ミネルヴァ
ミネルヴァ
六畳間和室で音楽や映画を楽しんでいます。オーディオはストリーミングオーディオです。 石井式リスニングルームによれば、六畳間和室は音響的に良いそうで、部屋幅、高さとも推奨値からおおよそ-10%以内…

マイルーム

6畳和室
6畳和室
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / 8ch以上
狭いながらもホームシアターを楽しんでいます。 電源関係や部屋のチューニングもトライしています。 電源関係 ・電力メーターからオーディオ用幹線(CV22)を分岐   (CV22は地中埋設、オーデ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

Amazon Music HD + AirPlay vs NAS + mconnect PlayerHD

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月14日

2者の音質比較をしてみました。

音源は1979年9月、アナログ録音のVnアンネ・ゾフィー・ムター、カラヤン指揮のベートーベン バイオリン協奏曲です。

1.Amazon Music HD;24bit,96KHzをiPadからAirPlayにてSC-LX88で再生
   但しAirPlayにより16bit,44.1KHzに変換されています。

2.Rock Disk Next内のWAVファイル(1986年に購入したCDからリッピング)をiPadのmconnect PlayerHDにてSC-LX88で再生

1、も2、も音楽データとしては16bit,44.1KHzと同じですが、この再生条件での比較では1.の方が高音質でした。低域の馬力感と解像度、高域の艶と冴えで優っています。

この原因はマスタリング技術の向上がありそうですが、我が家のリッピングファイルは昔のCDからリッピングしたものも多いので、NASよりAmazon Music HDをAirPlayで聞いた方が良さそうです。
我が家のリッピングファイルの価値が下がってしまいました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ルーシー父と申します。

    興味深く拝読させて頂きました。
    私もストリーミングサービスに興味があり、検討して所でしたので参考にさせて頂きます。
    ありがとうございました。

    byルーシー父 at2019-10-15 14:52

  2. ルーシー父さん、こんにちは。

    レスどうもありがとうございました。
    参考にして頂き光栄です。
    過去のストリーミングサービスの比較日記も修正しておりますので、よろしければお読みください。

    byミネルヴァ at2019-10-15 17:31

  3. ミネルヴァさん こんにちは

    20世紀、特にCDが一般化された80年代にプレスされたCDは、「22kHz/8bitしか使ってない?(笑)」と思わざるを得ない盤が結構、ありますね。

    21世紀に入ったリマスター版、アニバーサリー盤、ベスト盤を聴くと、マルっと良くなって心地良かったり、更に感動するのは私だけではないと思います。

    TidalやAmazon Music HDで、その違いを実感できるのは有難いサービスですよね。

    byおにっち at2019-10-16 17:30

  4. おにっちさん、こんばんは。

    レスどうもありがとうございました。
    そこまでひどいCDは経験がないですが、TELARCの1812年は大砲音にレベルを合わせたせいで、微小音が入っていましたが、当時のCDプレーヤーのDACは実質14bitでまともには鳴りませんでした。
    その後のCDプレーヤーではかなりましな音にはなりましたが、LPレコード再生とは大きな差がありました。

    やはりリマスタリングされたCDは音が良いですね。

    byミネルヴァ at2019-10-16 19:27

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする