atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願し、日本特許成立:第5652931号。米国特許も…

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究ア…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

#307進行・#306測定:原音へのスピーカー技術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月17日

市販バッフル+ステンレスボウル:ハイブリッド構造の
#307 はT字プレートをブリッジ部に、直線プレートを
底部に、φ2針金を縁部に、塗布接合して、最新化しました。

それがフォトですが、重ねて仮組みして、音の好調も
確認したので、あすには吸音材を入れて接合して測定。

一方、養生十分と見て歪率測定をおこなった #306 は
200Hz高調波は 0.339%の低歪記録を打ち立てました。

しかし、その全高調波歪は 3.2%と好結果ではなく、1KHz
のほうは高調波・全高調波とも悪い。

測定法に問題ないとすれば、低域振動は押さえが効いているが
中高域振動は押さえが不足していることとなる。

これは200Hz-20db信号にて400Hzがー75db、600Hzがー85db、
800Hzがー86db、1KHzがー86dbと十分に抑制されていること
からもわかる。

しかし、1KHz-20db信号では2KHzがー62db、3KHzがー69db、
4KHzがー86db、5KHzがー78dbと、2-3KHz付近の抑制が
必要とわかり、そのあたりを熟考します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本研究は趣味+αですが、スピーカー装置の不要振動制振による
「音の美の新技術」が日米特許成立!(誰でも廉価で可能)
→ マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!:持参もOK!
製作は大歓迎で、個人目的では誰でもOKです。

→ http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. atsunagaさんこんばんは

    順調に改善されているようですね。
    低域側は補強をすれば抑えられると思いますが、数kHzなどの高域側は材料や構造起因になるので潰し難いと思います。
    補強も均等に並べずに敢えて不均等にする、太さを変えるなど共振し難い形にすると変わるかもしれません。
    色々と試されると違いが出るかと思いますので今後に期待しています!

    byテナガザル at2018-06-17 23:21

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする