atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願して、日本特許は成立しました:第5652931号…

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究ア…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

新発明の鮮烈スピーカー装置:「市販品改」の改3セット完了!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月10日

「市販品改」さらに改良する作業を行なってきましたが
#248・#286 に続いて、きょう #287 を完成配置して
3セット改良となりました。

ともに期待以上のできばえですが、特に最後の #287 は
大音量でも破綻をきたさず、新領域到達です。

音もあまりにも美しく、「永遠」にたどり着いた気がして
「アルテュール・ランボー:永遠」を思い起こしました。

これでレベル的に、市販品改良群がオリジナル構造群を追い
越したので、オリジナル群の代表 #288 追加塗布を急ぎます。

フォトの右側、マスコットの飛行機が乗っているのが #287
(Kenwood改)で、その左下が #248(DENON改)で、上が
#286(ONKYO改)で、共に外観保存で内部のみの制振です。

内外から制振する #288 にさらに外部塗布を加えて、触感では
振動が判らないほどにすることを目標に作業をします。

スピーカー装置は「余計な音を取る/抑えると音は美しくなる」
とのメルクマールでさらにさらに前進です。
---------------------------
本研究は趣味+αですが、スピーカー装置の「不要振動の制振
による、どのスピーカーユニットでも迫真サウンドの技術」が
皆様との交流でまとまり、日米特許が成立!:新技術です
・・・モニター情報・・・
「当初から定位は、ビシッと決まっていましたが、ここに来て
さらに明確になって来ました・・・全体的にスピード感が
あり、弾む様です・・・JAZZは良いですね」

トップ群 8セット:#248(市販品改)#270(前後2SP)#288
(ひとこぶ)#281(魔法瓶)/271・277(前後2SP)#282・289
(陶磁器ひとこぶ)

→ マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!
→ 聴感リアリティは 市販品改で3倍/オリジナル構造で
4倍以上で、モニターの募集中です。
→ http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. atunagaさん こんにちわ

     使われている制振剤とは、コーキング剤と洗い砂を混合した物なのですか?

     コーキング剤を主材とすれば、そんなに堅くならないのでは無いかと想像してしまうのですがどうなんでしょう。(重量で振動を抑える、と言う考え方でしょうか。)

     日記を遡ってもよく分からないので聞いてみました。

    by光陰 at2017-02-10 13:17

  2. 光陰さん レスありがとうございます。

    なかなかのご推察です。

    しかし、堅くするとそれが共振するので、制振には粘弾性が必要です。

    やや堅さ不足でも全体で振動を押さえ込むのが制振のポイントです。

    シーリング材と細目砂の混合体の塗布が基本ですが、共振しないで
    制振力を強化するためにもう一つの材料も活用しております。

    制振のキーポイントはスピーカーマウント部とフレーム、そして
    マグネット部と側壁間のブリッジでここを十分に押さえると、グンと音が良くなります。

    是非トライしてみてください。

    byatsunaga at2017-02-10 15:49

  3. >マグネット部と側壁間のブリッジでここを十分に押さえると

    なるほど、このへんが肝というわけですね。よく分かりました。

    by光陰 at2017-02-10 18:52

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする