テナガザル
テナガザル
企業勤めの理系です。 でもあくまで趣味ですから結果オーライな考えやプラシーボも容認します。 現在の機器構成 スピーカー : 自作2way Feastrex nf-5 / RAAL 140…

マイルーム

好き勝手にやってる部屋
好き勝手にやってる部屋
最近feastrexのユニット載せたスピーカーを部屋にセットしてみました。 満足いくまで遊んでいけたらと思います。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

スピーカー製作 part4

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月11日

みなさまこんばんは。
あれからあっという間に月日が過ぎ
7年が経ちました。
自分は神奈川でしたのでそれほどの被害はありませんでしたが
それでも大騒ぎだったあの時の事は鮮明に思い出せます。

さて、延び延びになっていたスピーカー製作日記の続きです。
今回の日記は所謂ノウハウ的部分でもあり
メーカーが外に出さない(わざわざアピールしない)内部吸音材です。
何故こうしているのかとか、こうするともっと良いという意見はあると思いますが
取りあえず今はこれで安定しています。

金属キャビネットを採用しているYG AcousticsやMagicoは一応中身を公開していますが
最終製品の中身が分からないので吸音材がどうなっているのかは不明です。
完全にゼロなのか、何かが貼られていたり詰まっているのか…。

まあ他所を気にしても仕方ありません。
密閉箱なのですが剛性の高い金属箱なので
様子を見ながら吸音材を詰めていきます。



何を詰めるかというと、毛糸です。
化学繊維は構造がのっぺりしていておりますので
いかにも吸音してくれそうな動物性のウール100%を採用
ウールの理由は吸音材として優秀だからです。
キャビネットの後部両サイドに3玉づつふんわりと詰めます。
左右で12玉使いました。
白を選んでいるのは、変に染められていない方が良いかな、という程度の考え。


戸澤式レゾネーターを1個入れます。
これ地味に気に入っているんですよね。
中低音の処理と平行面を減らす仕事をしてもらいます。
今回はキッチンペーパーで作りました。

写真はありませんが、後部中央の隙間には
100均などで売っているメラミン樹脂(激落ちクン)を適度に細かくして
ランダムに落とします。
メラミン樹脂は吸音性能が高く吸音材として優秀です。
お掃除用品として安く買えるので自作派の人にはお勧め。
やり過ぎには注意です。


いきなり完成していますが、こちらが自作スピーカー専用の自作スタンド
底部とポールはステンレス、上部はアルミ製
重量ははっきり覚えていませんが約18kg
スピーカーの完成重量は約25kg
合計で43kg(片ch)でした。

このスタンドも若干拘っておりまして
5本のポールが音叉のように共鳴しないように、
直径の異なる3種類の丸棒を使用しています。
日本音響エンジニアリング(今は日東紡音響エンジニアリング)の
有名なアレのような効果を意識しています。
メーカーはこういう金属製スタンドをリリースしません。
理由は簡単で、「長さ700mmの丸棒」が簡単には作れないからです。
700.453mmだとか699.677mm、700.208mm
切断した丸棒の寸法はこんな感じになるわけで
発注側が付けた公差にもよりますが、上記は全て700mmで納品されます。
棚を作るならそれでもいいのですが
しかしながらスピーカースタンドの場合はこれでは困りますので
厳しい公差を付けて加工方法も指示する事になります。
当然加工費がかさみますのでメーカーは敬遠します。

それとこのスタンドはまさかの5点支持です。
4隅+中央にスパイクが存在します。
一度設置したら何度も動かすことは考えておりません。
重たいスタンドを持ち上げて中央のスパイクを目視できないスパイク受けに乗せる作業は正直2度とやりたくありません(笑)
重心位置の中央ポールとその直下のスパイクがこのスタンドの核であります。

スタンドについて言いたい事は山ほどありますが
写真は1枚しかありません(笑)



さて最後にRAAL140-15Dツィーターへのお手入れです。


中身を残して黒いフロントベゼルを取り外します。
因みにこんな事が出来るのも独立チャンバー方式で
ツィーター本体を箱の中に置いているからです。


「保護メッシュ」を取り除きます。
はい、頭悪いので皆さまは決してやらないように(笑)
何のためにあるのかと言えば保護のため、ですからね。
リボンツィーター周辺は強力な磁場が漏れていますから
鉄製品や小部品が簡単に吸い込まれます。
極薄のアルミ箔は一瞬で破損しますので、これを外すのは完全に自己責任です。
金属メッシュが気になって仕方ない、という人は頭のネジも外れています。


これはフロントベゼルを元に戻す作業中の写真。
流石に1ミスでツィーターが死ぬ状態で六角レンチを回せるほどの胆力はありません。
ボルトもレンチもあっという間に吸い込まれますからね。
作業中はラップで保護します。


RAAL140-15D周囲にはフェルトを配置して
リボン両端の音とバッフル面での反射音を減らすと共に
開口部を調整しながら音量の調整を行います。
Feastrex NF-5とは能率が近い(ほぼ同じ)なのでRAAL推奨の開口幅に収まります。

その上から板厚1.5mmのステンレス板を切り出した保護板を取り付けます。
この板には最終的にサランネットを取り付けます。
ええ、勿論気休めです。
しかし縦に1本保護されるだけでもだいぶ安心感が増しますね(笑)
カバーなので本気視聴の時は外せばOKです。


RAAL140-15Dツィーター付属のスポンジ(ディフューザー)を取り付けて完成です。
左右2個やらなくてはいけないのが本当にめんd・・・
とても楽しかったです。


ようやく製作記事が終わりました。

早速ですが、というか密閉なので当然ですが
低音が寂しいなと思います。
というかこれで低音が出るなら誰も苦労はしません(笑)
全体的に不満はありません。
想像していた通りの出来栄えであり、思っていた音です。

敢えて不満を言えといわれれば低域ドライバーを追加した
3wayにするかどうか悩むなあといったところ。
(しかしその低域を金属箱にするとお財布が死んでしまう)

問題なく音は出ています。
そしてここからが難関なのですけど、
2way以降のマルチで発生する微に入り細を穿つようなクロスオーバーネットワーク
この沼に足を入れなくてはいけません…。
というか今がまさにこの作業中です。

2018年のうちに完成すると嬉しいのですが、果たしてどうなりますか。

part1
part2
part3

---- 次回へ続く ----

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 初めまして、しゅんかんといいます。

    > 厳しい公差を付けて加工方法も指示する事になります。
    同時加工が可能かどうか聞いてみてはどうでしょうか。
    全数同時に加工すると長さが揃うとおもいます…
    同時加工が可能なら普通の公差で済みます。

    > いかにも吸音してくれそうな動物性のウール100%を採用
    私はスピーカーを使う事が無いので、スピーカーの自作について何もコメントできませんが、ヘッドホンの改造はやってしまいました。
    密閉式ヘッドホンのハウジング内の吸音に手を加えました。
    ハウジングの円周部で低音が反響していたので、円周部に吸音用に布を巡らせたのです。

    使ったのは… 使い捨てマスクを解体した不繊布です。
    使い捨てマスクも30枚400円くらいの激安品だったりします。
    身の回りの物って、いろいろと使える物ですね。

    byしゅんかん at2018-03-11 21:26

  2. テナガザルさん、こんばんは。

    全てが鉄のシステムからどんな音が出るのかとても興味があります。
    宜しければ試聴させて下さい!

    それにしても凄い。

    byCENYA at2018-03-11 22:59

  3. しゅんかんさん、こんばんは

    コメントありがとうございます。
    勿論業者さんとは相談してます!
    樹脂や木材なら色々出来るんですが金属加工って大変なんですよね。

    使い捨てマスクは良いアイディアですね。
    自分は綿(コットン)や毛(ウール)を使う事が多いです。
    …不要になった服を切って詰めたりとか…。

    自分はあまりヘッドホンを使わないのですが
    今後ともよろしくお願いします!

    byテナガザル at2018-03-12 19:33

  4. CENYAさんこんばんは

    そうですね、手前味噌ではありますが
    解像度と音の安定感は流石だと思います。
    割とやることやっているので、市販のSPにも負けていないかな、と。

    他の人のご意見も伺いたいとは思っているのですが
    まだまだ披露できるほど詰められておりませんので
    もう暫くお待ち下さい!

    byテナガザル at2018-03-12 19:55

  5. テナガザルさん、こんばんは。
    普通の自作スピーカー愛好家が、想像するだけで諦めてしまうような構造を、よくぞ形にしましたね。
    その情熱、素晴らしいと思います。私も是非聴いてみたいです。

    bytaket at2018-03-12 21:06

  6. 光陰さんこんばんは

    アドバイスありがとうございます!
    自分も急ぐつもりは無いのですが、
    というか既に始まっているわけですけど、
    きっと時間は掛かってしまうと思います。

    光陰さんはどんなネットワークを試されましたか?

    byテナガザル at2018-03-12 22:21

  7. taketさんおはようございます

    このスピーカーはかなり割り切っており、世に溢れる「サイズを超えた音」に辟易した結果こうなりました。
    音を出すのに一番大切なパラメーターはサイズであって、サイズを超えたら歪みだらけでダメだろうと(笑)

    まだ生後3ヶ月程度なので、これから存分に教育しなくてはいけません。
    素性が良いと感じるだけに教育費も先が思いやられます。

    byテナガザル at2018-03-13 09:43

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする