O'Audi
O'Audi
小学校の低学年で半田ごてを握り、小学校の中学年で憧れの放送委員に。その後、高校卒業までの9年間ずっと放送委員で、ケーブル製作や機材修理の日々。 本業はソフトウエアなんですが、半田ごてのキャリアのほう…

マイルーム

至福のひととき
至福のひととき
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~2ch
大学に入った時、それまで使っていたミニコンポを卒業して、ONKYO Monitor 2001とYAMAHA AX-2000を購入。ミニコンポで使っていたSONY CDP-227ESDのデジタル出力(光…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

日記

KA-43SEの6V6化(7)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月10日

6V6化したKA-43SEです。いろいろな6V6系の真空管で動かしています。

※下記真空管は6V6に近い特性を持っていますが、6V6の互換球ではありませんので、6V6アンプで使用する場合は自己責任でお願い致します。

今回はTop contactのある真空管 CV1052です。
こんな感じのアダプタを作りました。
アダプタの配線はこちら。
全体像です。

入手したCV1052×4本の特性はこんな感じです。
O'Audi

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. O'Audiさん、こんばんは。

    CV1052(EL32)というのは初めて知りました。
    これはMullardですか?

    Top contactのある真空管でも測定できるO'Audiさん特製のアダプタは変幻自在ですね。

    byVOTTA7 at2020-10-10 23:49

  2. VOTTA7さん、おはようございます!!

    > これはMullardですか?
    eBayで購入したものなのですが、出品者の情報によるとMullard製とのことです。

    KA-43SEへ適用する前に、uTracer3+を使って、KA-43SEの動作条件でデータを測定する様にしています。
    これにより、互換球以外の真空管をKA-43SEに適用するリスクを多少なりとも減らせているかと...

    データシートに記載されていない条件でのデータが得られるのは、やっぱり便利ですね。(^^)

    O'Audi

    byO'Audi at2020-10-11 08:49

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする