atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願し、日本特許成立:第5652931号。米国特許も…

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究ア…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

革新スピーカー日記:作って見ましょう 続!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月27日

シリコーンシーラント/細目砂 混合を塗付のうち PC用の
#211 がスーパー域に至らずで不遇でしたが、昨夜に
特に側面などに追加塗布して、けさスーパーの仲間入り。

一方、ほかの #249/250/276 の方は きのう「砂糖琢磨:
インディ 500」の番組で制振サブウーファー入りで、
「アタック+キレ+ノビ」の大迫力を堪能。
さて、「作ってみましょう」番組、注意事項で、ステンレスの
カットクズは危ないので、すぐに必ず拾うようにして下さい。
作業時は安全メガネとバックスキン作業手袋をして下さい。
塗付時は汚れる可能性があるので、汚れてもいい服装です。
きのうの作業でスピーカーユニットを裏側から取り付ける
方法をおこなっていますが、その時にフランジのへりが
邪魔になるのでペンチで少し折っています。
さて、次々と塗付ですが、計量の様子のフォトです。

十分に混合して塗付してゆきますが、まずは一番重要な
スピーカーユニット周りなら始めて、4個のボウルの
内側へと塗り進めます。
フォトは片方のスピーカーユニット裏側塗布の完了まで、
右側は未塗付で対比できますが、表側は両方とも隙間に
塗付していて、この辺がやっかいな作業ですが、急所です。

----------------------------------------
本研究は趣味+αですが、最も重要な、スピーカー装置の
「振動体以外の不要振動減少」が皆様との交流でまとまり、
日米特許を出願して、日本特許は成立:第5652931号。
→ 関連 http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/
「全制振にて静止系での振動:スッキリ音を実現」
→マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!
(モニター/プレゼント勢揃い中)
頂上:シャキシャキ・サウンド
#222/#230・2・6/#246・7/#251・3・4・5・6・8・9
/#260・1・2・7・8/#275・6 : 計 20セット
スーパー・シャキシャキ・クラス:#211/49/50/76:4セット

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. うおーーー、材料公開ですか。
    砂は硅砂ですか?。
    ステンレスボールの場合、内側だけに塗布では
    不十分でしょうか?。
    鳴きにくい材料で内側だけ塗布で済めばいいん
    だけど。

    by青いコゴミ at2016-06-28 07:11

  2. 青いコゴさん、レスありがとうございます。

    砂は普通の砂ですが、径が2㎜以下を狙いたいので、「細目砂」と呼ばれているものを20kg一袋購入です。

    内側だけの制振塗付でよいかとのご質問ですが、先ほどその試聴に到達しまして、洗濯バサミでの仮組立での試聴で、元々の「市販」の数倍のリアリティが出ています。

    さらに、吸音材を入れてスピーカーユニット部を接合して養生するとさらに低域も伸張するので、十分に「驚きのサウンド」に至ると思います。

    ただし、今回は表裏の塗布を前提にしているので、それによる更なる効果を期待しますが、裏のみの塗付とする場合には追加塗布したほうがより向上と思います。

    完成時にてで触って振動が大きい場合には分解しての内部への追加塗布か、表面への塗付も考えられたら良いと思います。

    ステンレスボウルを構造体にしているのは例えば木製直方体では制振動に限界があるためですが、軽いとはいえステンレスの運動量による固有の響きがあることにもご注意ください。

    byatsunaga at2016-06-28 14:49

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする