よんまる
よんまる
 自作PCでPCオーディオを楽しんでいます。  ハンドルネームはかつて憧れのMPUであったMC68040にちなんでいます。  多数の情報を集積し、最高の音を目指します。  私の駄文をつらねた…

マイルーム

マイオーディオルーム
マイオーディオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 5.5畳しかないごく普通の部屋です。  狭いので全景を撮るのが大変です。  近年の住宅であればごく普通の装備ですが、窓はペアガラス、壁にはグラスウールが入っているので、音漏れはわりと少なめで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

デジタル音楽信号は何回叩きなおせばよいのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月06日

 前回、USBアイソレーターRUI-1の導入について報告しました。PCのUSBからのノイズをカットする製品ですが、USBを流れる信号を整形するものともみられると思います。

 私のシステムでは、信号の再生成や形式変換などで信号を打ち直している箇所が多数あります。これらはそれぞれ、音質向上が認められたため、採用していますが、結果としてかなり複雑なシステムになってしまいました。

現状でオーディオシステムは概略このようになっています。

AirMacExpress - 電源タップAT-AF518 - 壁コン

|NAS RockDiskNext ー 電池
|  |
ハブ4連装 ー それぞれに電池

|インテルSSD(システムドライブ)- 電池
|     |        
マザーボード WindBoard ー 電池(ARCA-300)
|    |     |
|    | CPU Atom230 - 電池
|    |
| RAMディスクANS9010B - 電池

USBハブRAL-02HUB ー DDC UDIF7 ー 電池
|   |     
|  電池             

USBアイソレーター RUI-1

DDC UDIF7 ー 電池

DSIX-1.0PA ー 電池

DAC SE-U55GX ー 電池
(単体DACとして動作、USBは接続せず)

プリメインアンプ YA-1 - 電池
(Yoshii9エンジン部)

Yoshii9スピーカー部


 音源ファイルはNASから読みだされるわけですが、音楽信号がDACに到達するまでに

1.スイッチングハブ FX-08mini
2.スイッチングハブ FX-08mini
3.スイッチングハブ FX-08mini
4.スイッチングハブ FX-08mini
5.PC本体
6.USBハブ RAL-02HUB
7.USBアイソレーター RUI-1
8.DDC Udif7
9.DSIX-1.0PA

と、9回にわたって叩き直しを受けていることになります。PC本体は外せないのでその前後で信号の本質がどうなっているかはわかりませんが、それ以外の機器については外すと音質が悪化するので、少なくとも8回の叩き直しについては音質向上に寄与していることになります。

 シンプルなシステムの方が音質上有利という考え方が全く成立しないデジタル音楽信号の不思議さでありますが、複雑化しすぎるのも扱いにくくて困ります。

 一応、一番最後に追加したRUI-1については、高い評価を多く目にするわりに私のところでは比較的小さな効果であったため、信号叩き直しによる音質向上は収束してきていると思いたいところです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. よんまるさん こんにちは

    「叩き直し」という言葉が面白いですね。何だかすごく納得してしまいました。

    でも実のところ何をしているのかはよくわかりません。いわゆるローンダリング(デジタル信号の作り直し)みたなことなのか、それとも単なるフィルターなのか、給電のみのアイソレーションなのか…??

    オリジナルよりも場合によってはよくなるということですよね。

    ということはリッピングの違いは「叩き直し」で同じになって最後は区別できなくなるのでしょうか?興味津々です。

    byベルウッド at2017-05-06 18:43

  2. ベルウッドさん こんばんは

    まあ多分、ロンダリングと呼ぶのが近いのでしょうね。リッピングの違いも、リッピング後にコピーを繰り返せば薄まっていく傾向にあり、やがて違いがなくなるのかもしれません。

    しかし、そうだとするとリフレッシュによって常時書き直されているDRAMにファイルを保存しておけば短い時間で以前の履歴がクリアされるはずなのですが、わからないことに、ファイルの保存先をDRAM上に作ったRAMディスクとしても、リッピング方法による音の違いが残ってしまいます。

    「叩き直し」で以前の履歴による効果を薄めることができるとしても、やはりリッピングは手を抜けないということは残念ながら(?)事実のようです。

    byよんまる at2017-05-06 20:54

  3. はああ~…。

    叩いているけど直してはいないということですね(笑)。

    byベルウッド at2017-05-06 22:05

  4. こんにちは。

    USBのアイソレータとしてIntonaを使用していますが、こちらはUSB2.0 High-Speedをサポートしています。

    また、USB信号を完全に「叩き直す」仕組みのものなので、もしかしたらお好みかもしれません、、、

    byゴンザエモン at2017-05-07 13:01

  5. USBHUBとPCの間にUSB2.0アイソレーターをかます選択肢は
    確かにあります。
    しかしこれ以上の複雑化は避けたい気持ちが強いですし、また、
    USB2.0アイソレーターは幾つも製品があるのでどれが最高音質か
    特定しにくいという問題もあります。

    byよんまる at2017-05-07 22:36

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする