akahanamizuki
akahanamizuki
40代男性。大学時代に家庭教師先でオーディオに出会い感動。音楽は良いものなら何でも好き。コンサートも好き。 SignatureDiamond、アキュフェーズを卒業。 KlimaxDS/K→…

マイルーム

akahanamizuki for music
akahanamizuki for music
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
リビングで音楽を楽しんでいます。 音の良さと操作の簡便さからメインソースをKlimaxDS/Kにして、アキュフェーズC3800→A45→siganature diamond で音楽を楽しんで…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

日記

LANは短く。なぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年02月23日

今年は大雪で中庭でもかまくらが作れてしまいます。
子供たちは大喜びです。


さて、本題ですが
DSユーザーの諸先輩の日記を見るとLANケーブルはとにかく短く!と強調しています。

私はこんな風にKlimax-DS, NAS(Buffalo LS-WS1.0TGL/R1), HUB(LSW3-GT-5NS)をラックにセットしていました。



ルーターからHUBまでは、部屋が別なので
新築時、空管の中に5m長のCAT5eケーブルをラックの中に配線していました。
ラックのコネクターからはCAT7 ELECOM LD-TWS/BM1(1m)でHUBにつないでいます。
NAS-HUB間やDS-HUB間は同じ材質ですが、より短い ELECOM LD-TWS/BM05(50cm)を使用していました。


我が家のいままでの配線を下図に示します。


ルーターからスター型に各部屋にLANを引いていますので、音情報が流れるLANケーブルの長さで音が変わるのであれば

同じファイル、再生にはKINSKY-DeskTopを使用としても
 
①NASにファイルを置きDSを再生
 
②PCにファイルを置き書斎からDSを再生
 
③PCにファイルを置きワイヤレスLANで接続しDSで再生
 
のいずれでも当然音が変わると考えやってみました。
 
予想は①>②>③の順だったのですが
 
一番好印象だったのは①、次が微妙ですが③、そして②の順です。
変化としては音楽の「余韻」、「響き」が①がもっとも豊かに感じます。

①と③は明らかにちがいますが、③と②は僅差です。
③のほうが②よりわずかに好印象でしたが、16bit/44.1kHzの音源再生は大丈夫なのですが、24bit/192kHzなどハイレゾ音源では③では途切れてしまうことがあります。

上記の変化は、後述する、NAS-HUB間やDS-HUB間でLANケーブルを変えたときの変化よりは小さい印象です。
音の信号が流れるLANケーブルの総延長はすごーーく長くなっているのに後述するNAS-HUB間やDS-HUB間という、全経路のうちの一部を短くしたときより変化が少なかったのが不思議です。
また、無線のほうが長い有線よりよかったことも意外です。
どうしてなのでしょうか?



次に以前からとても効果があると指摘されているNAS-HUB間やDS-HUB間で長さを変えてみました。
NAS-HUB間を
ELECOM LD-TWS/BM05(50cm) → ELECOM LD-TWS/BM10(1m)

同じCAT7ケーブルの長さ違いだけなのに、50cm → 1mの違いで
明らかに「余韻」が失われ、音の響きが減少します。
変化は明らかです。

HUB-KlimaxDSの間でも検証してみました。

ELECOM LD-TWS/BM05(50cm) → ELECOM LD-TWS/BM10(1m)
これも同様。変化の方向は同じで、明らかに「余韻」が失われ、響きが減少する。ただし、これが一番変化量が大きいと感じました。

もっと短くしたいところですが、この製品ではこれ以上短いものがありません。そこで同じELECOMでCAT6Aとなってしまいますが、LD-GPA/BU03(30cm)を試してみました。

NAS-HUB間を
ELECOM LD-TWS/BM05(50cm) → LD-GPA/BU03(30cm)

音に弾力性が失われてつまらなくなってしまいます。
長さより、ケーブルの作りの差が重要だったのでしょうか?

HUB-KlimaxDS間も同様に試して見ました。
ELECOM LD-TWS/BM05(50cm) → LD-GPA/BU03(30cm)

やはり音に弾力性がなくなってつまらなくなってしまいます。
前回同様NAS-HUBよりその変化は大きいですが、音の変化の傾向は同じです。


結果をまとめると

LANケーブルは同じ材質・作りなら短いほうがよいのは間違いないようですが、総延長の長さに比例するわけではく、DSに近いほど効果が顕著です。DS-HUB間がもっとも影響が大きいですが、NAS-HUB間も軽視できません。
短いほど良いということは、安い方が良いとなるので、ユーザーにとってはありがたいことです。いろいろなメーカーからいろいろなうたい文句で「オーディオグレードのLANケーブル」が出つつありますが、とにかく一番短いものを買って比較する必要があるとおもいます。

またCAT7(50cm)>CAT6A(30cm)となりましたので、CAT7が良いようです。



同じCAT7で30cmのものや、単線で50cm、30cmのものはどうか試してみたいところですが、私の近所のヤマダ、コジマ、ジョーシン、K's全部廻ったのですが田舎の寂しさというか、CAT7はELECOM LD-TWS/BMシリーズしか置いていませんでしたので、50cmが最短でした。サンワサプライなどにはCAT7で20cmのものありますからAmazonなどで取り寄せてみてやってみるしかないようです。普通の(といってもELECOM LD-TWS/BMはきちんとシールドされ、金メッキ端子ですが)LANケーブルは高くても1000円単位なので気軽に試せます。
しかし、オーグラインは50cmで45000円、AIMはNA3-R005(50cm)31,500円、アコースティック・リヴァイブは50cm 15,500円ですから「オーディオ用」と名がつくととたんに高くなります。これらは販売店に試聴させてくださいと交渉中です。
20cmのCAT7が一番よいということになれば「オーディオ用」に惑わされることなく長さ優先、お金は節約でよしよしということになるのですが。

ただ、20cmでは長さにまったく余裕がなく、別々の棚にNAS、HUB、KlimaxDSを置くのは困難で、現在の機器の置き方を変える必要があります。20cmと50cmであまり音質が変わらないようであればこのままで良いのですが・・・。
ヨリ線構造のケーブルでさえ20cmは厳しいので、単線構造のものだと設置が更に大変だと思います。

DS使いの先輩方、やはりCAT7、20cmと50cmではだいぶ違いますか?
CAT7の20cm VS 「オーディオ用LAN50cm」ではどうですか?
CAT7でもヨリ線より単線がよいですか?

そもそも、どうしてLANケーブルで音が変わるのでしょう?
明快な説明はあるのでしょうか。


そして、いろいろかまった挙句、我が家の配線は




最初と同じ。変化なし(笑)でした。

Today's My Disc SMOOTH ACE FOR TWO PIECE


Track2「無敵」 歌詞で具体的な説明は一切されないがよく聴くと結婚式の歌であることがわかるロマンチックな歌。小曽根真さんのアレンジ・ピアノ・オルガンが素敵で「無敵」

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. akahanamizukiさん、今晩は。ミミズクと申します。

    LANケーブルは短い方が良いと思っています。現在HUBとNASは20cmのCAT7を使っています。HUBとDS間は1mの銀の単線LANケーブルです。そのHUBへ隣室にあるNASから5mのCAT6で繋いでいます。
    初めの頃は長さやケーブルで音が変わると思っていましたが、2年もすると余り差を感じなくなってきました。しかし、A社のLANケーブルをお借りして、NASとDS間に1m、NASとHUB間に50cmのものに換えて聴き比べましたが、変更するところまでは至りませんでした。新品であったから2週間ではバーンイン不足であったとも思えます。
    何故変わるのかについて、印象では、初めに大枠を示し、情報が整うと中を緻密にして音の質を上げるように作られているのではないかと想像します。専門家に叩かれそうなコメントですみません。

    by夜更けのミミズク at2012-02-23 03:21

  2.  akahanamizukiさん、おはようございます。

     私もDS導入時からCAT5、6、7と試し現在はオーグラインをNAS→HAB、HAB→DSで使っています。その他の所は試したケーブルがお下がりでつけています。

     長さについては検証していませんが、NAS、HABともDSの横に置いていますのでグレードが上がるにつれ価格が上がるので短くなり、オーグは50cmです。

     で、ケーブルで音が変わるかですが、グレードを上げるにつれ、レンジが広く、濃く、低域まで出るようになって来ました。

     私がオーグを導入した当時は今ほど選択肢がなかったので、夜更けのミミズク師匠に色々と教えていただきましたよ。勿論、高額だったためすぐにとは行きませんでしたが、替えて大正解だったと思っています。LANケーブルには何もストレスを感じていません。

     ただ、ミミズク師匠が>2年もすると余り差を感じなくなってきました。・・・と仰ってるのが気になります。でも怖くて試すことができないのでこのまま逝きます....

    byzyan at2012-02-23 08:36

  3. akahanamizukiさん今日は

    LANケーブルの中を通っている信号は100Mbit、周波数で言うと100mhzに相当します。
    TVでも中継器から遠くなるほど画像が薄くなるのと同じだと思うのですが、何故再生系で起きて、データをコピーしたときは問題が出ないのか不思議です。

    デジタルデータが少しでも変化すれば、音が飛ぶとか途切れる、ノイズが入る、最悪は再生が出来なくなる、等の不具合が出ますが音質の変化に関しては、分からないことが多すぎます。

    短い方が良いという話は、主催者から書かないでくれと言われたので、当時ぼやかしてブログに書きました。
    日東紡音響の研究所に行ったとき、私はハブと0.5m、1mのCAT7のLANケーブルを持って行きました。

    LANケーブルを短くした方が音が良くなるのは、自宅では実験していましたが、他でやっても同じ結果が出るかどうか知りたかったのです。

    そこで比較したのが、
    1.ルーター内蔵のHUBと外部HUBで音が変わるのか。
    2.LANケーブルの長さで音が変わるのか。

    と言うことでした。
    1.の内蔵型と、HUB単体では、音の鮮度が違っていました。
    抜けの悪い音と、抜けの良い音という感じです。比較にならないので、以後の実験は全てHUB単体で行っています。

    2.LANケーブルによる音の違いは、単純にCAT7で0.5mと1mの違いです。接続はDS-HUB間です。
    結果は聞いていた日東紡の人たち全員が、圧倒的に0.5mの方が良いという結論でした。

    日東紡の方たちが、自分たちの出していた音を良くするためにさんざん苦労していた事を、僅か¥2000ばかりのケーブルで結構な効果が出てしまって、今までやっていたことは何だったんだろうと言う話になってしまったのです。

    更に某社の超高級ケーブル1mと比較したのですが、これも同様に0.5mの方が結果が良かったのです。

    先ほども書きましたが、デジタルでデータに変化があったらそれは直ぐに結果が出ます。
    データに変化がないのに何故再生では音が違うのか、明快な答えがあったら私も是非聞きたいと切に思っています。

    CAT7のケーブルも、規格が2種類あります。
    通常の一番外側だけシールドしたものと、ツイストペアの線それぞれをシールドして、更に全部をもう一度シールドした、2重シールドの線です。

    分かり易く説明しますと、昔オープンリールでも、カセットでも良いのですが、テープを良く聴くと、別の音が聞こえてきます。
    テープの下の部分のテープの磁気が転写されて、それが聞こえて来るのですが、同じような事がLANケーブルの中で起きると言うことのようです。

    最後に高周波伝送は導線に信号は流れません。絶縁体を通って伝わります。宇宙空間を電波が通るのと同じです。
    これ以上の説明は不要でしょう。
    絶縁体は、高周波をやっている人の話を聞くと、ポリエチレンが一番良いそうです。

    by山田野案山子 at2012-02-23 10:39

  4. 夜更けのミミズク さん はじめまして。

    ミミズクさんの「DS奮闘記、使いこなし記」はいつも楽しみにしていました。
    レスを頂いて光栄です。

    私の勝手な想像なのですが

    数々のハイエンド機器を使いこなされているミミズクさんの
    「初めの頃は長さやケーブルで音が変わると思っていましたが、2年もすると余り差を感じなくなってきました」というコメント

    LANケーブルにエージングという言葉が適当かわかりませんが、つないでからある程度の時間を経過しないとわからないというのは、もっともな意見で、私のせいぜい数日のみの体験から、決定的なことを言い過ぎないようにしなければいけないと自戒しました。

    その上で
    長さ・シールド性能などの条件をある程度クリアしたLANケーブルであれば、現時点では優劣ではなく好みの差くらいで、ほかの私の諸条件、例えば機器のセッティング、ルームアコースティック、電源などなどに気を払いなさい。と助言していただいたと推察いたします。

    まったくその通りで、少しずつではありますがメインストリームを整えつつ、LANケーブルでも肩の力を抜いて遊ぶくらいの気持ちでやっていきたいと思います。

    CHプレシジョンとKLIMAX-DS/Kを同時にお使いになっている方はほとんどいらっしゃらないと思われます。CHプレシジョンのLANボードが出たとき、夜更けのミミズクさんが両者をどのように評価し・両立されていくか楽しみです。

    これからもよろしくお願いいたします
    お気に入りユーザーに登録させていただきます。

    byakahanamizuki at2012-02-23 21:12

  5. Zyanさん はじめまして。

    オーグラインの情報ありがとうございます。
    私がお付き合いしている販売店でもオーグラインは聴感上差がある。と言われました。

    しかし、残念ながら飛びぬけて高額であり直ちに導入というわけにも行かず、とにもかくにも自宅試聴しないとわからないと思っていますので、近々販売店に依頼する予定です。

    FM155をお使いなのですね。
    以前私も使用していたことがあります。
    小柄な筐体が粋で、温度感は温かめで、鮮度は高く、勢いのある音が好きでした。

    ゲインが高く、私にはボリュームの一番おいしいところを使いきれなかったことが悔やまれます。

    DSユーザー仲間として今後もいろいろと教えてください。
    お気に入りユーザー登録させていただきました。

    byakahanamizuki at2012-02-23 21:15

  6. 山田野案山子さん こんばんわ

    いつもながら、示唆に富んだレス大変ありがとうございます。

    LANケーブルの導体の素材そのものに特別な意味があるのか

    あるいは

    LANケーブルで再生音が変わってしまうのであれば、
    ダウンロード音源のはてしないLANの道をどう考えればいいんだろうと
    常々考えておりました。

    ハイレゾデータの入手方法を、できるだけパッケージメディアでと考えているのは、このことと無縁ではありません。

    また、どうやらLANケーブルはできるだけ短いほうがよいようである、といっても
    NAS、HUB、とDSが近くなったとき、
    NASやHUBから出ているノイズはLANケーブルだけでなく、NAS、HUB、DSに影響を及ぼさないのか

    私のNAS(HDD)はかなりの発熱量があるので、あまりにDSの近くに置くのはどうか

    など
    短くなることで懸念されることもあります。

    いろいろとバランスをとって、よく聴いて自分なりに積み重ねていきたいと思います。

    いつも、貴重なご意見ありがとうございます。
    今後もよろしくお願いいたします。

    byakahanamizuki at2012-02-23 21:20

  7. akahanamizukiさん今晩は

    私も今はDSとNAS、HUBは離そうと思っています。
    その為の光ケーブルの導入なのですが、これも結果は?です。
    デジタルはどうも分からないことが多すぎます。

    by山田野案山子 at2012-02-23 22:09

  8.  akahanamizukiさん

     >小柄な筐体が粋で、温度感は温かめで、鮮度は高く、勢いのある音が好きでした。

     はい、私もそこが大好きですよ~

     >ゲインが高く、私にはボリュームの一番おいしいところを・・・

     皆さん仰ってるようですし、お店でも言われましたが、ミーハーな私にはこの意味がわからないんです。小音量でもいい音だな~っていつも思っています。

     オーグは良いですよ。そして、それを生かすのはNASとHABの電源です。やはり、オーディオ専用は利きますよ~

    byzyan at2012-02-24 20:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする