よんまる
よんまる
 自作PCでPCオーディオを楽しんでいます。  ハンドルネームはかつて憧れのMPUであったMC68040にちなんでいます。  多数の情報を集積し、最高の音を目指します。  私の駄文をつらねた…

マイルーム

マイオーディオルーム
マイオーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 5.5畳しかないごく普通の部屋です。  狭いので全景を撮るのが大変です。  近年の住宅であればごく普通の装備ですが、窓はペアガラス、壁にはグラスウールが入っているので、音漏れはわりと少なめで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

日記

システム紹介7 Yoshii9のインシュレーターその5 FRC

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年06月19日

 前回までに書いたYoshii9のインシュレーターは上から

 オーディオリプラスの石英ガラスインシュレーター OPT-30HG-PL HR/3P
 厚さ0.2mm 硬度20 のシリコン・ゴムシート
 TAOCのスパイクプレート PTS-A
 ゼトロ制振シート(アクリル板の上面に貼る)
 厚さ2cmのアクリル板
 御影石(花崗岩)の板

という構成でした。

OPT-30HG-PLにより高音が改善され、
PTS-Aにより中音が改善され、
花崗岩により、低音が改善されているようです。また、花崗岩の表面で反射する音についてはアクリル板とゼトロ吸音シートが対策となっています。

 これらはブログ「Yoshii9を最高の音で聴こう!」のおすすめどおりあり、いずれも私においても効果が認められました。

 ブログ「Yoshii9を最高の音で聴こう!」によればさらに振動対策としてアクリル板と花崗岩の間に、

・アコースティックリバイブのスパイクカップリングインシュレーター DBP-3

を設置することを薦めています。


 たしかに、床からやってくる振動や、スピーカーユニットから伝わってくる振動(もともと少ないですが)についてはインシュレーター群により対策されているものの、アクリル板は円筒の下から漏れてくる音によって振動しているのが感じられます。ですので、ブックシェルフ型スピーカーの底面と同じように何らかのインシュレーターを置いて対策したほうが良いように思われました。

 アコリバDBP-3を入手しようと思ったときにはすでに生産されておらず、アコースティックリバイブのホームページにもなく、販売店の在庫も無いようでした。このDBP-3についてどのような製品だったのか調べてみると、アルミ製のインシュレーターと真鍮製上向きスパイクの組み合わせから成る製品だったようでした。
http://www.phileweb.com/ec/index.php?p=4361


 そこで、DBP-3の代替とするべく、材質の異なる金属でできたスパイクとスパイクプレートのセットで、かつ工作精度が高そうなものということで選んだのがこちらの製品です。

http://www.kk-frc.co.jp/audio_parts.html

 こちらに出ているインシュレーターはステンレス製スパイクと真鍮製スパイクプレートの組み合わせから成る製品です。この会社は精密金属機械部品の加工を行っている会社ということで工作精度が期待されますので、こちらを購入しました。

 Yoshii9の脚部に置いている花崗岩とアクリル板の間に挟んで設置します。



 商品の実物を見てみると、スパイクが鋭く、スパイクプレートともしっかり形状が合っており、点接触に近い形になっているようです。使ってみた結果、音がスッキリし、余計な付帯音の減少が感じられました。

 多くの製品を試したわけではないので、この製品がDBP-3の代替として、最良かどうかは不明ですが、確かに効果があり、Yoshii9脚部における花崗岩とアクリル板の間の防振や他のブックシェルフ型スピーカーのインシュレーターとして有力候補となる製品だと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする