atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願し、日本特許成立:第5652931号。米国特許も…

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究ア…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

革新スピーカー日記:良いものをさらに良くに寄り道!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月03日

6/2撮影 あじさい、きょうは美しい「フラウ・フジヨ」を
紹介します。

さて、スピーカー研究の製作はチタンの音が良いのですが、
高くて小さいので、ステンレスで同等をと思い、3セットの
改良を進めていますが、ちょっと寄り道します。

それは 7セット比較のトップを追越して、現在トップの チタン
#259 の音の立ち上がりににごりがある点が、気がかりで、
触れるとまだ振動があり、共振していると見られる点です。
ということで、割り込みで #259 への追加塗布で、450gを
アルコール脱脂して界面形成を抑えた後におこないました。
音への効果は早速現れていますが、どこまでゆくか、
二次障害はないか、ウォッチします。
#259 : φ70SP 3.3㎏ φ190 h220

よく、この小さいPC用スピーカーでと思うと同時に、
音質には確かに腰を抜かすレベルです。
この #259 の基本構造は添付図ですが、チタンボウルが小さい
ので、延長のためにもう1個ステンレスボウルを使っています。

午後は寄り道から、3セット改良作業に戻ります。
----------------------------------------
本研究は趣味+αですが、最も重要な、スピーカー装置の
「振動体以外の不要振動減少」が皆様との交流でまとまり、
日米特許を出願して、日本特許は成立:第5652931号。
→ 関連 http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/
「全制振にて静止系での振動:スッキリ音を実現」
→マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!
頂上:シャキシャキ・サウンド #261/62/50/51/46/47/22/59/67/68/36/60/58
: 計 13セット (モニター/プレゼント勢揃い中)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. どこが音を悪くしているかが問題で、それはスピーカーフレームとマウントとキャビネットの振動で、とりわけスピーカーフレーム自体が問題との認識は新発見です。
    それで、それらの付帯振動を制振して、混変調状態から脱するわけですが、それには粘弾性材料に細目砂をフィラーとした材料を塗付して養生するのが本発明です。
    外観の問題ですが、本研究はスピーカー装置エンジンの研究ですので、見てくれをまったく考慮せずに、ただひたすらにリアルな音を探求しております。
    しかし、本技術によりいろいろな形態での多様化が可能になったのと、この外側に従来の外観を置くことも、内部のみでの従来外観も可能で、選択肢も拡がりました。

    構造は、一般的な木製/プラスチック製直方体の制振から、球体の
    プラザルへと進んで、球体のステンレス、さらにチタン:「ひとこぶ」
    と進み、容積増加のための「ふたこぶ」化、剛性強化でその二重構造
    /三重構造と進んで、今戻って「ひとこぶ」での二重化の究極を進んでいます。

    byatsunaga at2016-06-04 15:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする