HiFi居士
HiFi居士
オーディオ歴40年、、一貫してローコストな単品コンポの世界にとことん拘るのが私の流儀!。 加齢による耳の感度劣化を考慮して、「ハイファイ以上、ハイレゾ未満」のオーディオをやっています。

マイルーム

8畳間「なんでんかんでん」
8畳間「なんでんかんでん」
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
オーディオ的には問題山積ですが、耳も退化してきたことだし、ま・いっか!
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

はいふぁい日和ー(20)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月09日

断舎利を決行すべく押入れの片付けをおこないましたところ・・・懐かしいモノが出てきました。

これらは往年のカセットテープたちです。すべて未開封のまま保管されていました。TDK、SONY、maxellといったブランドの製品です。
よく見ると、2枚目の画像の左下にAMPEXのテープがあります。これも未開封ですが、この画像の中ではこれがダントツに古いものですね。記憶ではたぶん5本まとめて購入したもの一部です。いつ頃だったのか記憶が定かではありません(たぶん1970年代)が、輸入されていた時期はそう長くなかったはずです。当時のパッケージデザインもなかなかですね。

これはまたレアものでしょう。左側はこれまた一時期のみ輸入されていたMEMOREXのカセットテープです。ケースも独特な形状です。これも5本くらいまとめて買ったはずですが、残りはどこへいったやら。
そして右側は、BASFから出ていたカセットテープの編集キットHobby Boxです。
リール・トゥ・リール(オープンリールの正しい呼称です)のテープは切ったり貼ったり(?)の編集は当たり前でしたが、カセットテープは小さいのとハーフに収納されているので、物理的な編集は無理・駄目というのが常識でした。それを覆したのがこの編集キットでおそらく世界で唯一の商品だったと思います。これも輸入されていました。私はこれを駆使して50本近くのカセットテープを修理・編集していまして、編集用の特殊テープと補修用のリーダーテープは半分以上なくなっていますが、専用のドライバーやピンセットなどの小道具は全部揃っています。

まだまだ探せば他にも出てくるはずなのですが・・・それは今後のお楽しみということにしましょう。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. あらら… 懐かしい面々だ事。

     オクでイイ金になるんじゃない? (笑)

    ハイポジやメタルもありますね \(◎o◎)/!

     昔は無駄に高いテープ使ってたなぁ~~ (わたし、今思えば・・)

    1巻千円くらいのテープはザラにありましたからね。  今じゃBDは1枚100円もしないのに(笑)

    byアコスの住人 at2017-10-09 17:27

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする