HiFi居士
HiFi居士
オーディオ歴40年、、一貫してローコストな単品コンポの世界にとことん拘るのが私の流儀!。 加齢による耳の感度劣化を考慮して、「ハイファイ以上、ハイレゾ未満」のオーディオをやっています。

マイルーム

8畳間「なんでんかんでん」
8畳間「なんでんかんでん」
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
オーディオ的には問題山積ですが、耳も退化してきたことだし、ま・いっか!
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

はいふぁい日和ー(07)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月27日

NFJ(ノースフラットジャパン)からFX-AUDIOブランドでPCM96KHz/24bit(ハイレゾ領域)まで対応するUSB-DAC FX-01Aが発売されました。価格は3,380円、USBバスパワーで動作します。
DACチップはTI社のPCM5102Aを搭載し、2基の電源レギュレータで各ICチップに独立給電する設計とかです。
実は発売されると同時に注文しようとしたのですが、いきなり在庫切れ(?)ということで約一週間の待ちぼうけ。やっと24日に注文が受け付けられました。
現時点ではまだ現物が手元に届いていないのですが、明日中には届くとのことで楽しみに待っているところです。
USB-DACとひとくちに言っても、1,000円台から100,000円超までそれこそピンキリの商品があって、正直どれを選べばいいのか迷うところです。常識的には、価格の高いモノほど間違いないのでしょうが、経済的事情もあって高額商品に手を出せるはずもありません。
これまで、ローコストものばかり数種類のUSB-DACを使ってきましたが、一部の商品では若干不安定な動作をするものもあって信頼性に劣るモノもありました。具体的な例を出すと、DAC側の入力側がUSB-B端子でないもの(MicroUSBなど)ではケーブルが外れ易いのと接触不良がたまに発生したり、DAC側の出力がRCAピンジャックでなくミニヘッドフォン端子のみの場合は、変換ケーブルという必要悪が一個増えることになるので、ポータブル使用でない場合はやや問題ありです。

そんな訳で、いろいろ探していたところに本機の発売はまさに朗報!
到着したら早速使い倒してみる予定です。結果が満足のいくものなら全部これに統一しようかなと思っているのですが、さて、どうなりますか?

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする