よんまる
よんまる
 自作PCでPCオーディオを楽しんでいます。  ハンドルネームはかつて憧れのMPUであったMC68040にちなんでいます。  多数の情報を集積し、最高の音を目指します。  私の駄文をつらねた…

マイルーム

マイオーディオルーム
マイオーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 5.5畳しかないごく普通の部屋です。  狭いので全景を撮るのが大変です。  近年の住宅であればごく普通の装備ですが、窓はペアガラス、壁にはグラスウールが入っているので、音漏れはわりと少なめで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

日記

システム紹介81 PCの足元

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年11月16日

 オーディオシステムの一環としてPCを組み込む場合は、オーディオ機器の常として振動対策によって音質が変化します。私はミドルタワーのアルミ製PCケースを使用しており、前回はPCケースの防振について書きましたが、今回はPCの足元についてです。
 PCケースの下に設置するインシュレーターとして、次のものを試しました。試した当時はまだ音の歪みが残っており、課題でした。

1.標準でついているプラスチックの足

2.大型機器用であり、ミドルタワーPCなどには適していそうに思えるのオーディオテクニカAT-6091


3.同じくオーディオテクニカの製品で、私においてPC用のバッテリーARCA-300に対して効果があり、他のブログでノートPCに有効であったとの報告があるAT-6089FT

こちらは小型の機器用と思われることやPCケースは底面が広く、強度がやや低いことから12個設置して試してみました。

4.J1プロジェクトのA25R


5.レンガ

 オーディオテクニカAT6091はデスクトップPCにぴったりという感じで見た目の印象は非常に良く、かなり良くなるのではないかと期待して試聴してみたのですが、標準のプラスチック足とほとんど変わりませんでした。
 オーディオテクニカのAT6089FTについてはやはり向いていないのか、やや音のキン付きが増えてしまいました。
 J1プロジェクトA25Rについては歪みがはっきり減少し、良い音になりました。
 レンガについては、試してみると、あからさまに音が悪くなりました。

以上により、J1プロジェクトのA25Rを採用としました。はじめはPCケースの下に4つおいて使っていたのですが、その後8つに増やしたところ、より効果が出ました。この製品が良かったのはたぶん私のPCケースの機械的性状とこのインシュレーターの性状がマッチしていたことによるのだと思います。

 さらにPCの足元対策としてアコースティックリバイブのオーディオボードRAF-48を用いています。

 この製品による再生時の音質改善は少なかったのですが、それでも解像度の向上や歪みの現象が得られました。この製品についてはまた別の機会に書きたいと思います。

 なお、各画像はそれぞれメーカーのホームページよりコピーしました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする