atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願し、日本特許成立:第5652931号。米国特許も…

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究ア…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

実証モデル #290 養生!「音のリアリズム技術」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月12日

本研究は趣味+αですが、皆様との交流で、スピーカー装置の
「どのスピーカーユニットでも、不要振動の制振による、迫真
サウンドの新技術」がまとまり、日米特許成立!音が違います
--------------------------
次の技術実証モデル #290改 はマグネットカバー外しは
できませんでしたが、フレーム凹部など丹念にブリッジ制振
して、接合して、さらに外部塗付して作業完了です。

歯切れの良さはすでに発揮しておりますが、中低域の厚みは
さらに養生が進めば出てくると思われます。

技術実証モデル製作の内容の説明の目的は皆様方に実際に
トライする方々が生まれてほしいことによります。

現在のハイエンドモデルのレベルにアマチュアが到達する
ことはかなり難しくなっておりますが、付帯振動を制振する
ことにより、明瞭で新鮮な音が出現することが判明しました。

市販品でもオリジナル構造でも自分でできるし、費用も
余りかからないので是非試みていただくことをお勧めしますし
そのうちにコンソーシアムを作りたいとも思っております。

さて、#290改 は12/14用ですが、神田神保町1-21-1
文房堂4Fギャラリーにて行なわれる、盛岡一高東京同窓会の
絵画などの「白亜芸術祭」の歌唱発表会(無料)での活用です。

14:00~16:30 までのブランドピアノ伴奏の歌唱での
マイク担当ですが、当方のスピーカー装置デモの時間は
11人中の6番手です。

現時点ではまだ養生不足ですが、あすには十分に満足する
グランドピアノの音となると想定しております。
--------------------------
・・・モニター情報・・・
「当初から定位は、ビシッと決まっていましたが、ここに来て
さらに明確になって来ました・・・全体的にスピード感が
あり、弾む様です・・・JAZZは良いですね」

サウンド・リアリズム域:7:#269・290・253・254(ひとこぶ)
#282(土鍋)#281(魔法瓶)#255(ペンギン)
ゴールイン:11 最優秀群:12 優秀群:17

→ マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!:持参もします
→ 聴感リアリティは オリジナル構造や市販品改で数倍で、
モニターの募集中です。
→ http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. atsunagaさん、こんばんは

    外観の仕上がりは以前と比べて良くなっているように思います。
    ただ砂とシリコン充填剤だと整形方法を工夫するか
    外面に別の仕上げをした方がよいかもしれませんね。

    自分も自作をしたりしますが、
    人に渡せるスピーカーとなるとハードルが高いです。

    1つ教えて頂きたいのですが、
    手法は異なるものの市販品で似たようなコンセプトの
    タイムドメインだとかイクリプスがあると思います。
    atsunagaさんはこれらのフルレンジスピーカーをどう思われますか?
    音を聴いたことがありましたらご感想などを教えて欲しいです。

    byテナガザル at2017-12-12 23:33

  2. テナガザルさん、レスをありがとうございます。

    磁石の振動については、パイオニアや最近ではテクニクスの
    ミッドシップマウント、それにタイムドメイン/イクリプスの
    磁石の重心でのマウントの考え方があり、音の確認もしております。

    当方の考え方はフロントバッフルマウントを回避して
    マグネットマウントに移るのではなく、フロントバッフルから
    マグネットに至る全域を制振して、さらにキャビネット内(外)を
    制振して、付帯振動の全てを取り去るものです。

    ある制振域を超えると音が非常に豊富になり、これは従来には
    ない領域での再現で、特許は6年前に出願で、日米特許取得
    ですが、最近その領域に到達しております。

    応援の程、よろしくお願いいたします。

    byatsunaga at2017-12-13 18:55

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする