2Hくん
2Hくん
密閉型大好き人間です。ほぼ満足出来る水準に到達したと思います。凄い音はしないので、普通に聴くと物足りないかもしれません。 少しずつ情報・身辺整理していこうと思います。 美音倶楽部会員番号92 微…

マイルーム

ローコストハイエンドへの道筋……のハズ
ローコストハイエンドへの道筋……のハズ
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
どうもうちは一般のオーディオ好きとは違う独特のバランスなようです。 全然凄い音はしません。期待すると×です(笑) 凄い音は不要。 大音量も不要。 ただ、(音源に則して)自然に鳴る事…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

2017年 今年の一枚

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月18日

 年末恒例、今年の一枚の時期ですね。
 今頃、今年買ったディスクを聴き直して選別されている方もおられるかも? 今年の拙宅もまぁまぁ増えてしまいました。覚えていないのも多々あります(;'∀') そんななかで強烈に記憶に残ったいくらかのアルバムがあります。そんな中からの選出です。





 ということでいささか早いですが、今年の一枚はコレ!






 MUSIQUE A VERSAILLES Sigiswald Kuijken/Wieland Kuijken/Gustav Leonhardt
 Deutsche Harmonia Mundi GD77145




 一音出て
「あっ……!」
 Tr2になって
「ぐわぁ……!!!」
 という具合で一瞬で決まってしまいました(^▽^;)

 全然、改めて他を聴き直す必要がない。間違いなく今年の一枚です。


 一流どころの緊張感あふれる演奏。そして圧倒的な録音。こんな美しいハープシコード、チェンバロは滅多にありません。
 ヴィオラ・ダ・ガンバもどちらかというと感心する録音が少ない楽器ですが、このアルバムでは全く問題なし。

 ともすると美しいだけの録音や上手いだけの演奏――――特に古楽器にはそんなものが多い気がしますが、このアルバムはじっくり鑑賞にも十分ですね。

 再販がありますし、BOXにも収録されているっぽいですが、今回購入したのはCD初出盤です。
 残念ながら往々にして、音のリッチさの要素は再販されると後退することが多い気がします。豊かな音、その表情はこのディスクの白眉でもありますので、もし手に入るなら、初期盤で是非。








 その他、印象にあるもの。




 John Rutter
 REQUIEM
 hypeion

 これはある理由で1997年初出盤とhyperion30周年アニバーサリー再販盤を同時に購入したもの。
 フォーレのレクイエムなどを受けて作られた現代のレクイエム。確かに聴いているとレクイエムなのに、そう思えないメロディやハーモニーが多数……。敬虔な人間ではないので、僕にとっては面白いレクイエム、となります。ジャケットと曲の印象がちょっと違いました(^^;)
 このアルバムも再販の方がちょっと音の響きが劣ります。買うならやっぱり初出盤か、と改めて思った次第。




 Nat King Cole
 The Christmas Song
 Audio Fidelity

 御大のクリスマスソング。ずーっと前から欲しいものリストに入っていたのですが、なかなか値段が下がらなくて購入せず。最近ようやく下がった瞬間(それでもいつものディスク購入額より高い……)がきたので購入。
 流石、ええ声してますね~。元は1967年のアルバムですが、アナログ時代らしいサウンドがちゃんと残されているリマスタリングと感じるのもいいところ。




 TIBETAN BUDDHISM
 BRIDGE

 一部ではたぶん有名なディスク。
 聴いたら「うぅ~~ん!」と思わず唸ってしまうこと請け合いです(´◉◞౪◟◉)ゲヘヘ
 部屋がSouth Indiaになります。空間を出すようにしておかないと大変勿体ないアルバムです。
 ……ええ、きっと、たぶん、予想通り、拙宅でのセットリストレギュラー入りでしょう(ΦωΦ)ウーーー



 今年はハープものが増えた年でもありました。




 The Virtuoso Harp
 Erica Goodman
 BIS


 『光と波』~ヨセフ・モルナールの芸術~
 ヨセフ・モルナール
 Meister Music


 Chanson dans la nuit
 長澤真澄
 東芝EMI


 LIVE IN MONTREAL
 HIROMI & EDMAR CASTANEDA
 TELARC

 あと一枚あったような気がするのですが……はて。
 それぞれ全く録音の主眼が異なるようで、面白いほど違う音が出てきます。勿論CASTANEDAのものはエレクトリックハープですからさらに別物です。が、こうして何枚か比べて聴いてみると面白いですね。何となく、楽曲中一瞬だけ、カーテンのような音で表に出てくるのがハープのイメージなのですが、これくらい何曲も単独で聴くと表現の広さに驚きました。


 ということで今年最後のアルバム記でした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 2Hくんさん、遅れましたがこんばんは。

    >South India
    ノンサッチのエクスプローラーシリーズにありましたね、コレ。
    こちらがオリジナルなのでしょうか?
    最近、怪しいのは入手していないので、ここは是非参考にしてイロイロ仕入れたいと思います(笑)

    byfuku at2017-12-22 21:58

  2. fukuさん、おはようございます。

    たぶん、初版盤を購入したと思うのですが……(BCD9015)。1989ですから、レコードオリジナルというわけでもないかと?

    そこそこの音量で微細な鳥や木の音がしてきます。でも楽器が始まると突然激音が出てくるので上げすぎは注意でした(^0^;) 録音は超に近いくらい良いです。聴くのは大変です( ゜∀゜)
    どちらかというと歴史資料みたいな録音?

    そのほかいくつか取り揃えておりますよ( ̄ー ̄)
    またお会いしましょう!

    by2Hくん at2017-12-23 08:55

  3. 2Hさん、おはようございます!
    ご無沙汰をしております、、m(__)m

    今年は部屋の音もあまり鳴らす事なく、映画やドラマを
    静かに見て一年が終わりました・・(^▽^;)

    2Hさんのオフ会やディスク紹介の記事を見ると
    ふつふつと込み上げてくるものがあるのですが少しの間、
    活動が出来そうにありません(汗)

    こんな感じですが来年も宜しくお願いいたします!m(__)m

    良いお年をお迎えください!(^.^)

    bytake51 at2017-12-31 09:50

  4. take51さん、御無沙汰しています。

    今年は少し停滞の一年でしたか? その反動で来年は激動の一年に……(゚∀゚)!

    多くはありませんが、2chサラウンドな音源も増えました。また楽しみましょう!

    今日の昼食は香川らしくうどんに出陣するつもりです。某店舗は店長体調不良につきしばらく閉じたりしていました。
    物凄く車に乗られるtake51さんですから、体調を崩したり事故に巻き込まれたりしない、良い新年になりますように!

    by2Hくん at2017-12-31 10:21

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする