大福丸
大福丸
オーディオ暦は結構長いですが、最近はじめたPCオーディオは初心者です。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

【CrossOver CA1】コントロールアンプ製作(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月26日

リセットさんの所属されるサークルの企画である「CrossOver CA1」の頒布基板を入手して製作中です。

このコントロールアンプの特長は
・高音質な電子ボリュームIC(MUSES72320)を使用。
・マルチチャンネル可。
・ロータリーエンコーダ、赤外線リモコン、PC(Bluetooth)で操作可。
といったものです。

上の2つの特長だけなら、WM8816を用いたマルチチャンネルのコントロールアンプも作ったことがありますが(制御マイコンはタキオニクスのを使った)、リモコンは使えませんでした。

今回の基板は「コントロール基板」「入力切替基板」「電子ボリューム基板」に分かれており、コントロール基板にはプログラム済のマイコンが付いています。


まずは私にとってブラックボックスであるコントロール基板を完成させて箱に入れました。



今回はデザインよりも加工しやすさを優先させて1ミリ厚のアルミケースであるタカチ「MB-8」(85×190×300mm)を選びましたが、あまり上手く加工出来ていません。
まぁ、使ってるうちに気にならなくなるでしょう。

コントロール基板だけで動作確認をすると、ちゃんと動作しています。
あとはSSOPであるMUSES72230のハンダ付けさえクリアすれば、これまで経験してきた電子工作と変わりません。なんとか動作させられそうです。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする