atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願し、日本特許成立:第5652931号。米国特許も…

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究ア…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

#253・#269改 毎日進歩!「音のリアリズム」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月08日

本研究は趣味+αですが、皆様との交流で、スピーカー装置の
「どのスピーカーユニットでも、不要振動の制振による、迫真
サウンドの新技術」がまとまり、日米特許成立!音が違います
--------------------------
サイズアップ #253 作業は 10:14混合比ブリッジ塗付養生
接合
&養生して、もう少し接合部の制振強化で、シーラント:
砂 10:10 で追塗付して重さが 0.2㎏増加して6.8㎏です。

音はこれまでになく、中低域のプレゼンスが増し、再現性が
良くなり、迫力とリアル感が増しました。

この #253 をリビング手前中に配列して、奥左 #281 魔法瓶
中 #230 と 右 #278 魔法瓶で、奥下は左 #257 市販改
隣 #248 市販改 右 未改で、前左 #254 ペンギン 右 #295。

さて、次は Kenwood SP使用の「ふたこぶ」#269改 です。

これは十分にブリッジ制振をすでに行なっていましたが、
剥ぎ取って、新ブリッジ塗布を丹念に行いました。

塗布完了で仮組みして試聴しましたが、全域の微音再現性が
向上して、#253 に続いて、これまでと違う音が出ています。

マチュアに近づくにつれて音がグンと良くなるとは予言して
いましたが、これがそうかと感慨深いものがあります。

あすはこの #269 内部仕上げ塗布と養生、そして接合です。

その次は小さいのがごろごろと分解してあるので、これに
自信を持って、重さが軽くて、良い音を作り出してゆきます。
--------------------------
・・・モニター情報・・・
「当初から定位は、ビシッと決まっていましたが、ここに来て
さらに明確になって来ました・・・全体的にスピード感が
あり、弾む様です・・・JAZZは良いですね」

サウンド・リアリズム域:5:#253(ひとこぶ)#282(深底土鍋)
#281(魔法瓶)#255(ペンギン)#254(ひとこぶ)
ゴールイン:11: #230・78(魔法瓶) #271・74(ふたこぶ2SP)
#300・299・98・93・95・96(ひとこぶ) #248(市販改)
最優秀群:13 優秀群:18

→ マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!:持参もします
→ 聴感リアリティは オリジナル構造や市販品改で数倍で、
モニターの募集中です。
→ http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 熱心なご報道ごくろうさまです。
    失礼ながら、デザイン的にとうても部屋で文化を聴く形態には見えません。
    まずは外観を改善されたらいかがでしょうか。

    by平蔵 at2017-12-08 21:35

  2. オーディオには音がよければ
    何でも良いというのは少数派で
    所有欲やインテリアとしての美しさを
    求める方が多いと思いますので
    試してもらうには見た目への配慮は必要でしょうね。
    ビジネスだというならなおさらです。

    byHermitage at2017-12-09 00:12

  3. 皆様におかれましてはオーディオのサブシステムでスピーカー装置に
    最も課題があり、画期的な進歩が必要と言われていることはご承知かと思います。

    これに関しまして、要因が「余計な振動」にあり、それによる「余計な音」の発生こそが大きい要因であると看過して、余計な振動の制振の技術開発を進めております。

    日米の特許を取得しておりますが、技術の完成度は最近上昇して、
    そろそろ市販導入もありうるとの状況です。

    市販品への導入としては外観そのままで内部のみでおこなう方法は
    8/16~24・30などで紹介しておりますが、ネイキッドのエンジンにて覆いのように被せる方法も、ネイキッド尊重のデザインも考えられ、協議して進行をしたいと思います。

    byatsunaga at2017-12-09 21:56

  4. ただの趣味ならともかく
    試作の様子をレポートするのは、
    悪い見た目で、繰り返し宣伝したら
    ネガティブな印象を与えるだけですよ。

    byHermitage at2017-12-09 23:39

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする