テナガザル
テナガザル
企業勤めの理系です。 でもあくまで趣味ですから結果オーライな考えやプラシーボも容認します。 現在の機器構成 スピーカー : 自作2way Feastrex nf-5 / RAAL 140…

マイルーム

好き勝手にやってる部屋
好き勝手にやってる部屋
最近feastrexのユニット載せたスピーカーを部屋にセットしてみました。 満足いくまで遊んでいけたらと思います。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

2018東京インターナショナルオーディオショウ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月02日

例年のごとく遅い感想です(笑)
しかも今年は諸事情によりゆっくり聴けておりませんので
写真メインで感想少なめ。

総評としては毎年言っているような気もしますが
若い子達が来場していましたね。
大学生か新社会人さんくらいの人達をぱらぱらと見かけましたので
一応来てくれる人はいるんだと(笑)

全体として音が大きすぎる会場が多かったようにも思います。
音量に配慮されているブースもあったので
今後はそういう所も評価されるのではないでしょうか。





1F
テクニクス
聴けてません…。

4F
エイアンドエム
例年通り

5F
ユキム

ELACはJETツィーター搭載モデルが復権
平面振動板とJETの同軸ユニットVX-JETとなった様子。
自分が聴いたのは従来のブラッシュアップである400ラインのVela FS407
昔のELACは見た目も音もキンキンと金属的だったのに対して
今ではだいぶ丸くなったなあという印象。

ヨシノトレーディング
LS3/5aのタンデム演奏だったでしょうか。
オーディオ好きならおすすめのブース
懐古趣味、といわれると否定は致しません。

アクシス

今年からでしたっけ、ウィルソンオーディオの取り扱いが無くなってしまいました。
代わりに新しく引っ張ってきたのはFYNE Audio
これまでアクシスさんが扱ってきた製品に比べると数段お安い価格となっています。
安くても音が良いと力説されておりました。
上級モデルはマグネシウム(合金)のコンプレッションドライバー
中級モデルは同軸ユニット
エントリーモデルは金属コーンの2wayでしょうか。


4F
ロッキーインターナショナル

フランスTriangleのエスプリが鳴っておりました。
こちらもQUADだけではと心配していましたので今後に期待。

ゼファン

何やら新しいカタチのスピーカーを鳴らしていました。
ユニット背面がむき出しになっていて曲げたパイプ(共鳴管)が繋がっています。
音が良かったかと言われると…どうでしょうかねぇ。

ステラ

Wilson Audioがこちらに移動しておりますね。
ステラさんは思った以上にイケイケなんでしょうか。
Vivid Audioの新モデルはナメクジっぽい外観でかわいらしいですが
音は聴けておりません(いつ見てもゼファンの講演だったので)

ラックスマン
Focalのスピーカーは非常に良いと思います。
流石に歴史あるというかスピーカー作りには長けていますね。
ソプラも「安い」と思います。

アキュフェーズ
あまり見れず

ナスペック
モニターオーディオのStudio
これはブックシェルフ、なのかな。
カタログにはプレミアム・コンパクトスピーカーと書いてあります。
定価で本体22万円、スタンド6万円とのことなので
今時の値付けとしては妥当な感じ。

タイムロード

TIASでも屈指のオシャレブース
これまではCHORD一本足打法的な雰囲気がありましたが
最近CHARIO、PATOSを追加してきました。
どちらもイタリアメーカーでオシャレな外観です。
CHORDのデモにはMAGICOのA3をレンタルして使用していましたね。
ここだけの話、B&W鳴らしていた時の方が好みだったかな。

アーク・ジョイア

相変わらずのフランコ・セルブリン
フランコ氏は故人でありますが、デザインスケッチの中から製品化した
LIGNEAが鳴っておりました。
敢えて言わせて頂くと、数多くのスケッチをした上で
フランコ氏はクテマ、アッコルドを世に出したわけですから
リネアは没案なわけです。
ただし実際に作ってはいないでしょうから没の理由は音ではないでしょう。
実物を見ると分かりますが、非常に贅沢な木材の使い方をしていますので
描いてはみたけど量産性でアッコルドを推した感じでしょうか。

ノア

ソナスファベールElecta Amator 3を参考出品
今出したら幾らになるのか良くわかりませんが
音は聴いてみたいところであります。

TAD

新型のスピーカーを出していましたね。
奥行きのあるトールボーイ型、これは売れるのではないでしょうか。
堂々とした鳴りっぷりだったように思います。


想像よりもオシャレだったという意味でフランコセルブリンのリネア
新基軸で頑張って欲しいという意味でアクシスのFYNEを応援させて頂きます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. テナガザルさん

      レポート お疲れ様でした。  そして ありがとうございました。

    海外モデルっていィですよね~  あの個性感が堪りません!  輸入オーディオの老舗が出展しなかったり、アッサリと扱い(輸入)を止めてしまったりと、輸入オーディオは色々な大人の事情が見え隠れで・・・ 

     今年のはYoutubeなどにも多く上がってるので、それを見ては行った気になっています(笑) まぁー雰囲気は味わえても、音が綺麗に録られていても、その空気感までは伝わらず、また、その質感はレンズを通したものとは違いますからね。

     楽しくレポートを読ませて頂きました。 (^_^)v 

    byアコスの住人 at2018-12-03 07:44

  2. こんにちは、テナガザルさん。

    レポート、ありがとうございます。
    先週末の九州ハイエンドフェアも見送ったので、こういう情報提供は、参考になります。

    しかし、こう見ていくと、オーディオの形自体は、余り進化していないな~とあらためて思います。
    そのなかでも異色なのが、セルブリンさんですが、こういう既存の形に囚われない新商品が沢山出てくると、この業界ももう少し活性化するんでしょうね。

    あと、全体的にそろそろ値段を下げる方向に業界が進んで貰えれば言うことなしです(なんでもかんでも、高くなってきているので、なかなか、難しいのでしょうが・・・)

    bykaku18 at2018-12-04 17:26

  3. アコスさんこんばんは

    海外モデルいいですよね(笑)
    輸入に関しては大人の事情が色濃く出るのもまた一興です。

    自分はあまり見ませんが、最近はYoutubeなどにもアップされているようで、より身近に?楽しめるようになっていると思います。
    実際会場では気合いの入ったカメラやビデオカメラを回されている方も散見されますしね。
    今後のオーディオショーのカタチがどうなっていくのか
    不安ですが楽しみでもあります。

    byテナガザル at2018-12-07 22:39

  4. kaku18さんこんばんは

    オーディオ自体はあまり進化?変化?はしていませんね。
    奇抜な外観であればずっと昔からありましたし
    基本的な構成は何も変わっていませんしね。
    せいぜい上流側でハイレゾが出てきて音源とD/Aコンバーターの規格が変わったくらいでしょうか。

    フランコ・セルブリン氏は自分も好きであります。
    いかにもオーディオ的な佇まいと出てくる音に癒されます。

    値段については…値段については…上がることはあっても
    下がっていくことは難しいように思う今日この頃です!(残念)

    byテナガザル at2018-12-07 22:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする