テナガザル
テナガザル
企業勤めの理系です。 でもあくまで趣味ですから結果オーライな考えやプラシーボも容認します。 現在の機器構成 スピーカー : 自作2way Feastrex nf-5 / RAAL 140…

マイルーム

好き勝手にやってる部屋
好き勝手にやってる部屋
最近feastrexのユニット載せたスピーカーを部屋にセットしてみました。 満足いくまで遊んでいけたらと思います。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

日記

ホーンスピーカーってどうなんでしょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月28日

みなさまごきげんよう。
コロナのせいで奇しくも音楽を聴く時間が増えた今日この頃です。
とはいえ外に出られないのは結構きついですね。

さて、今回は自分が不思議に?思っていることとを書き連ねます。
つまりはホーンスピーカーなんですが
世の中ではあれが良いとされ、
中にはオールホーンを組み上げてしまうお大尽も存在します。
なんですが、ホーンってそんなに良い音でしょうか?(暴言)

確かにエールやゴトーは有名ですし(自分は聴いたことがありませんが)
重量級のドライバーは見るからに高音質な音が出そうに思います。
エールやゴトーなら良い音なのかな、とも思いますが
世のそれ以外の?ホーン型で凄い高音質だと思った経験が
正直なところあまりないんですよね。

で、その理由はこれまで「ホーン」がいけないんだと思ってました。
理論通りのホーンが作れない(形状やホーン自体の鳴き)
ということに加えて
仮に理想のホーンがあっても音圧を上げる、拡大するという行為が
特定の帯域にしか効かない上に
拡大することにより歪の増大を招き音に色がついてしまうのだと。

なので折角コンプレッションドライバーの音は良いのに
きっとホーンで劣化しているんだろうな、と感じてきました。

https://www.saya-audio.com/horn-hd2.html

で、このあいだふと株式会社サヤ(ブランド名PURE SPEED)さんの
HPを眺めていた時にホーンのことが書いてあって
いやいやコンプレッションドライバー自体で
歪が増えるって記述があるんですよ。

【下記引用】

最終的な歪は、コーンやドームより多く、特に2次歪が多い

結論から言うと、これらの歪の正体は、空気の粘性抵抗の非線形によるものです。まずダイアフラムとフェーズプラグの間隙は1mmにも満たない、大変小さな空気室で、音圧は140~150dBに達します。一般に大気中の音圧と線形性は大きく3つの段階に分けられます。直線性を保てる音圧は120dBまでで、170dBを超えるともはや空気は流体の特性を示します。そしてコンプレッションドライバ内部では、120-170dBの非線形な伝搬領域が使われています。120dBを超えると急激に歪が増えるわけではないのですが、140-150dBの音圧にもなると大きな歪が発生し、音質を悪化させます。


なるほど?
コンプレッションドライバーは非常に強く圧縮しますので
ハウジング内部では140dBを超えていると
そして120dB以上の領域では空気の非線形性が無視できない
結果大きく歪むことになる、んだとか。

んー、そうなんですかね。
そう言われるとそうなのかもしれません。
するとコンプレッションドライバーの原理的な問題なので
解決するのは難しそうです。

ホーン型はホーンだけじゃなくてドライバー側も
思っているほど理想的では無い、ということなんでしょうか。

自分はホーンが好きなわけではないのですが
とはいえホーンへの憧れがないわけではないです。
コンプレッションドライバーが否定されると
なんとなくちょっと困ります(笑)

それにこの話ってイオンツィーター(プラズマツィーター)でも
同じなんですよね。
確か非常に小さい領域で音が出ることと
空気のPushとPullが非線形なので出力波形は歪むとのこと。
しかも大抵ホーンが付いてる…。

でもですよ、ツィーターに限ると
イオンツィーターってすごく良い音がするんですよ。
測定すると歪んでるといわれたところで、えー?って感じ。
これはツィーターだから気にならないだけなんですかね。
それか二次高調波はむしろ良く聞こえるみたいな、
よくあるオーディオあるあるなんですかね。

何が言いたいのかはわからなくなってきましたが
それでも好きな人は多いですし
いつかはオールホーンとまで言われますし、
ホーン型スピーカーってロマンありますよね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. テナガザルさん、こんばんは。

    テナガザルさんが自作された(している)総アルミ製の2WAYスピーカーにホーンを乗せる話かと期待て読みました!
    違ったわ。。。
    未発表の自作スピーカーの事を覚えている人は一体何人いるのでしょうか?笑
    そろそろベールを脱ぎましょうね!

    byCENYA at2020-06-28 19:30

  2. こんばんは

    文系素人の勝手なイメージですが、シングルにホーン一発は一つの世界を感じるのですが、他の単体ユニットが組み合わさると一気に勝手が変わってしまうイメージがあります。

    byにら at2020-06-28 20:07

  3. CENYAさんこんばんは

    総アルミなのは外板だけで、
    中身にはステンレスも結構入ってます(笑)
    リボンツィーターにホーンツィーターは不要と思いますので乗るとしたら低音ホーンですが、ウサギ小屋では不可能でございます!

    一般ウケしないクセの強い自作スピーカーなんて
    本人の自己満ですから
    ベールに包まれたままでも良いと思いますが(笑)

    byテナガザル at2020-06-28 21:16

  4. にらさんこんばんは

    ホーン一発って、蓄音機の世界ですね。
    確かにあれはあれで完結してると思います。
    そして低音がコーンになっちゃうと
    世界観変わっちゃいますよね。
    かといって低音ホーンは家が、、、(笑)

    byテナガザル at2020-06-28 21:22

  5. こんばんは。

    A7で聴き始めて30年以上になりますが未だに飽きませんねー。

    歪や共振色々ありますが逆にこれが個性だと割り切ってます(笑)

    byVOTTA7 at2020-06-28 22:13

  6. こんばんは

    高校生の時YLの大型ホーンシステムを聴いてから虜になったものです。
    一時期スタックスの「イヤースピーカー」というコンデンサーヘッドホンで過ごしていた時期があり、ますます紙くさい音というものが嫌になりまして今はマグネシウム振動板のドームツイーター×2で1.8KHz以上を出し、1.8Kから350HzまでをJBL2440+エール音響のホーン(カットオフ150Hz)で、低音はJBL2215B×2をマルチアンプドライブしています。何が違うかというとヴォーカルとピアノの音なのです。
    WEの555フルレンジホーンや映画館用に作られた音のホーンとは別の世界もありますので、是非自分の耳で各地のホーンでお確かめになられたら如何でしょうか?
    思い出しました。大阪の枚方市?までオールホーンを聴きに行ったこともありました。

    byトム at2020-06-29 01:15

  7. VOTTA7さんおはようございます

    アルテックいいですね。
    そうなんですよ、個性的な音がしますよね。
    勿論同じことはコーンスピーカーにも言えて
    どのスピーカーも「個性的」に聴こえるわけですが。
    それとホーンは見た目のインパクトが凄いですから
    そっちに意識が引っ張られるのかもしれません(笑)

    byテナガザル at2020-06-29 08:09

  8. トムさんおはようございます

    いや素晴らしいシステムを組んでおられると思います。
    これぞザ・オーディオの世界ですよね。

    STAXは有名なので知っておりますよ
    マイナーではあるので一般の人には説明が必要かもですが(笑)

    紙臭いのは理解します。
    Fostexのフルレンジとかは良くも悪くも紙だなと。
    結局素材の音からは逃れられないので
    どのスピーカーからも特色ある音が出てくるのですが
    じゃあと言ってホーンもホーン臭がするな、と…。
    ホーンはトランジェント(過渡特性)が良さそうな音しますよね。
    張りがあるというか速いというか。

    各地のホーン行脚は魅力的なのですが
    そこで運命のホーン?に出会ってしまったら
    ちょっと困りますね(笑)

    byテナガザル at2020-06-29 08:24

  9. こんにちは

    2009年からDSPによるマルチしてます、ホ-ンは340hzから上で下
    はコーン型ウーファーです。DSPによる細かいクロス、タイムアライメント設定なしには今の音はなかったでしょうね。各ユニットの美味しいとこどりのなんの変哲もない普通の出音ですけど。最近はPC用の同軸2wayパワードのJBL104-Y3に騙されまくっています。

    byぺぶるす at2020-06-29 10:57

  10. ぺぶるすさんおはようございます

    DSPマルチは憧れます!羨ましいです。
    正直自分もやってみたいのですが、DACから2式3式揃えるとなると、ちょっとハードル高いよなあと思うのと
    音量調整どうしよう、デジタルボリュームは小音量時にビット落ちするし、多連のアナログボリュームは持ってないし高いし、抵抗切り替え式は面倒だし、てな感じで足踏みしております。
    今のシステムがある日全部壊れたら次はDSPマルチを組むと思います(笑)

    JBL104-Y3は初めて知りました。
    こんなのが発売されているんですね、小さくてかわいらしいけど
    なかなか良い音がするのでしょうか?ちょっと気になりますね!

    byテナガザル at2020-06-30 07:50

  11. テナガザルさん

    ホーン型への憧れみたいな気持ち…ありますよね。けれども経験を積むほどに疑念みたいなものがモヤモヤと…これにも、思わずウンウンとうなずいてしまいました(笑)。

    学生時代、初めてマイシステムを買ったときは、テクニクスの2wayブックシェルフでしたが、ツィターはマルチセルラホーンタイプを選びました。そうでないとカチっとしたピアノの音が出ないと青二才なのにうそぶいていました。

    でも、その頃からドーム型が開発され市場に投入されて、以後はずっとドーム型一辺倒になってしまいました。一時はA7に憧れ何とか…と思ったこともないではないのですが、お茶の間オーディオには小型スピーカーのソフトドームが良いようで、ホーン型はいろいろ不都合があってミスマッチです。(どう不都合かは説明が面倒なので略)

    ホーン型システムでよい音を聴いたことがない…というのは、半分同意ですが、なかにはスゴイ!と思ったものがいくつかあります。

    WE555などWEスピーカーを真空管の古典アンプで鳴らした音は、システムの大小を問わず独特の素晴らしさがあると感激しました。金田アンプの試聴会は、ゴトーやJBLのホーン型がメインですが、これにも何度も感動させられました。こんな音が出るのかと驚嘆し、シェラザードのクライマックスのエンディングで、これが鳴り終わったら拍手をしようと手を合わせたとたんにドライバーがすっ飛んだということも(爆)。

    byベルウッド at2020-06-30 14:17

  12. こんばんは。

    DSPの追レスです、現在使用しているのはハーマン・プロフェッショナルが提供しているPC用ソフトAudio ArchitectとBLU160(購入時にアナログ、デジタルの入出力カードを用途に応じて選択します)で各ソースのターミナルとしてミキサーを入れています。ボリュームはPCとミキサー両方でコントロール出来ます。DSP導入と共にパワーアンプも全てD級になり今に至っています。最近のD級パワーは大体DSP内蔵していますのでクロスオーバー、イコライザー、ディレイ、リミッターなどの処理もソフトなしで本体だけで出来るようです。DSPマルチも近道があるようですね。

    byぺぶるす at2020-06-30 18:39

  13. ベルウッドさん、こんばんは

    いやはや流石にマニアの巣窟だけあって
    ホーンの話は伸びますね(笑)

    ご理解頂けると幸いです。
    ホーンがダメ!というよりは
    素直にホーンこそ究極!と言って貰えると
    こちらとしても楽なのですが
    ホーンですら完全ではないというか
    条件次第で悪い音が平気で出てくるので
    素直に憧れを抱けない感じです(笑)

    (高音の)ドーム型は現在の主流になっていますから
    少なくともコスパの面ではベストなんでしょうね

    ホーン独特の世界は認めますし、
    あれこそがオーディオ、というのも分かります。
    少し逆説的ではありますが
    ホーンこそがベスト!と疑いようのない世界だったら
    若しくはそんな時代に生きていたら
    どれほど楽だったろうと思います。
    あ、あくまでホームオーディオ、の話ですよ?(笑)

    byテナガザル at2020-06-30 18:51

  14. ぺぶるすさん、こんばんは

    詳細ありがとうございます!
    自分はDSP界隈に詳しくないもので
    ご説明頂き助かります。
    最近のD級ってDSP付いてるんですねー。
    世の中便利になっているものです。

    byテナガザル at2020-06-30 20:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする