atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願し、日本特許成立:第5652931号。米国特許も…

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究ア…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

#306ボウル探し:原音へのスピーカー技術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月11日

#306 の前身は #295 ですが、分解した結果 SP部はそのまま
再使用して、底部はどんぶりで徹底制振を狙ったために
重いので、新たな φ24㎝ステンレスボウル探し。

すぐに探せると思ったのが大間違いで、100円ショップには
200円の φ26㎝が主流で、探すこと5店で在庫切れで、5店目
などは一番品物が揃っていたのに店自体が閉店。

先に購入した φ26㎝を無理して使うかと思っていたところに
別の系列の店ならあるかもしれないと思い、行ったところ
やっとの思いで φ24㎝ステンレスボウル、それも深底で発見。

それを底部として補助部材を接合して、さらにマウント部に
長釘、裏のブリッジ部にT字プレートを活用して接合養生。

まずは仮組みして試聴して、中低域の解像力の良さを発見。

次はボウルの縁にφ2針金二重巻き接合ですが、SP部は
剥ぎ取らずに、底部の縁に巻きつける構造とします。

あすは午後から神田室町で全国「岬めぐり」の旅の講演で
盛り上げに「1960年代の蒸気機関車サウンド」提供ですが
「気絶するほどの良い音」を発揮させたく存じます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本研究は趣味+αですが、スピーカー装置の不要振動制振による
「音の美の新技術」が日米特許成立!(誰でも廉価で可能)
→ マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!:持参もOK!
製作は大歓迎で、個人目的では誰でもOKです。

→ http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする