よんまる
よんまる
 自作PCでPCオーディオを楽しんでいます。  ハンドルネームはかつて憧れのMPUであったMC68040にちなんでいます。  多数の情報を集積し、最高の音を目指します。  私の駄文をつらねた…

マイルーム

マイオーディオルーム
マイオーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 5.5畳しかないごく普通の部屋です。  狭いので全景を撮るのが大変です。  近年の住宅であればごく普通の装備ですが、窓はペアガラス、壁にはグラスウールが入っているので、音漏れはわりと少なめで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

日記

システム紹介142 ANS-9010Bへのシールド

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月15日

 RAMディスクANS-9010Bに対するシールドメッシュ設置について再度投稿します。

 このドライブの用途はスワップパーティションおよび音楽再生ソフト(iTunes、foobar2000、iTunesマルチプラグイン)のインストール先であり、外付け化して使用しています。

 以前の状態です。このように基板の上部にシールドがありません。


 一旦取り外して作業します。

 シールドメッシュをそのままかぶせるとサイドの高さが足りず、メモリに接触するので、玩具「LaQ」を用いて柱を4箇所に立ち上げました。また後ろにも接触防止のため少し取り付けています。サイドへのLaQをそのまま取り付けると緩いので、取り付け箇所にFoQの防振シールを貼ってしっかり取り付くようにしています。また、ANS-9010Bの内蔵バッテリーにアクセスできるように、シールドメッシュを片方のみ貼り付けて固定しています。


 シールドメッシュをかぶせた状態です。基板上にアコースティックリバイブのピュアシルクアブゾーバーを載せていますが、これは通電性のあるシールドメッシュが万一基板に落下した場合に不測の事態が生じることを防ぐためです。


 シールドメッシュ取り付け後の使用中の状態です。

 前回書いたように初めて音を聴いたときはRockDiskNextのファームウェア更新と重なってしまい、単独の効果が分からなかったため、改めてシールド有り無しを比較試聴しました。

 やってみると、大きな違いはありませんが、シールドありの方が多少マイルドな音質に聞こえます。解像度が落ちているのではないかと思い、よく聞き比べましたがとくにシールド設置によって聞こえる音数が減っていることはないように思えました。どうやら以前にUdif7にシールドしたときと同様の音の変化のようです。多分な余分なノイズが減少しているのでしょう。

 以上、今後ともシールドメッシュの落下に注意しながらこの状態で使っていくことにします。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. どもども。
    シールドはしないほうが音が良いこともあります
    からねえ。何かが落下してきても中身が壊れない
    ように木の板を置いとくのもいいかも。

    by青いコゴミ at2015-11-21 09:24

  2. 青いコゴミ さんこんばんは

    確かにシールドをして音質が悪化する例もままあります。

    シールドを行った場合に音質が劣化する原因として想定されるものはできるだけ排除していますが、音質変化をひとつひとつ確認しながら慎重に行うことが大切であると考え、あちこちに一気に設置することなくじっくりと進めています。

    byよんまる at2015-11-21 23:09

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする