atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願し、日本特許成立:第5652931号。米国特許も…

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究ア…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

製作方法!「音の美の新スピーカー技術」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月02日

本研究は趣味+αですが、スピーカー装置の不要振動制振による
「音の美の新技術」が日米特許成立!(誰でも廉価で可能)
→ マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!:持参もOK!
--------------------------
モニターしている方が作りたいとのことですので、後半に
製作の方法を紹介します。

一方、段階に応じて歪率を測定している #267 は接合して
外側塗付して、さらに外殻を加えて二重外殻まで進行です。

加えた外殻は一回り小さくしようと思いましたが、取り付か
ないので、使っていたものを十分な密着性で取付けました。

測定ではまずこれまであった、1KHz/ 1.5KHz の 15db
にもおよぶピークが解消されたのが特筆され、ボウル部の
制振不足によるものと推定します。

それで、1KHz 歪率 高調波 0.99% 全高調波 2.4% を計測して
現段階はステップ19 ですが、分解当初のステップ3での値まで
到達しており、養生や外塗付で新記録かと期待します。

それで肝心の音ですが、試聴で「ケニー・ドリュー」を
聴いているのですが、確かに歪が減っていると実感して、
さらにあすに期待します。

--------------------------
製作の方法:製作は大歓迎で、個人目的では誰でもOKです。

白のシリコーンシーラント(1本数百円:6本ぐらい)に
細目砂(粒径2ミリ以下程度:数百円)を洗浄乾燥して、
コーキングガンで出して混合して塗布します。
白は塗付状況がわかり易いためですが、クリアなども可です。

洗浄乾燥は植木鉢の下に置く大きな皿のようなものの縁に
小さい穴を開けて水抜きして天日干しをします。

重量混合比は下地と仕上げ塗布 10:4 20g:8g、本塗付
10:14 100g:140g を目安にて、混合と塗付は電子ハカリと
プラボウル・塗付へラ・スクレーパー・割り箸・串を適切使用。

製作には市販品そのままで裏蓋を鋸で切り出して裏側から
制振塗付する方法と適切な大きさのステンレスボウルを100円
ショップで4個求めて、スピーカー穴をあけて塗付してゆく
方法がありますが、後者のほうが、より良い音に到達します。

まず、市販スピーカー装置のSP取付けねじを外して、引出して、
端子を外して、SPユニットを取り出し、トィーターのほうも
同様に取り出し、ネットワークも取り出しあとで活用します。

ステンレスボウルに穴を切り出すにはまずSPユニットの
マウントサイズを測り、それよりも少し大きめの円を
ボウル上に油性ペンで描きます。

円の内側にボウルの内側からアイスピックで連続した3個の
穴を開け、さらにスピーカーケーブル用の穴を縁近くに内側
から連続して2個あけます。

ホームセンターで数千円のステンレス用カッターを求めて、
連続した穴に差込み、線に沿って切ってゆきます。
(怪我防止のために、安全メガネ・バックスキン手袋着用)

穴にスピーカーユニットを入れてみて適合性を確認します。

この次にスピーカーユニットへの作業で、まず50cmほどの
スピーカーケーブルを端子に極性正しくハンダ付けします。

(以降、塗付ですので上下服・靴下を汚れ可のものにします)
最初にスピーカーフレームとマグネットの間の凹部を制振する
ために、アルコールを布に含んで脱脂して、10g:4g を
混合して下地塗付します。

少し養生して、30g:12g を混合して本塗付して、少し
養生して 10g:4g を混合して仕上げ塗付します。

次にスピーカーユニットの取付け接合で、双方に下地塗付して
多少本塗付して、ボウルを凸状において、ケーブルと
スピーカーユニットを上からいれて接合します。

この養生とスピーカーケーブルを穴から出せば一応雛形が
できてゴムバンドで合わせればスピーカー装置となり、
後は順次塗付を続けてゆきます。

これから音が良くなってゆくので、不思議ですし、苦労ですが
楽しくなります。
--------------------------
・・モニター・・「定位はビシッとしていて、さらに明確です。
スピード感があり、弾む様です。JAZZは良いですね」

音のリアリズム域:14:#246・53/4/8/9・60/9・90・300(ひとこぶ)
275(2こぶ)280(長くつ)282(土鍋)281(魔法瓶)255(ペンギン)
ゴールイン:10 最優秀群:12 優秀群:15

聴感リアリティは オリジナル構造や市販品改で数倍で、
これからは啓蒙ですので、モニターの募集中です。
→ http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする