンドオーディオの世界ではある程度
人気の高いツィーターですが、材料の持つ毒性から
敬遠されがちな部材でもあります。

材料が毒だとして、安全に配慮すべきは製作時の作業者なわけで
ユーザーが気をつけるのは主に小さなお子様を近寄らせないとか
割ってしまった時の掃除かと思われます。

持っているだけで何かを出すとか人を不幸にするような能力は無いと思いますので
必要以上に恐れる必要は無いと考えます。
むしろそれならベリリウム振動板を搭載したハイエンドイヤホンの方が
個人的には怖いです。

悪魔のように恐れられているくせに、悪魔のように音が良いので
市民権を得ているベリリウム(個人の感想です)


こちらは東京エレクトロンが配布している元素周期表
最近はARも活用しており、専用アプリを入れた携帯を近づけると
ムービーで説明してくれるので、子供のいるご家庭にはオススメの一枚。
英語バージョンもあるので英語の勉強にもなります。


そのベリリウムの項目ですが、宇宙望遠鏡の主鏡に採用とのこと。

ベリリウム Beryllium -エメラルドの成分、宇宙望遠鏡にも利用


ここがすごい!ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡


これはカッコいいですね!
ベリリウムって何?と聞かれたときに
エメラルドの成分だと答えることもできますが、
ベリリウム使いのオーディオファイルは胸を張って
宇宙望遠鏡の素材だと言えるわけです。

音がどうなるか分かりませんが、表面を薄く金でコーティングしたモデルを
宇宙望遠鏡モデルと言い張ってリリースするのもアリですメーカーさん!
表面を金にすることで僅かなり安全性が高まる気もします。
(どこもやらないでしょうけど)

だいたい身体に悪いと分かっているベリリウムを好んで使うような人は
少年のような冒険心を捨て切れないに違いありません(偏見1)
そんな少年達は宇宙とか望遠鏡とかにワクワクするものなんですよ(偏見2)

因みに自分はScan Speakのベリリウムツィーターも持ってます(笑)
これから人にはベリリウムは宇宙で使う望遠鏡の鏡の材料だと説明することにします。


次にサブウーファーの話なんですが
基本的に自分は容認派、どころか積極採用派であります。
今時どのハイエンドメーカーもユニットを収めた箱を個別に積み重ねているわけで
低域を出す箱をサブウーファーと呼ぶか呼ばないかで音が変わるとしたら
それこそオカルトでしょう。

しかしながら一般にサブウーファーという商品は、
安く低音を出せるイメージを作っているために
安価なモデルが多く、ハイエンドメーカーの低域ほどこだわれず
従って良い音がしないモノでもあります。
確かにそれも事実です。

低音はコストがダイレクトに音に反映される帯域なので、
低音を担うサブウーファーには
ユニット、ネットワーク、ハウジング、(バスレフポート)、アンプ
全ての観点から物量が求められ、本来安く作る事が出来ません。
そのため安いモノからはダイレクトに妥協した音が出る結果となります。

スピーカーの上位モデルは主に低音の増強であり、
メーカーの最上位ラインで比べると上のモデルになるほど低域が伸びて
価格も100万円単位で増えていきます。
繰り返しますがやっている事は低域の伸長です。
しかしこの100万円は出せるのに、100万円のサブウーファーと聞くと
腰が引けてしまうのが普通の反応ではないでしょうか。

そんな中でエレクトリが日本で取り扱っていないマジコのサブウーファー

15インチや18インチのウーファーが対向して取り付けられ
18インチのQ-SUB18に至っては重量258kg!
しかも強固にマグネットが固定されています。
この箱を設計、組立てするだけでも気が遠くなりますね。

使われているユニットはAurasound の NS18-992-4A
だと思うんですが、HPの写真を見る限りではかなりMagicoの要望が入っており
もしくはMagico側が大幅にカスタマイズしているせいで
面影の残った別のユニットにしか見えません。

つまり何かって言いますと
新しく組んでいるスピーカーシステムは低音が弱いので
(YG acousticsのように)ウーファーユニットを増やしていきたいのですが
折角madisoundさんがセールしてくれたところで
ユニットだけなら安いとしても
箱の事を考えるとこのユニットは気軽には購入できず、
かといって無響振思想な本気のサブウーファーは
Magicoでなくともヤバイ値段と重量になるので
個人で輸入云々したくない。

仕方がないので所謂ミッドロー的な帯域まで伸ばすことにして
大口径と弩級の物量が必要なローエンドは忘れたことにしようかな、と。

アプローチは色々あると思いますが
まだ考えがまとまっておりません、
うだうだと悩んでおります、という日記でありました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. テナガザルさん

    ベリリウムが宝石から取れるとは知りませんでした。
    それにしてもベリリウムツィーターは他とは一線を画す音がしますね。

    サブウーファーですが以前より疑問に思っている事が

    産業用に使われるブラシレスDCサーボモーターの応答速度は250Hz程度(ごく一般的な物)
    サブウーファーの再生周波数を100Hz以下とすればブラシレスDCサーボモーターを使っても十分駆動出来るのでは

    コンピューター内臓で質量によって加速度を加減する位置決め制御なのでそれなりの質量の物を十分滑らかに動かせるのでは?

    耳の感度が極端に悪い部分でほとんど体で感じるだけなので分解能は余り必要無いと思います。

    誰かやった人はいないのかな?

    byhelicats at2017-12-16 14:56

  2. テナガザルさん

    私の体験上、ベリリウム振動板を使用したドライバーユニットは他のジュラルミンやチタン振動板と比べ音に輝きと艶がありとても生の音に近い音質であると思います。ジュラルミンは透明感に不足を感じ、チタンは少し音が暗い感じがしました。
    ベリリウムの毒性については知りませんでした。
    ツイーターは顔に近づくのでこれから気を付けます。

    byどんぐり at2017-12-16 16:16

  3. helicatsさん、こんばんは

    ベリリウムの音は自分も好きです。
    ダイヤモンドより気に入っているかもしれません。

    自分が勘違いしているかもしれませんが
    スピーカーのマグネットとボイスコイル部はリニアモーターであり、回転運動を行うモーターと同じではないでしょうか。
    サーボモーターとの違いは位置検出部ですが、
    http://www.geocities.jp/mutsu562000/root/theory/htm/hp3146.htm
    例えばこんな感じでウーファーに関してはMFBでの制御があります。
    つまりそれなりに実施されていると思います。

    こういう話ではなく、携帯のバイブレーターのようにモーターを振動させて音を出すという話でしょうか。これも出来ると思います、というかネットで検索するとモーターを繋いで音が聴こえる話も出てきますね。

    byテナガザル at2017-12-16 22:01

  4. どんぐりさん、こんばんは

    ベリリウムは他の素材と比べて生々しい音が出ていると思います。
    物性の違いは理解しますが、本当の理由はよくわかりません。

    そしてごめんなさい、チタンは高域にピークがあるせいか、自分には華やかでキラキラ脚色気味に聴こえました。
    多分聴いたツィーターが違うからでしょう。

    例えば鉛も毒性がありますが、少し前までみんな普通に家で取り扱っていたと思います。ハンダとかオモリだとかです。
    ベリリウムも加工中の粉塵を吸い込むと問題ですが、一般家庭でユニットを鳴らすだけなら部屋のベリリウム濃度が有意に高くなることは無いでしょう(あれば市販できない)
    知らずに過ごすのは破損時などに危険ですが、危ないと分かっていれば対応は出来ると思います。

    byテナガザル at2017-12-16 22:37

  5. テナガザルさん、こんばんは。
    Scan SpeakのベリリウムツィーターとRAALのリボンツィータとの比較でテナガザルさんがどんな感想を持たれたのかが気になります。
    あとマルチアンプの場合にベリリウムツィーターなら保護コンデンサを入れなくても良さそうですが、RAALのリボンツィーターだと保護コンデンサを入れたくなります。そのへんはどうなさってるのでしょうか?

    byassi at2017-12-17 00:48

  6. テナガザルさん

    確かにスピーカーはボイスコイル形リニアモーターですね。
    ただ自分の知る限りではMFBの検出はボイスコイルで位置でなく速度だったと思います。

    元の移動量が小さいので 都合の良い検出器は無いかも知れませんが位置が検出 出来ればと考えたしだいです。

    あと出せる力が桁違いなのでコーン紙に拘る必要も無いかもと・・・

    それとなんと云っても加減速が全て数値制御・・・数値制御をしながら250Hzに応答 これが利用出来れば動きが変わると思うのですが?

    どうなんでしょうね

    byhelicats at2017-12-17 01:11

  7. assiさん、おはようございます。

    自分が持っているのはD3004/604010です。
    僅かではありますが、比較するとより実体感を感じられたのがRAAL140-15Dでした。
    それにFeastrex nf-5の能率が94dBあるので
    付属スポンジで開口範囲を調整可能な能率95dB/m/2.83VのRAALだと、アッテネーターを使わずに能率を合わせられるメリットもあり総合的にRAALを選択しています。
    ScanSpeakを使う場合はユニット間を近づけられたり、曲面バッフルを採用するとメリットがあると思います。

    通常のリボンはどうしても線が細くスーパーツィーター的な使い方になってしまいますが、RAAL140-15Dはリボンとしては下の方まで破綻し辛く、普通のツィーターのように合わせることが出来ると思います。

    自分はツィーター保護のためにコンデンサを繋げていますが
    リペア用のリボンもリリースされておりますので
    焼き切れたら交換すればよいと割り切って直接アンプに繋げても良いと考えます。
    逆に高価なベリリウムツィーターを飛ばしても良いという攻めた設計はし辛いのではないでしょうか。

    byテナガザル at2017-12-17 11:47

  8. helicatsさん、こんばんは

    正しく音を出すためには目的の周波数で動くということと、目的の振幅を達成できないといけませんから、例えば16bitで良いとするなら65536段階の位置決めが出来つつ100Hz程度の往復動(回転運動)が出来る必要がありますよね。
    高精度サーボモーターで制御された高精度ステージとかはモーター一回転で数ミリくらいの振幅ですので、理論的には低音が出せるような気もします。
    フリーでモーターを回すだけなら回る気がしますが、
    現実には機械的な制限によりステージは入力波形通りには動かないでしょうし、すぐに壊れると思います。

    byテナガザル at2017-12-17 20:34

  9. テナガザルさん

    そうなんですよね。

    自分では財力も技術力も不足していて出来そうに有りませんが誰か挑戦する人(メーカー)がいても良さそうです。
    もし出来れば数値制御されたSPとか・・・夢のような話ですね。

    中には空気をイオン化して振動版なしで直接空気振動させる常識外れのSPが有ったりするのですから・・・此れ位の事は出来てもおかしく無いかもですね。

    byhelicats at2017-12-17 21:33

  10. ベリリウムツィータは高価ですが普通のドーム型なので直流抵抗は3.6Ωくらいあります。
    トランスを使ったリボン型は8Ωのユニットでも直流抵抗は1Ω以下のことが多いです。

    私も安価なFountekのリボンツィータ(直流抵抗0.02Ω)を保護コンデンサ無しで使ったことがありますが高価なリボンユニットだと保護コンデンサ無しにする勇気はありません。

    byassi at2017-12-17 22:06

  11. assiさん、こんにちは

    そうですね、自分もそんな勇気はありませんが
    そのうち誘惑に負けてコンデンサ外して使いそうでもあります。
    理性的でいられる間はそんなことしないとは思いますが。

    byテナガザル at2017-12-19 07:34

  12. 光陰さん、こんにちは

    残念ながらデバイダは固まっておりません。
    まだまだ前途多難でありますし、悩みしろが大きい部分です。
    今は音出し優先でFostexのEN15(+低ノイズ電源)に繋げています。
    ここでも名前のあがるminiDSPも気になっていますが、経路でA/D、D/Aが入るのが気になるので、DSPを利用するならnanoDIGIを用いたマルチDACにするかなぁと。

    byテナガザル at2017-12-19 08:17

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする