よんまる
よんまる
 自作PCでPCオーディオを楽しんでいます。  ハンドルネームはかつて憧れのMPUであったMC68040にちなんでいます。  多数の情報を集積し、最高の音を目指します。  私の駄文をつらねた…

マイルーム

マイオーディオルーム
マイオーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 5.5畳しかないごく普通の部屋です。  狭いので全景を撮るのが大変です。  近年の住宅であればごく普通の装備ですが、窓はペアガラス、壁にはグラスウールが入っているので、音漏れはわりと少なめで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

CDプレイヤーとPCオーディオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年11月16日

 ファイルウェブに参加頃書いた記事とおり、私が本格的にオーディオウォン始める契機となったのはPCとミニコンポを接続した状態で、何気なくクイックタイムでWAVファイルを再生してみて、そのあまりの高解像度にびっくりしてしまったことでした。当該記事を読んでくださる方はこちらです。
 その後、アンプを自宅に転がっていた昔のシステムコンポについていたものに変更しました。そして、プロケーブルとの出会いもあり、ネットでそれ以外のサイトからも情報を収集しつつ、主にPCまわりの改善により著しく解像度が高まりました。同時に音がキンキンになり、長く聞いていると耳が痛くなる状況に陥りました。プロケーブルのいう「音の焦点が合っていない状態」となったわけですが、結局、アンプ、スピーカーをYoshii9に変更することによりおおむね解決を見ました。このあたりのことはこちらに書いています。
 「おおむね」と書きましたが、Yoshii9導入後も、音のキンつきは完全になくなったわけでは有りませんでした。もっとも、Yoshii9導入前のように、音楽を聴くと耳が痛くなるというような酷い状態ではなくなり、やや聴き疲れしやすい、硬くささくれた感じの音、という程度ではあるのですが、それ以前の酷い状態を経験したことによって、この種の音の歪みには、非常に敏感になってしまいました。そこで手を尽くして解消の努力をしていくことになりました。
 原因を切り分けるため、音が良くなると思われることはできるだけすべて実施することとしました。音質劣化原因を解消していけば、原因になる可能性のあるところを絞り込むことができるからです。情報収集を行い、アクセサリーもかなり購入しました。その成果は現在私がシステム紹介として書いている一連の記事に示しています。
 やってきた様々な音質対策の中で、音のキンつきの解消に効果があったのは、ひとつは電池駆動化による電源の改良であり、いずれも音の硬さがとれる方向に変化し、とくにPC関連の製品については即効的かつ大きな効果が得られました。もうひとつは振動対策であり、やはりPC本体やPC周辺機器に対する防振を進めることによって、最終的に音のキンつき、歪みが解消されていきました。とくにPCのケースの防振は難関でした。この防振の効果は非常に地味で少しずつしか現れませんでしたが、結局ここを対策していくことにより、歪みの少なさにおいて満足のいく再生音となりました。PCケースの防振について書いた記事には書かなかったのですが、たとえば、重量を稼げばいいのだろうと思い込み、PCケース内に鉛文鎮を置いてみたことがあったのですが、使っているとバイオリンのある音が金ノコをこするような刺激的なおかしな音になっていることに気づき、鉛文鎮をはずしてみたら直ったというようなこともありました。ケースの強度に対し、鉛文鎮の重量がありすぎたのでしょう。

 PCオーディオが流行しだした頃、PCでCDを無圧縮でHDDにリッピングし、再生ソフトに悪くないものを選んで、USBDACなどから音だしさえすれば、あらゆるCDプレイヤーを上回るかのような言い方を良く見かけました。PCから再生した音の高解像度に驚いてオーディオを始めた私は、その後いろいろなCDプレイヤーを試聴しても、再生すべき音が幾らかは欠落しているように聞こえ、PC>CDプレイヤーという意見は、全く正しいものに思えました。
 一方で、CDプレイヤーでオーディオをやられていた方が、PCオーディオが高音質であると聞き、試してみたがさほどではなかったとの記述も目にするようになっていきました。自宅のオーディオにおいて、音のキンつき、歪みに神経質になってみると、このような歪みのある聴き疲れのする音は、まともなCDプレイヤーからは聴かれないとも感じられました。
 おそらく、PC>CDプレイヤーと感じている方の多くは、PCからの再生において、CDプレイヤーではなかなか聞こえない細かい音に注目して聞き、一方で、CDプレイヤー>PCと感じられる方の多くは、PCからの再生に関して、その電源の品質低さと防振対策の不備に起因する、CDプレイヤーにはあまりない歪みや付帯音を聴いてしまうのではないか。そんな風に考えています。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする