PolarBear
PolarBear
ワイヤレスで音楽再生を楽しむという青年期の夢がもう日常のこととなった時代です。気がつくと初めてオーディオを購入したときから40年近くが経ってしまいました。その間に大きく変わったもの、変わらず脈々と受け…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

日記

ポリーニの公演にて。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月15日

平成30年10月7日,18日,そして21日。
この3日間は,マウリツィオ・ポリーニによるサントリーホールでの公演日でした。

コミュの皆さんの中にもお出かけになられた方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
当初予定されていた『ハンマークラヴィーア』が聴けなかったのは残念でしたが,それでも素敵な公演だったと思います。

私は3公演のうち2回を聴きに出かけました。
妻は3公演すべてを聴いて来た次第です。

この公演の中で私たち夫婦にとって,とても嬉しい思い出ができました。
といっても,主役は妻なのですが。

最前列中央の席をリザーブできた彼女は(なんとポリーニの公演で二度目です。),
公演終了後,スタンディングオベーションが鳴り響く中,
ポリーニへ花束を渡し,彼と握手するという幸運に恵まれました。

『ポリーニの手,どうだった?』
『大きかった。私の3倍くらいあったよ。』
『硬かったの?』
『そんなに強い力で握った訳じゃないんだけれど,柔らかかったよ。』

天才ピアニストと握手できるという幸運は,一般人にとって,なかなか降ってくることではないでしょう。
この日は妻にとって記念日となりました。

私が個人的に嬉しかったのは,ポリーニの手の感触ついて妻から教えてもらえたこと。
やはり大きいんだ。そうじゃないと鍵盤を自由に弾きこなせないのか.....。

来年も彼の公演が聴けることを楽しみにしています。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする