ミネルヴァ
ミネルヴァ
六畳間和室で音楽や映画を楽しんでいます。オーディオはストリーミングオーディオです。 石井式リスニングルームによれば、六畳間和室は音響的に良いそうで、部屋幅、高さとも推奨値からおおよそ-10%以内…

マイルーム

6畳和室
6畳和室
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / 8ch以上
狭いながらもホームシアターを楽しんでいます。 電源関係や部屋のチューニングもトライしています。 電源関係 ・電力メーターからオーディオ用幹線(CV22)を分岐   (CV22は地中埋設、オーデ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

日記

NHK ベルリン・フィル ヨーロッパコンサート2016(2016年6月26日深夜 放送)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月28日

ベルリン・フィル創立記念日の5月1日に毎年行われるヨーロッパコンサートは、今年ノルウェイ北部の世界遺産の町、レーロースの教会で行われました。

1. 叙情小曲集 第9集から 山の夕暮れ グリーグ 作曲
2. バイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 メンデルスゾーン 作曲
3.アンコール おとぎ話組曲から ヴィシュレフリック ビャーネ・ブルスタート作曲
4. 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」 ベートーベン 作曲

ヴィルデ・フラング(バイオリン)
管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指 揮:サイモン・ラトル
コンサート・マスター:樫本大進

放送音声:AAC 5.1CH 320Kbps

(視聴環境)
視聴距離:スクリーン高さの2.2倍
音量:視聴位置で最大96dB(ボリューム位置:-12.5dB)
サラウンドモード:ドルビー・サラウンド
スピーカー構成:フロント、サラウンド、トップの6本構成、センターとサブウーファなし

レーロースは古くは銅鉱山で栄えた町で、1644年に銅鉱石が発見されました。トナカイ狩りに来ていた農夫が発見したのですが、発見は偶然で死に際のトナカイが脚で地面をかき、鉱石を掘り起こしたのでした。
1977年に鉱山は閉鎖されましたが、1980年に世界遺産に指定され今は観光が主要な産業になっています。

会場となったレーロース教会は、内部が白と淡いグリーンを基調とした明るい教会で、大理石と金色が配され、あたかも宮殿の豪華ホールのようです。床が白いステージは少し狭いためメンバーを絞ったようです。

メンデルゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏したヴィルデ・フラング (Vilde Frang、1986年8月19日 - ) は、ノルウェーのヴァイオリニストです。

ノルウェーの首都オスロ生まれ。はじめはオスロのバラット=デューエ音楽院で学び、その後ハンブルク音楽演劇大学でコーリャ・ブラッハーに、クロンベルク・アカデミーでアナ・チュマチェンコにヴァイオリンを師事しました。
10歳でノルウェー放送交響楽団と共演しデビュー。12歳の時にマリス・ヤンソンス指揮オスロ・フィルハーモニー管弦楽団と共演し国際的な注目を集めるようになりました。以後、フィルハーモニア管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、hr交響楽団、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団等と共演。2012年夏にはルツェルン音楽祭においてベルナルト・ハイティンク指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と共演しました。
2011年3月に初来日しアレクサンダー・リープライヒ指揮のNHK交響楽団とニールセンのバイオリン協奏曲を共演したほか、リサイタルも行いました。

2012年5月16日の東京・白寿ホールでの「ヴィルデ・フラング バイオリン・リサイタル」では
1.バイオリン・ソナタ へ長調K.377 モーツアルト作曲
2.ハンガリー舞曲から第2番    ブラームス作曲 クレンゲル編曲
3.バイオリン・ソナタ第2番二長調作品94a プロコフィエフ作曲
が収録され、 BSプレミアム クラシック倶楽部で2012年7月13日に放送され、録画してBDに保存しています。

彼女の使用楽器は、1864年製のジャン=バティスト・ヴィヨームで、アンネ・ゾフィー・ムターも認める実力派です。
彼女は今29歳ですが、22,3歳に見えました。さながら美しいホールに舞い降りたヴァイオリンの天使のようで、すっかり見惚れ、聞き惚れました。ステージ衣装の色もホールに見事にマッチしていました。
アンコールでは「おとぎ話組曲から ヴィシュレフリック」を演奏し、その超絶技巧で魅了していました。
ベートーベンの「英雄」も演奏され、特に第2楽章は良かったと思いますが、省略致します。
なお、いつもベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサートで感じることですが、録音やカメラアングルが非常に良いことを申し添えます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんは、trazomaw改め、貧乏人の音楽好きです。

    感想を書こうと思ったら先を越されてしまいました。。。

    僕も書こうかなー

    by貧乏人のオーディオ好き at2016-06-29 23:03

  2. オーディオ好きさん、こんばんは。

    レスありがとうございます。
    以前、NHKの音楽放送番組について日記を書かれていましたね。
    私の方は、演奏について感想をいろいろ書けるほど他の演奏家の演奏を聴いている訳でもないので、簡単に印象を記すに留めています。

    さっそく拝見し感想を読ませていただきました。参考になりますね、ありがとうございます。

    byミネルヴァ at2016-06-30 03:21

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする