atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願し、日本特許成立:第5652931号。米国特許も…

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究ア…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

革新音質SP装置教室:再製作の再進行!(17:30/21:10加筆)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月26日

作り直しをしていた #274 ですが、多重割り込みで、
置いてけぼりをくらい、進行停止していた #274 の進行を
最新のノウハウの元に再開しました。

スピーカーエンジン部の外殻までできていたので、その
外側に制振塗付して、残りの内面の2面に制振塗付して、
接合を開始して、養生しています。

ここで、仮組みして試聴していますが、最初からスー
パー・シャキシャキなので、まことに結構な進行です。

振動体を破って補修したので、これで良い音の究極まで
行くと振動体の音質主因説に対する、付帯振動の音質
主因説の立証ともなります。

もうひとつは付帯振動の制振の進行に伴って、音の
アタックとキレとノビやヌケが良くなり、シャキシャキと
明瞭になってゆくのですが、これはどこから出てくる
のかの疑問です。

バッフルの逆相振動が止まるためなのか、振動体の振動が
作用反作用で実際には音としては減じていたことの
現出化なのか、不明ですが、この現出は劇的です。

制振の進行とともに劇的に出現するこの現象に命名したく
思っております。

さて次は 新規購入の新規 #281 の製作です。

特にスピーカーユニットへの制振塗付は慎重かつ十二分に
おこないます。

17:20 #274 最終接合の前にSP部裏側の制振をさらに強化。
(平面バッフルは制振上はもってのほかですが、切り欠き円の
現在の構造も切り口が自由端となるので大盛りにしてブリッジ
構造化)

#281 はSP取付けと二重化の、ステンレスボウルカッティングを
完了して仮組み確認をしました。

21:10 新作 #281 で、最も重要な SPユニット/ボウル接合と
養生に入りました。次は追加の十二分な塗付です。
HPに先行版のフォトを掲載しましたのでご覧下さい。
----------------------------------------
本研究は趣味+αですが、最も重要な、スピーカー装置の
「振動体以外の不要振動減少」が皆様との交流でまとまり、
日米特許を出願して、日本特許は成立:第5652931号。
→ 先行 http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/
「全制振にて静止系上での振動:スッキリ音を実現」
→マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!
(モニター/プレゼント勢揃い中)
シャキシャキ・サウンド群:#222/#230・2・6/#246・7
/#251・3~6・8・9/#260~2・7・8 : 計 18セット
スーパー・シャキシャキ:#211/47/49/50/75・6~9/80:10セット

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする