ころすけ
ころすけ
視聴ジャンルは、洋画、邦画、アニメ、クラシック、ジャズ、POPS、歌謡曲です。 平成4年(1992年)9月にホームシアター兼用のオーディオルームを備えたマイホームが完成しました。 ハイビジョンがデ…

マイルーム

ころすけのマイルーム紹介
ころすけのマイルーム紹介
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
 物があふれていて恥ずかしいですが、オーディオルームのスクリーン側です。  2.5間*3間の15畳ですが、防音のため内壁を厚くしたため、実質14畳もないかも知れません。  現在のスクリーン…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

汎用3Dメガネ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年02月16日

 JVCのプロジェクターの3D伝送方式は、IR方式と無線方式(Bluetooth)があります。

 無線方式(PK-EM2)の場合、海外記事によると安価な汎用3Dメガネが使用できる場合があるようですので、国内で安価に流通している3Dメガネが使えるかも?という期待感が膨らみます。

 一方、IR方式(PK-EM1)の場合、海外の記事を含めXpanD社の3Dメガネの使用報告しか確認できず、国内のWebページでは「JVCは他社と互換性がない」という趣旨の記事ばかり目にします。

 うちは3Dメガネ(PK-AG2)が1つしかありませんが、買い足そうにも、既に製造完了のようです。

 IR式についていろいろ調べていくと、JVCのものはXpanD社のOEMまたは技術供与によるものらしいこと、本体接続コネクタ形状はVESA規格そのものなので3D信号もVESA規格に準拠している可能性が高いこと、IR方式は120Hz同期が一般的なこと、非互換の原因として左右反転(液晶シャッターの動作が左右逆)があることなどが判ってきました。

 そこで試したのがコレ。

 RV-3DGIRCという型番ですが、取り寄せてみると海外でG12-IRという型番で販売されているものでした。

機種名: G12-IR
同期方式: 赤外線のみ
同期周波数: 120Hzのみ
応答速度: 2.0ms
コントラスト: 750:1
透過率: 37%以上
内蔵バッテリー: 3.7V 40mAh Li-OH
連続駆動時間: 約20時間
充電時間: 約2時間
外形: 141*45*21mm
質量: 19g 
付属品: USB-microUSBケーブル、クリーニングクロス、収納袋


で、見事使えました!(BluRayの1080P 24FPSでも同期します。)


 スイッチはON-OFFスイッチのみで、左右同期反転機能はありません。
 充電コネクタはmicroUSB。

 動作表示LEDは、充電中は赤点灯、充電完了で消灯、スイッチONで5秒間だけ青点灯、バッテリー容量が不足している場合は5秒間だけ青点滅と取扱説明書にありますが、その他に余計な機能が付加されています。

 スイッチONで、3D信号に同期が取れない間中、ずーっと青色にまたたき続けます。
 充電中も赤点灯ではなく、ずーっと赤色にまたたき続けます。 

 メガネ固定用クリップ先端のゴムの保護カバーが簡単に抜け落ちてしまうので、購入したら対策が必要です。

 使用感ですが、JVC純正PK-AG2と比較しますと、やや明るく、黄色っぽさもやや薄く、これらの面では良い感じです。

 但し、ウルトラセブンのウルトラアイのような横長で縦幅が狭いデザインなので、装着するメガネはかなり選びます。
 眼鏡常用の方であれば、予備メガネの2つや3つはお持ちでしょうから、うまくフィットするものに装着すると良いでしょう。

 クリップ2点支持では固定力が弱く、ちょっと手が当たっただけでもズレていきますので、ズレないよう何か対策をしたいと思っていますが、良い案が浮かびません。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ころすけさん  こんばんヮ!

     3Dメガネって、同メーカーなら互換性の保証は得られていないのでしょうか?  充電池と言えば寿命も来るだろうし 破損も考えられる物です。 どう成っているのかな?

     最近トラブルはあるモノの(笑)相変わらず3Dには嵌っています。 壊れた時や、複数個必要になった時は困りますね~~

     試してみなきゃ分からないと言う汎用品も怖いですが(笑)純正品も(高価ではあるが(泣))シッカリと対応して頂きたいですね。 3Dの衰退は この様な現状であるメーカーにも大いにあると思いますね (*_*; 

     普段はメガネをしない私は、未だに違和感を拭う事が出来ません。 もう少し軽量で小型なメガネがないかなぁ~と思っています。 

     アレを見て「ウルトラセブン」を思いつく辺りは・・ 古く良き昭和を知る同年代ですね \(^o^)/

     アコス。

    byアコスの住人 at2015-02-17 22:20

  2.  アコスの住人さん、こんにちは!

     JVCは、伝送方式を変えちゃいましたからねぇ・・・製造後8年経てば、修理不能という回答が来るかも?ですね。><;

     XpanD社のIR対応品なら、海外での動作報告がちらほらあるので、そちらに逃げるのが失敗はないはず。(JVCのIR方式の場合)

     メガネの違和感といえば、クリップオンタイプは左端、右端が開放状態なので、左右の余計なものが視界に入りやすいですョ。

     なので~、TVには向きません。


     機器もロートル、所有者もロートルと化しつつあります。(笑)

    byころすけ at2015-02-18 16:59

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする