kingo
kingo
Mcintosh XRT20をマルチアンプ駆動させてます 内部配線をNORDOSTに変更 analog 機器では八合目まで来た感があります [mono盤はmono針で聴け!]が座右の銘

マイルーム

凸撃となりのオデオ部屋
凸撃となりのオデオ部屋
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~5.1ch
ま・・analog馬鹿です。 Mcintosh XRT20をNORDOSTフル改造マルチ駆動してます。 EMT JSD5/TMD25 MySonic ultra eminentB.C…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

再生空間

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月07日

大型スピーカーにとって大事なことは
それに相応的な空間が必要になる

※ただし、ニアフィールドは除く

当家 McIntosh XRT20 は超音場型密閉型ステレオフォニックシステム
AV仕様でなければ横置き配置にするのだけれど、専用空間とはいかないので
縦置き配置にしているわけなのだが、JAZZメインとなるのでコレでOK
(にしておこう!)

20Hz~20kHzまでもフラット再生が可能で
実際にはパラメトリックイコライザで味付けをしております。

コレを受けきる部屋



もちろん dbx driverack PA での補正ありきなことはいうまでもないことで
McIntosh MQ-107 の代わりに大活躍をしてくれている。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする