O'Audi
O'Audi
小学校の低学年で半田ごてを握り、小学校の中学年で憧れの放送委員に。その後、高校卒業までの9年間ずっと放送委員で、ケーブル製作や機材修理の日々。 本業はソフトウエアなんですが、半田ごてのキャリアのほう…

マイルーム

至福のひととき
至福のひととき
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~2ch
大学に入った時、それまで使っていたミニコンポを卒業して、ONKYO Monitor 2001とYAMAHA AX-2000を購入。ミニコンポで使っていたSONY CDP-227ESDのデジタル出力(光…
所有製品
  • その他オーディオ関連機器
    TAKATSUKI TA-300B
  • プリメインアンプ
    ELEKIT TU-8600R
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-70A
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-50
  • パワーアンプ
    LUXMAN M-800A

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ダイオードモジュール(5AR4互換)の測定

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月26日

お借りしたダイオードモジュール(5AR4互換)の測定をしてみました。


uTracer3+はプレート電圧・スクリーン電圧の設定範囲が2V~400Vなので、順方向電圧(Vf)が数Vの半導体ダイオードを測定するのには不向きです。

そこで、以下の手持ちの部品・機材で測定してみました。
電源は中華製のデジタルアンプで、アンプの入力にはPCから100HzのSIN波を入れています。
電流を測定する抵抗(シャント抵抗)は、ダイオードとアンプの保護を兼ねて10Ω/10Wとしました。


測定した波形はこちら。(Ch.1(赤):ダイオードの両端電圧、Ch.2(黄):シャント抵抗の両端電圧)


uTracer3+と同様に、印加電圧を横軸に、その時に流れる電流を縦軸にプロットしたグラフです。

5AR7(下記)の特性とはかなり違いますね...


O'Audi

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. O'Audiさん、こんばんは。
    貴重な測定データ有難うございます。

    やはり真空管に比べ立ち上がりが早いですねー。

    TRV-EQ3SEは5AR4を使っていますが、私の使っているTRV-EQ3SE/A.k premiumは出川式電源を使ったSBDに変更しています。
    お陰様で音の変化のイメージが明確になりました。

    ダイオードモジュールは3個あるのでバラして他の実験に使ってください。
    アルミの筒も嵌め込んであるだけで接着していませんから外れます。

    byVOTTA7 at2020-01-26 18:08

  2. VOTTA7さん、おはようございます。

    お借りした5AR4の特性とダイオードモジュールの特性ですが、かなり違っていました。
    5AR4をダイオードモジュールに差し替えた場合、恐らく整流後の電圧が5AR4の時よりも高くなると思われます。(回路構成にもよりますが...)
    それにより、真空管の動作点が変わることが予想されます。さらに、アンプの設計に余裕がないと、最悪アンプが壊れる可能性も考えられます。(回路構成にもよりますが...)

    そういった影響を避けたい場合は、ダイオードと直列に抵抗を追加することで、ダイオードモジュールの特性を5AR4の特性に近づけることもできそうです。

    ST10A130に貼られたラベルには内部抵抗に関する記載(数100Ω)がありますので、恐らく抵抗が入っているのでしょうね。
    ということは、uTracer3+で特性を測定できる可能性があります!! (^^)

    O'Audi

    byO'Audi at2020-02-01 09:14

  3. O'Audiさん、こんばんは。

    ダイオードモジュールはSV-S1616D標準なのでアンプ側は問題ないです。
    5AR4互換ですが他の整流管は使えないようです(^^;

    以前Solid State Rectifiersというものを入手し内部構造を調べたら此方には抵抗が入ってました。
    https://votta7.blog.ss-blog.jp/2016-02-07

    ギターアンプ用だったので使えませんでしたが(笑)

    byVOTTA7 at2020-02-01 19:33

  4. VOTTA7さん、こんばんは。


    > 以前Solid State Rectifiersというものを入手し内部構造を調べたら此方には抵抗が入ってました。
    下記の製品ですね。
    <https://www.tedweber.com/wz34>

    "Each model emulates the forward conduction resistance curve of the tube type it replaces and also has linear in-rush current limiting to simulate the warm-up of a tube rectifier, however, it is in the 1 to 2 second range, rather than the 7 to 9 seconds of a typical rectifier tube."
    整流管の特性(forward conduction resistance)をエミュレートしてるって書いてありますね。

    "FOR USE IN GUITAR AMPS. Not designed for use with HIFI tube amps, tube radios, etc."
    確かに、ギターアンプ用だと書いてありますね。(笑)
    「ギターアンプ以外は良く分からないので(専門ではないので?、試してみたことが無いので?)、それらに使う場合は自己責任で」といったところでしょうか。
    整流管の特性をちゃんとエミュレートしてるのであれば、アンプが壊れることはなさそうですが... HiFiアンプでは使えない理由が何かあるんですね、きっと... (^^;)

    O'Audi

    byO'Audi at2020-02-01 22:16

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする