atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願し、日本特許成立:第5652931号。米国特許も…

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究ア…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

底部制振の歪率測定:原音へのスピーカー技術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月15日

振動する弱い個所はSPユニットのマウント部、磁石部、
それにボウル構造の底部、の3個所ですが、打診法にて
底部(背部)が弱いことが判り、制振塗布強化を実施。

#305/#305/#307 の順にきのう新材質をそれぞれに
80gと細目砂40gを混合してたっぷりと塗布して、
養生してきょう試聴と測定をしました。

聴いた感じでは #304 が好調で、うちのグランドピアノ
C-5 のような音の実現です。

歪率の測定結果は #304 がやや悪化の △ で、#307 ○
#305 が ○ でした。

ここで、フォトの #307 をまだ試聴していないことに気づいて
急遽、試聴して、その音が一番納得する良い音と確認。

底部塗布での変化は △○○ ですが、歪の絶対値では概略で
1.5%、1%、0.8% と差があり、#307 がスッキリと美しい。

あすはきょう塗布して養生中の#313 と #306 への底部塗布の
測定と試聴をおこないます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本研究は趣味+αですが、スピーカー装置の不要振動制振による
「音の美の新技術」が日米特許成立!(誰でも廉価で可能)
→ マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!:持参もOK!
製作は大歓迎で、個人目的では誰でもOKです。

→ http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. atsunagaさん、こんばんは!

    スピーカーを始めて作りまして現在は音の調整を行っています。
    スピーカーの自作をしたことにより、エンクロージャーの響きについて真剣に考えなければならない状況になった為にatsunagaさんが長く取り組まれている制振手法に興味が湧いてきました。

    10月のどこかでお伺いさせて頂こうかと考えています。

    byCENYA at2018-09-16 18:59

  2. DENYAさん、レスをありがとうございます。

    当方もエンクロージャーの響きが皆無になればS/Nの良い、
    スッキリした音になるとのメルクマールで進行しておりますが、
    スピーカーユニットフレームどころか、作用反作用による
    マグネットの振動も大きな要因とわかり、最終コーナーを
    進んでいるところです。

    その明瞭なサウンドを一聴していただきたく、
    是非、本厚木までお越しください。

    byatsunaga at2018-09-18 23:08

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする