よんまる
よんまる
 自作PCでPCオーディオを楽しんでいます。  ハンドルネームはかつて憧れのMPUであったMC68040にちなんでいます。  多数の情報を集積し、最高の音を目指します。  私の駄文をつらねた…

マイルーム

マイオーディオルーム
マイオーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 5.5畳しかないごく普通の部屋です。  狭いので全景を撮るのが大変です。  近年の住宅であればごく普通の装備ですが、窓はペアガラス、壁にはグラスウールが入っているので、音漏れはわりと少なめで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

システム紹介85 PCのその他デバイスおよびPCの構成まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年11月23日

 オーディオ用に使用しているPCについて特に記事にしていないデバイスについて補足しつつ、構成についてまとめます。
 マザーボードとして使用しているWindBoardにはSATA2つ、PATA1つ、USB、PCIバスなどのインターフェイスが付いています。
 SATA1にはシステムディスクとしてINTEL製SSDを接続し、WindowsXPをインストールしています。SATA2には前回までの記事で書いたとおりANS-9010(RAMディスク)を繋ぎ、再生ソフトをインストールし、また、スワップパーティションとしても使っています。

 PATAポートにはSATAの2つ付いた変換基盤を入れて、そこにDVD-ROMとデータ用のHDD(外付化)を接続しています。両者はPCマザーボードとは別途ACアダプターより給電しており、使用しないときは電源を切っています。PATAは1つしかないのですが、デバイスマネージャーには"セカンダリIDE"が出てくるため、使用しない設定にしています。

 メインメモリについては、種類によって音質が多少は変動するようですが、比較試聴記の数も少なく、どのメモリが高音質であるのか特定することは難しい状況です。こちらは数少ないメモリの比較記事のひとつですが、こちらによると、低電圧でヒートスプレッダが付いたものが良さそうだと述べています。別のサイトでは、搭載されているメモリチップが少ないものが音が良いとしているサイトもありました。私の使用するWindBoardはDDR2のメモリスロットが2つあり、最大の2GBとするためには両面実装の2GBメモリ1枚、または片面実装の1GBメモリ2枚とする必要があります。なんとなく2枚が良いかと思い、ショップで探すと、1GBの片面実装の製品は1種類しかなかったため、その製品を2枚購入し、使用しています。メモリチップの少ないメモリが良いというのが本当であるなら、この選択で良いのだろうと思い、そのままとしています。また、ヒートスプレッダは、後から取り付けるものを購入し、付けています。

 WindBoardにはPS2ポートが2つあるため、USBにかかる負荷を減らすためにマウス、キーボードはここに接続しています。キーボードはPS2のシンプルなもの、マウスはPS2からUSBに変換するアダプタを使ってUSB用の製品を使用しています。ボール式のマウスのほうが良いらしいのですが、さすがにまともに動くものが入手しにくいため、光学式のもので妥協しています。

 マザーボードにはシリアルポート、パラレルポートがありますが、使用しないためBIOSで殺しています。
 PCIスロットにはSCSIカードを挿しています。これについてはリッピングのみに利用していますので、リッピングについての記事のなかで書きます。
 その他、スキャナ及びプリンタ複合機はUSBにつないでいます。また、D-SUB15PアナログRGBをアクオスに接続し、モニタとしています。マルチディスプレイはしない(できない)のでデバイスマネージャーから削除しています。オンボードサウンドが搭載されていますが、使わないのでBIOSで殺しています。

 PCケースは2003年購入の古いミドルタワーケースに入れています。ケース内にはマザーボードと光ドライブ2台、SCSIカードを収納しています。その他はケース外に出しています。MicroATXマザーであり、ATX電源も積んでいないため、ケース内部の空間は余裕たっぷりです。さらにファイルベイのカバー、スロットカバーはすべて外すことにより不要振動の抑制と通気性の確保を図っていますが、なお完全ファンレスであるため、冷却能力が不足気味であることから、マザーボード裏に「まず貼る一番」なるヒートシンクを貼り付け、冷却能力を強化しています。PCケースは防振シートインシュレーター、オーディオボードなどにより振動対策に努めています。

 電源について、マザーボードの20Pコネクタ、マザーボードのATX4Pコネクタ(CPU)、ANS-9010Bにそれぞれ1つづつバッテリーを接続し、駆動しています。モニタ、プリンタ及びスキャナ複合機、DVD-ROM、一般データ用HDDについては別途AC電源を供給しています。SSDはマザーボードと共通電源です。リッピング用機材については後述します。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする