よんまる
よんまる
 自作PCでPCオーディオを楽しんでいます。  ハンドルネームはかつて憧れのMPUであったMC68040にちなんでいます。  多数の情報を集積し、最高の音を目指します。  私の駄文をつらねた…

マイルーム

マイオーディオルーム
マイオーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 5.5畳しかないごく普通の部屋です。  狭いので全景を撮るのが大変です。  近年の住宅であればごく普通の装備ですが、窓はペアガラス、壁にはグラスウールが入っているので、音漏れはわりと少なめで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

システム紹介51 スイッチングハブ fx-08 mini

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年10月09日

 これまで書いたとおり、私はPCから音楽を再生する際にWAVファイルをNASから読み出しています。また、”外部クロック的利用”のためAirMacExpressをLANに接続しています。
 そうすると当然ネットワークにはハブを入れる必要が生じます。このハブの機種によって音が変わるため、小提琴奏者氏は以前に多数のハブを比較し、電池駆動が可能でかつ振動しにくそうな形態をもつプラネックスのfx-08 miniを選定しました。氏のブログである「Yoshii9を最高の音で聞こう!」に発表されています。

 同時期にプロケーブルでもそのころプロケーブルに集まっていた人たちの間でハブの機種の追求が行われていましたが、小提琴奏者の選んだものにはかなわなかったという内容が書かれています。

 私のほうでもこのハブを導入し使用しています。手持ちのハブに比べて明瞭で澄んだ音に変化しました。(音はややきつい感じになるのですが、電池駆動化によりやわらかくなります)
 たんに真似てみて良かったというだけのことではありますが、報告します。
 

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする