atsunaga
atsunaga
私のスピーカー装置研究は趣味+αですが、オーディオで最も重要な、スピーカー装置の 「振動体以外の不要振動減少」 が皆様との交流でまとまり、日米特許を出願し、日本特許成立:第5652931号。米国特許も…

マイルーム

あつながメインルーム
あつながメインルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
マイルームはいずれもスピーカー研究製作の現場であり、 確認日常使用の場所でもあります。 要するに家全体がスピーカーだらけで、リビングが14セット、 ピアノ室が9セット、そしてスピーカー研究ア…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

3セットへの外殻制振:原音へのスピーカー技術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月21日

#304・#305・#306 の3セットの歪率改善に集中していますが
大幅改善には思い切った手が必要と考え、硬めの新材質塗布で
外殻形成して、モノコックボディ方式制振しようと考えました。

細目砂の混合比をいくらにしようかと考えたのですが、
「思い切って路線」で、1:1 にして、塗布&養生完了が
フォトで、#305 左手前、#304 左奥、#306 右奥、です。

結果的にはどうやらこれが悪かったらしく、制振も進んだが
共振も進み、歪率が#306:○、#304:△、#305:×。

一番手は「その19 748-751 18020-1~4 #306L/R」 で、
その右端のように、ー4、○2、◎2 ですが、期待した
画期的前進はありませんでした。

二番手は「その17 674-677項 18020-5~8 #305L/R」 で、
その右端のように、×5、△3 で、かえって悪化です。

三番手は「その18 702-705項 18020-9~12 #304L/R」 で、
その右端のように、△7、ー1 で、全体としては悪化です。

サウンドは実に定位がリアルで、細かいニュアンスも出始めて
いるので、「進歩とまとまり」の繰り返しの、「進歩」
ステップと考えて、次の手は同じく「硬め新材質の 1:0.5
混合比」で、ブレークスルーを狙います。

洗浄&乾燥の「細目砂」が切れかかかっているので、
雨天の中でどうやって乾かすかが課題です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本研究は趣味+αですが、スピーカー装置の不要振動制振による
「音の美の新技術」が日米特許成立!(誰でも廉価で可能)
→ マスコミ/業界/どなたも 試聴におでんせ!:持参もOK!
製作は大歓迎で、個人目的では誰でもOKです。

→ http://www016.upp.so-net.ne.jp/atsunaga/

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする