KIRYUU
KIRYUU
学生の頃、ふとお気に入りのCDを父の所有していたオーディオ装置で聴いたところから泥沼に。 THIEL CS2.3BEM は学生の頃、輸入オーディオショーで、誰かゲストが来て生で歌っているブースがある…

マイルーム

HINAルーム
HINAルーム
持ち家(マンション) / リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
中学の頃からオーディオに興味を持ち、機器をとっかえひっかえ現在に至ります。 使用している機器が古いため、下記に使用している機器を記載します。 ■SP  THIEL CS2.3…
所有製品
  • CDプレーヤー/トランスポート
    SOULNOTE sc1.0
  • プリメインアンプ
    SOULNOTE C-1
  • プリメインアンプ
    SOULNOTE A-1
  • プリメインアンプ
  • CDプレーヤー/トランスポート
    SOULNOTE cd1.0

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

日記

SOULNOTE A-1、C-1購入

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月08日

SOULNOTE A-1、C-1をセットで購入しました。
購入者が少ないためか、レビュー記事もないためA-1,C-1を組み合わせて使用した所感を記載します。

<A-1>

<C-1>


SA1.0、SA1.0R,DA1.0と所有してきましたが、どの機器ともキャラクターが違います。強いて言うならばSA1.0Rに近いと感じますが、そこまで落ち着いた(暗い)感じもありません。
従来機器よりも低音が強調・膨らむ傾向にありますので、低音不足を不満に感じられていた方には良い選択肢になるのではと感じます。
また、SOULNOTE製品は付属の電源ケーブルを使用する事で落ち着いている方が大半だと思いますが、本製品は電源ケーブルのグレードアップが良い方向に働いてくれます。
私は締まった音階が明確な低音が好きなため、その様な傾向の電源ケーブルを組み合わせたところ、Levinson 23Lの頃よりも深く締まった低音が得られ驚いております。
また、ボーカル物や弦楽器のリアルさは従来製品からしっかりと引き継がれていると感じます。
SC-1.0も所有しておりますが、これは誰が聞いてもC-1が全ての面で勝っていると感じるのではないでしょうか。
同条件で聞き比べておりますが、SC1.0の出番は全く無くなってしまいました。
手放したCD1.0(クロックチューン版)と比べると、SNはCD1.0が若干勝っていると感じますが、より音楽性を感じさせるという点でC-1が好みです。甲乙つけがたいですが、CDメカの安定性という点では今後使用していく機器として、C-1が大きなアドバンテージがあります。
購入予定がある方は質問があればレスにいただければと思います。
所感でよければお答えいたします。

ROTEL(RB-1090AO、RC-1090AO)の組み合わせと比較すると、低域のグリップ感ではさすがに劣りますが、音楽を聞くことの楽しさを味合わせてくれるといった意味ではやはりSOULNOTEが上と感じます。
コロコロと手持ちの機器を変えていますが、私にはSOULNOTE製品がやはりしっくりくるようで、手放してしまったSA1.0を再度手に入れて、RB-1090AOと組み合わせて使用することを画策中です。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする