HiFi居士
HiFi居士
オーディオ歴45年以上、、一貫してローコストな単品コンポの世界にとことん拘るのが私の流儀!。 加齢による耳の感度劣化を考慮して、「ハイファイ以上、ハイレゾ未満」のオーディオをやっています。

マイルーム

「なんでんかんでん」
「なんでんかんでん」
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
オーディオ的には問題山積ですが、耳も退化してきたことだし、ま・いっか!他にも2000年代当時の古い機器を沢山所有してますが、ジャンク寸前なのも多いので紹介は省略しました。
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-30
  • CD-R/RWレコーダー
  • CDプレーヤー/トランスポート
    DENON DCD-755SE
  • CDプレーヤー/トランスポート
    TEAC CD-P650
  • ネットオーディオプレーヤー
    DENON DNP-720SE

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

はいふぁい日和ー(21)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月13日

断舎利どころか、次々とレアものが出てきます。

懐かしのカセットテープ発見!第二弾です。SONYですね。
ハイポジ(TYPEⅡ)のUCX、UCX-S、UXと、ノーマル(TYPEⅠ)のHF-X、HF-PRO、それにメタル(TYPEⅣ)のMETAL-S、METAL-ES。ハイポジだけで3種類もあります。ノーマルはただのHFもあったんですがね。HF-PROはカセットハーフのテープガイドなどにセラミックを使用したプレミアム版(?)で中身はHF-Xそのままです。HFという名称はSONYが長年使用してきた高音質シリーズで、MAXELLのUDやTDKのSDなどとともに私もずっと愛用していました。

こちらはTDKのAD-S(TYPE1)とMAXELLのUDⅡ-U(TYPEⅡ)と、AXIAにブランド変更する前のFUJI FILM時代の主力GTシリーズ、これはTYPEⅡのGT-Ⅱです。FOR CAR STEREOと謳っているだけあって、カセットハーフには夏場での車内の高温環境でも変形しにくい強化素材を使っているということでした。

余談ですが、日本にもうひとつあった写真フィルムメーカーである小西六(サクラカラー)もカセットテープを出してました。当初はアメリカのAMPEXとの合弁でMAGNAXというブランドだったのですが、社名がコニカに変わった機会にテープブランドもKONICAに統一され同時にAMPEXとの合弁も終了しました。

これは何だと思います?正体はカセットテープのリワインダー兼イレーサーなんです。乾電池で駆動します。カバーに少し破損がありますが、ちゃんと動作しました。発売していたメーカーはJEWELTONE。レコード針のナガオカと言ったほうがわかりやすいですかね。あまり使用しないテープは転写という減少が起こりやすいので時々巻きなおしてやる必要があったんです。イレーサーはテープの録音内容を巻き戻し時に同時に消去する機能です。けっこう重宝したんですが、すべて今は昔・・・の話しです。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする