Mt.T2
Mt.T2
Mt.T2("やまてつ"と読みます)です。 H21.07に単身赴任先の川崎から大阪の自宅に戻り、現在、狭いマンションのリビングでA&Vを楽しんでいます。 若かりし頃、ステレオに没頭していましたが、…

マイルーム

リビング実験工房
リビング実験工房
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / ~7.1ch
リビング実験工房ゆえ、現在も、小変更は、毎週のごとく・・・ 【H23.05から-ほぼ現状の新生リビング実験工房】 機器構成  フロントスピーカー:PIONEER S-1EX  センター…
所有製品
  • DLPプロジェクター
    MITSUBISHI(三菱電機) LVP-HC7800
  • スクリーン
    OS SCREEN E1シリーズ
  • その他オーディオ関連機器
    ESOTERIC G-25U
  • SACD/DVDオーディオプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC UX-1Pi
  • Blu-ray Discレコーダー
    SONY BDZ-X90

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Ray氏邸訪問(4)素晴しい響を測れるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年05月19日

Rayさんちの素晴らしい響の実現のために、この家を建てられるときに如何に情熱を持って取り組まれたか・・・・そのポイントについて、かつどんさんから、昨日の日記にコメントをいただき、なるほどと・・・・そうなんですね、ピアノを演奏される奥様と共に造り上げられたお部屋なんですね!

そんな素晴らしい響のお部屋に対し、何と!(^^;

ナンチャッテ測定をやっちゃいましたよ!・・・・しかも、データ公開もすぐさま快諾いただいて・・・・(^^;

そんなお話に、興味のある方は、ご覧下さい。


【297】090503 Ray氏邸訪問(4)素晴しい響を測れるか?


いや~!嬉しいですねぇ!(^^;

ナンチャッテ測定でも、聴感を助けてくれるような結果が得られる\(^^)/

もちろん、データで見えるのは、ほんの一面でしかないでしょうが、自分の耳に自身のないσ(^^)のようなものには、実際に聞いた印象が、とんでもないことなのかどうか?ってことを、データを見ることで確認できて、とても安心なわけです。(^^;

その意味で、lin lin邸とRay邸という、方向性の全く違う、性格が明確なお部屋を最初に体験出来たのは、とても貴重な経験になっていると思います。
体験数が増やせれば、更に新たな見方、感じ方も出来そうなんで、今後も出来るだけ続けて行きたいですね(^^;・・・・果たして助けてもらえるかしら?・・・・皆さんよろしくお願いしますm(_ _)m

さて、何か一段落したコメントになっちゃいましたが、訪問のお話は、まだ続きます。

明日は・・・・ははは、まだイメージできてません(^^;

いつものごとく、余り期待せずに、お楽しみに!

デハ(^^)/

おまけはありませんが、報告を・・・お陰様でスーツは見つかり、昨晩、何とか取りに行ってきました(^^;・・・・お騒がせしましたm(_ _)m

H21.05.20 20:50 追加
コメントで、lin linさんから依頼があり、Rayさんのお宅とlin linさんのお宅の
「エネルギー時間応答10msec」をアップします。

【Rayさんちのエネルギー時間応答10msec】


【lin linさんちのエネルギー時間応答10msec】

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Mt.T2さん

    My Speakerの測定データはたいへん素晴らしいと思います。
    以下ちょっと具体的にコメントします。

    >【ピンクノイズ:周波数特性】

    周波数特性は、
    石井さんが推奨しているよい音特性を紹介すると、
    (1)良い音特性
    1KHz 0dB(基準レベル)
    とすると
    20Hz 0dB
    40Hz 6dB
    50Hz 6dB
    63Hz 6dB
    100Hz 4dB
    200Hz 2.5dB
    500Hz 1dB
    1KHz 0dB
    2KHz -1dB
    4KHz -3dB
    10KHz -6dB
    20KHz -9dB

    というカーブを推奨しています。

    センター(平均値)をプロットするとだいたいそのカーブにのっているのではないでしょうか?

    >【インパルス:エネルギー時間応答】

    >感覚的には、秒単位の残響があるホールとは別物ですが、普通の部屋としては非常に長く、その心地よい響きの理由も分かるような気がします(^^;
    >
    >単に、残響がきつく、ワンワンうなるようでは困りますが、直接音の明瞭度を損なうことなく、非常に気持ち良い響がつきます(^^;

    心地よい響きは、ホール感であったりライブハウスの臨場感であったり・・・
    音の明瞭度を損なうことなく減衰していくことだと思います。
    音の明瞭度という因子もあったような・・・
    ここらあたりが、測定データとして浮かびあがれば新次元を開拓できるデータに昇格できると思いますよ。(笑)

    >【BPパルス:室内残響特性】

    >全体に、ざっくり0.3~0.4secで、100Hz~200Hzが、0.6sec、>800Hz~1.6KHzが0.5secと長い・・・・ホールの感じに近い印象を>得るのは、100Hzと1KHzあたりが効いているのかなあ?

    残響時間特性については、
    加銅鉄平さんの「リスニングルームの設計」などを参考にされると、詳しく書かれています。

    私の印象では、残響時間(RT60) 0.48secという通常の部屋よりもやや長めの残響時間にRay邸の特徴があるとみます。

    >【インパルス:累積スペクトラム】

    > いやあ~!これは凄い!
    >これは良く分かりますねぇ!頭で思う印象と、グラフが一致してます!
    >室内残響特性と同じように、どの周波数も一様に残響が長いですね!
    >一部山脈が続いている所もありますが、ざっくり見て、100Hz以上の残響が、ほとんど100msec辺りまで伸びている感じですね・・・・
    >やはり、データーで見ても、その残響の美しさが感じ取れと思うんですが、どうでしょうか?

    この累積スペクトラムがいろいろな音色(周波数軸)と響き(時間軸)を現しているように感じています。(笑)

    典型的なデッドの測定データとの比較、あるいは補助線を一本入れるとかの工夫をするともっとインパクトがありそうな感じもしていますが、
    いずれにせよ、この測定データがRayさん宅の美しい響きの一つであることは間違いないと推察しています。

    いつもいつもたいへんエネルギッシュな情報発信能力に感服しております。

    byかつどん at2009-05-19 10:02

  2. かつどんさん、おはようございます。

    早々に、詳細なコメント、補足説明をいただき、大変ありがとうございます。

    σ(^^)がお手軽にやっているナンチャッテ測定であっても、かつどんさんからこのようにコメントを頂くと、データーの持つ本来の意味に更なる安心感が得られました。
    ありがとうございます。

    何となくではありますが、単純な印象のレベルでは、ナンチャッテ測定でも、その確認のためのデータとして充分な感触が持てた気がします。

    今後のσ(^^)の課題は、人間の感覚ならではの部分と、データに相関が見出せるかと言う部分だと感じているんですが、その前には、非常に大きな障害が・・・・(^^;

    グラフは似ているのに、印象が全く違うのは何故だ?とか・・・
    こういう印象を受けるのは、データーのどの部分が特徴的なの?とか・・・・

    でも、それ以前の問題があって・・・σ(^^)の感覚自体が、まだまだ未熟だと言うことと、その表現がいい加減だということ・・・・おいおい!(^^;
    使いたくてもσ(^^)には分からないので使えないとか、分からないくせに気に入って使っちゃってる表現・・・・おーい!またスペシャルカミングアウトか?(^^;

     「音楽性が豊な再生ですね・・・」「音楽が躍動的に聞こえる」
     「低音が沈み込む」「重い低音」「立ち上がりが早い」
     「エッジの切れが素晴らしい」・・・・・

    こんなのが、少しでもデーターから拾えるとσ(^^)のような駄耳おやじにはありがたいんだけどな~って感じてるわけです!?

    どこかに、この辺をご教授してくださる方は・・・・えっ?その前に自分で書いてるように、まずはもっと、音楽に対する感性を磨きなさい!!って(^^;・・・・仰る通りm(_ _)m・・・・でもこれは一朝一夕では無理ですもんね・・・・でも、両方頑張らないと!(^^;

    byMt.T2 at2009-05-19 10:48

  3. Mt.T2さん 今晩ワ

    詳細な音響測定結果のアップ有難うございます。
    といっても小生はヤマテツさん以上にチンプンカンカンで何のコメントも出来ませんが、かつどんさんのレスをみて成る程と思いながらみています。

    今回の設計に於いては全くこのような詳しい事は解らずに、こうすれば良いのかなとおぼろげながら思い作って頂いたのですが、この様な結果が出て安心しています。

    機器群に関しては、送り出し機器をCDT,DAT,SACD,DVD,DVD recorder,光ファイバーtuner,アナログ2系統を3種のプリで選択し、Powerも3系統あり、映像に関してはセレクターで3系統を選ばなければならないので、おっしゃる様に

    >いや、機器構成が理解できてなくて・・・・スミマセン(^^;

    では無く、当の本人も時々コレを再生するのにどうだったかなと迷う状況です。
    余り複雑にするのも考えものですね。

    >ちなみに、リスニングポイントから、送出し機器側を見るとこんな感じ

    ですが、加えるとSP間は、芯芯で3.06mで試聴ポイント前90cmの所で正三角形の頂点がくる様にしています。そしてこの正三角形を約6度振っています。
    つまりSPの振り角は60度でやや強めの振りかなと思っていますが、センター定位が一番取れ、奥行き感も感じられ、音場も適正な広がりがあるのではないかと思っています。

    あくまでも感覚的な物で調整した結果ですので、これで良いのかどうかは全く解っていません。
    本人が気に入っておれば良いのじゃないかと。

    byRay at2009-05-19 21:30

  4. Rayさん、こんばんわ。

    イメージした音響のお部屋が、イメージどおりにできたと言うのは、そのイメージを生み出す経験や理解などのバックボーンが正しかったと言うことなんじゃないでしょうか・・・・σ(^^)は、理屈は二の次でも、そんな感覚が身に付けられれば嬉しいですね。

    機器構成は、どれか1系統は、ほとんど手間なく再生できるようにしてあげないと・・・・奥様が・・・(^^;

    特に書かなかったんですが、あのサイズであの形状のSPで、奥行を伴う定位と、あれだけの音場を再現するのは、大変ご苦労されたんじゃないかと思います。セッティングについて、このように書いていただいて、初めて気がつきました(^^;・・・・聞かせていただいたときに、何も違和感を感じないほど、自然な印象だったので、意識しなかったようです(^^;

    感覚的な調整・・・・素晴らしいと思いますし、羨ましく、憬れます。・・・・残念ながら今のσ(^^)には、まだ、そのような感性や感覚が乏しく、調整に自信がないことから、その手がかり、手助けとして測定結果が活かせないかと模索しているような次第です(^^;

    byMt.T2 at2009-05-19 22:01

  5. 私もデータから聴感を予測することが出来ないのですが、想像する範囲では今まで見た中で一番良いものだと思いました。

    周波数特性は、良く言うピラミッドバランスなのではないかと思いました。低域にしっかりと支えられた安定した音とでも言うのでしょうか。

    残響時間の0.48Sは、Ray邸のような広い部屋では丁度良い感じなのではないでしょうか。音速が340m/sとして0.48Sなので、1/1000の音圧になるまでに340×0.48=163m進むことになりますね。床壁天井からの反射によりリスナーを通過するまでの平均距離を10mとすると163÷10=16.3回通過する勘定ですね。狭い部屋で平均距離が5mとなれば16.3×2=32.6回通過することになる。だから、狭い部屋で残響時間が長いとワンワンとしてしまうのですね。トイレや風呂場でワンワンしてしまうのはこのためではないでしょうか。

    累積スペクトラムも素晴らしいですね。普通は、低域のエネルギーだけが残り、高域はすぐに減衰してしまうようですが、かなり高域まで伸びていますね。テツのグラフでは30dB落ちのところでカットしているようなので時間的にはそう長くありませんが、200Hzから10KHzあたりまで一様になだらかに減衰するのは素晴らしいと思います。音楽の中心帯域が一様な余韻を感じられるということですよね。

    この特性と聴感の関係は、多くのお宅での測定結果と聴感を照合しながら、感覚を養うしかないみたいです。私も非常に興味があるので今後もよろしくお願いします。

    byヒジヤン at2009-05-19 22:58

  6. ヒジヤンこんばんは。
    うたたってしまいました・・・・(^^;

    ほらね!Rayさんのお宅の音が想像できるでしょう?
    当然、その音は、自分の経験の延長線の範囲でしかありませんが、単に感想文を読んでいいるよりは、有効な想像になりそうな気がします。例え、実際に体験した時に、想像と違うでしょうが、その補正ができれば、その後の隔たりを減らせる・・・・

    とは言え、この情報でイメージできるのは、音の傾向程度でしょう。音質や音色のヒントが得られると良いんですけどね(^^;

    byMt.T2 at2009-05-20 03:22

  7. 出遅れました

    インパルス:エネルギー時間応答を見ると、良い響きが出ているように感じます
    滑らかに減衰しているので、ヒジヤンさんが言うようにワンワン言う感じにはならないですね

    10mSまでのパルスの量が多いですね(一次反射がたくさん聞こえていそう)
    直方体ですと1本のスピーカーからは、6つの一次反射しかないので

    うちの特性は、急激な減衰と若干のうねりが見えます(80mSほどで暗騒音レベル)
    反射の違いが一目瞭然ですね
    このうねりが、前後左右上下の比率と反射率に関係しているのかもしれません

    両家の目標が、これほど違うと面白いです
    ヤマテツさんしか体験していない! 私も押しかけたくなっちゃいました!

    ヤマテツさんにお願いしちゃいます!
    Rayさんとうちの、エネルギー時間応答10mS程度に引き延ばした特性アップしてください


    近々ヤマテツさんが来た時に体験してもらいますが、チョット反射面を増やしちゃいました
    前に音が出てくるように、左右に音が広がるようにと変更です
    デット アンド ライブ 後壁周辺に8平米ほどの反射面(ここでもReyさんと反対)(後方に鏡像)
    右スピーカーの一次反射点(右壁)、左スピーカーの一次反射点(左壁)に、タワースリムを反射するように設置(左右に鏡像)
    左右壁に、ソフトラック設置(これは、単に置き場所確保)

    それでは

    bylin lin at2009-05-20 17:38

  8. エネルギー時間応答10msecのグラフを
    Rayさんちと、lin linさんちのをアップしました。

    なんか違いますね・・・ぴょこぴょこ後ろまで棘のあるRayさんちと、最初の3個ほど以降、棘の無いlinlinさんち・・・

    この辺が響きの要素なんですかね?

    週末、楽しみです(^^;

    byMt.T2 at2009-05-20 20:51

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする