よんまる
よんまる
 自作PCでPCオーディオを楽しんでいます。  ハンドルネームはかつて憧れのMPUであったMC68040にちなんでいます。  多数の情報を集積し、最高の音を目指します。  私の駄文をつらねた…

マイルーム

マイオーディオルーム
マイオーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 5.5畳しかないごく普通の部屋です。  狭いので全景を撮るのが大変です。  近年の住宅であればごく普通の装備ですが、窓はペアガラス、壁にはグラスウールが入っているので、音漏れはわりと少なめで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

USBサウンドデバイスの複数接続を試す

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月28日

 前回の記事で、PC - SE-U55 - SE-U55GX という接続を行ったということを書きました。

 一方でUSBサウンドデバイスを複数接続すると、情報量が増え、高音質化するという情報が存在したため、音楽データの流れとしてはこのままで、SE-U55GXのほうもUSBケーブルでPCと接続してみました。
 SE-U55GXは依然としてSE-U55からの同軸デジタルケーブルで信号を受け、単体DACとして動作しているわけですが、PCからも(ただつながっているだけで使っていない)サウンドデバイスとして認識されます。
 やってみると、たしかに情報どおり、聞こえる音の数が増え、情報量の多い音になったように聞こえました。SE-U55だけを接続した状態に戻すと、さびしい感じがしてしまいます。
 調子に乗ってさらに手持ちのSE-U55SXも接続して、3台接続にしてみますと、さらに音の数が増えたのですが、明らかに派手すぎで不自然な音になったため、すぐにやめてしまいました。
 そこで、SE-U55とSE-U55GXの2台の接続にして使っていました。ところが、しばらくたつと、解像度が高く、「濃い」音のようには聞こえるのですが、どうも聴き疲れが大きく、不自然な感じもしてきました。SE-U55だけの接続に戻すと、ある程度解消はするのですが、やはり解像度不足の寂しい音になってしまい、どちらにも不満がある状態になりました。
 次回、このことの解決について書きます。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする