mizu
mizu
POPS、HR、METALをマジメにいい音で聴く! がモットーです。 機器が揃ってきたので、アクセを色々物色中。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

azteca tower & atlas cable hyper 導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月07日


タイトル通り、この2つのアクセサリーを導入しました。

azteca towerの導入は、ルームチューニングに興味はあれど、賃貸では中々壁に直接つけたりはできませんし、ハードをもう1つ追加できそうな大金をつぎこむつもりもなかったので、うってつけのモノだったからです。効果(変化)としては、音場の自然な広がり(上下左右)が感じられ、低音の暴れがなくなることで、音が整理されて非常に見通しがよくなったことです。

atlas cableのhyperの導入は、これの前身のnavigator(中古・旧ver)を今までDAC-Pre間で使っていたMITのshotgun S3と換えてみた時に「これは!?」というのを感じたからです。具体的にいうと、音の力感やエッジの立て方では、shotgunに分があるものの音の明瞭さにおいて、どこがと聞かれると説明できませんが悪くないと感じたからです。hyperに換えたことによる効果(変化)は、音の抜けが気持ち良く、フォーカスがビシっときまることです。演奏と歌がお互いに邪魔をしないので歌ものをメインに聴く人には向くと思います。hyperからshotgunに戻してみると、特にベースのブースト感が不自然で他のパートが犠牲になってると気づきました。宣伝がほとんどないブランドなので代理店のコンダクトさんには、頑張ってもらいたいです。

※azteca towerあり、なしの状態でも聴いていますが、基本的にはいっしょに使っているので、感想がごっちゃになっている部分が(かなり?)あると思います・・・

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする