2Hくん
2Hくん
密閉型大好き人間です。ほぼ満足出来る水準に到達したと思います。凄い音はしないので、普通に聴くと物足りないかもしれません。 少しずつ情報・身辺整理していこうと思います。 美音倶楽部会員番号92 微…

マイルーム

ローコストハイエンドへの道筋……のハズ
ローコストハイエンドへの道筋……のハズ
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
どうもうちは一般のオーディオ好きとは違う独特のバランスなようです。 全然凄い音はしません。期待すると×です(笑) 凄い音は不要。 大音量も不要。 ただ、(音源に則して)自然に鳴る事が大…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

日記

『夕日のコンサート』という太鼓演奏を聴きました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月19日

 偶然見つけたポスターで開演3時間前に知りました。


『夕日のコンサート』


 三豊市の海岸で行われるイベントのようで、これまでも何度も行われているようです。海岸で太鼓の演奏。どういう発想でしょう(;^ω^)
 とはいえ、これはチャンスということで行ってみました。



 ずいぶん昔に高松のホールで鼓童(だったかなぁ)の演奏を聴いて以来の太鼓演奏です(阿波踊りは別です)。
 ステージ脇、ほんの5mくらいのところで聴くことが出来ました。iphoneのアプリも駆使してちょっと測定なども。



 歳月を経て、すっかりオーディオ耳になった自分の観点で聴くと――――

・音量の強弱はあるが、思ったよりdBとしての差はなく、max 95dBに対して、弱音時でも普通に80dBくらいはある。
・全体を震わせる強打音であってもそれほど音量が増えるわけではない。アタックは勿論強まるが。
・楽器の聞き分けができないことも多々ある。特に低域の、一番大きい太鼓のリズムが埋もれてわからないことが何度かあった。
・轟く低音はほとんど50-60Hzがメインのようで、勿論それ以下もあるものの、恐らく基音ではない。
・そこまで音の立ち上がりは鋭くなく、耳に突き刺さることはない。あくまで柔らかいものが振動している音。
 etc..

 など、新しい発見や再確認できたことがありました。
 距離や演奏レベル、録音技術など、大きく左右される要素はあるのでしょうけれども、今回の経験から学べたことは多そうです。






 持っている太鼓音源としては、代表は鬼太鼓座。もう一つは某廃刊オーディオ誌付録の太鼓CDです。あとは、打楽器だけのCDやDrum magazine付録のツインドラムの音源なども参考になりそうです。
 もう遅いので聴きなおしはオアズケですが、今回の経験を踏まえて、また改めて聴きなおしてみるとしましょう。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 2Hくん   こんにちヮ!

     やはり「生」ってイイですよね !(^^)!

    先日立ち寄った病院でピアノを演奏されてやた方がいらっしゃました。 院内に入った瞬間「ん?違うな」と思ったら奥の方で弾いていらっしゃいました。 生に接する機会が少ないので・・ やはり「生」だよなぁ~と思った次第です。  仕事で言ったのでゆっくりと聞けなかったのが心残りです (-_-;)


    ワタシ、太鼓系も好きです。  もう太鼓の音って「波」ですよね。 音自体、全てが波なんですが太鼓の波動は体感出来る心地よさです。 実際の音量はそれほど高くなかったりもしますが(笑)空気を震わす体感・・ そんな物の為に部屋を造ったようなものですから !(^^)!

     最近は映画の創られた低音ばかりを聴いているので、LPとCDを引っ張り出してみますかね (^^)/~~~  たまにはNautilusくんも唸らせないと鈍ってしまいそうだし(笑)

    アコス・・・。

    byアコスの住人 at2017-03-20 09:57

  2. 2Hくんさん、よい経験をされたようですね。

    私も7、8年ほど前に岩手県のある道の駅の野外で大太鼓と小太鼓の演武を見たことがありますが、とても感動的でした。
    もっと昔では、山中湖湖畔で鬼太鼓座の演奏を聴きましたが、あまりに広過ぎて印象に残っていません。

    鬼太鼓座、鼓童のLP、CDを持っていますが、今までに気持ちよく鳴らせたことがありません。
    どうしてもこじんまりとした音しか出ません。アノ太鼓の革が揺れる独特の空気感は再現できません。
    しょせん無理なのかも知れませんね。
    録音するのも難しいですし、スピーカーを始めとするオーディオ機器も和楽器をターゲットに開発してませんからね。

    BBより

    byブルースブラザース at2017-03-20 11:46

  3. アコスの住人さん、こんにちは。

    生楽器との差異は永遠のテーマですが、録音再生過程がある以上、元と同じにはなり得ませんよね。でも出来るだけ近付く事は出来そうなので、そこはオーディオの趣味性の一面ですね。

    また演奏会に足を運びたいです。

    by2Hくん at2017-03-21 15:32

  4. ブルースブラザースさん、こんにちは。

    量というか、波動なんですよね。オケでも、たった一発の静かなグランカッサがホールを揺るがすわけで、ズドーンじゃないんですよね…、ズッ……という揺らぎ。これが難しい。

    今回の体験ではさほど衝撃は受けなかったので、まぁ自己満足的には及第点にいるのでしょう( ̄▽ ̄;)

    by2Hくん at2017-03-21 15:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする