よんまる
よんまる
 自作PCでPCオーディオを楽しんでいます。  ハンドルネームはかつて憧れのMPUであったMC68040にちなんでいます。  多数の情報を集積し、最高の音を目指します。  私の駄文をつらねた…

マイルーム

マイオーディオルーム
マイオーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 5.5畳しかないごく普通の部屋です。  狭いので全景を撮るのが大変です。  近年の住宅であればごく普通の装備ですが、窓はペアガラス、壁にはグラスウールが入っているので、音漏れはわりと少なめで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

お気に入り製品

日記

システム紹介9 アンプYA1

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年02月19日




 前回まで記事で書いたとおり、私のメインの使用スピーカーはYoshii9のスピーカー部を使用し続けることを、現在のところ妥当としています。
 長らく中断しておりましたシステム紹介として、次はアンプです。
 Yoshii9はスピーカー2本とスピーカーケーブル、ステレオアンプがセットで販売されています。私の使用アンプとしては標準で付いているYA-1をそのまま使用しています。Yoshii9について評価したブログ等をかなり取り上げましたが、大半は付属するYA-1を使用して試聴した結果であり、Yoshii9の高評価はYA-1を含んだものと考えられます。ですのでYA-1についても相当優秀なものと考えて良さそうに思います。
 なお、タイムドメインの現社長である由井さんはOnkyoでスピーカーGS-1をアンプからの出力波形とスピーカーから出力される音波の波形がほとんど一致する製品として開発しましたが、GS-1を製作してみると、当時存在していたアンプによいものがないことが明らかとなり、そこでGS-1を鳴らせるアンプとして、このYA-1を開発し、Yoshii9の付属アンプにもしたとのことです。

 以上のことからは、Yoshii9を使用する際には付属のYA1をそのまま使うことが最も良さそうには思えます。
Yoshii9のアンプを別の製品に置き換えてみたという記述としては、「Yoshii9を最高の音で聴こう!」においては次の記事に

寿司 と 焼売 サン=サーンス/ヴァイオリン協奏曲 第3番

>(ちなみに
>  Yoshii9 と色々なアンプの組み合わせを私も可能な限り試してはみましたが
>  Yoshii9 には結局、Yoshii9 専用のエンジン(アンプ)YA1が最良であり)
との記述があります。残念ながらここには試した具体的な製品名が書かれていませんが、長年オーディオマニアを続け、マンションくらいは簡単に買えるくらいの金額を投入し、かつ探究心旺盛な小提琴奏者氏ですから、高級品を含め、かなりの数の製品を試したのだろうと思われます。唯一製品名が書かれているものとしてこちらのエントリーがありhttp://shyouteikin.seesaa.net/article/263261442.htmlここにはラステームのRSDA302Uを試してみて、
>主観的に、音が濃く賑やかに聞こえることがあるとしても
>客観的に、特にその音の音場感において不自然さが顕著であるため
>詳細かつ自然な音場再生に特徴のあるYoshii9 での聴取には不向きに感じられ
>私のシステムでは採用していません。
と述べています。
 ラステームだけが製品名を取り上げられているのは、おそらくYoshii9のアンプをラステームに変えてみてよかったとするブログが存在したためと思われます。
 そのほか、Yoshii9のアンプを他のものに付け替えた事例としてはこちらがあります。
http://tackbon.ldblog.jp/archives/51669706.html

私がYoshii9を導入したときの状況はこちらに書きました。
音の焦点 結論(プロケーブルを振り返るその21)

ここで書いたとおり、Yoshii9の高音質ぶりに驚いたわけですが、当然スピーカー部とアンプ部を合わせた評価であり、当時課題だった音の歪みについてはアンプがそれまでと変わったことにより寄与が大きいという印象を持ちました。

 以上により今のところアンプとしてはYoshii9専用のYA1をそのまま使うこととしています。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする