B727
B727
メインはトーレンスの320にSMEの3009/R、マッキンのパワーにALTECのA7-500-8です。 他にはラックスのCL35とかMQ80とか。 瀬川冬樹氏や岩崎千秋氏がご健在なころからのオーデ…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

まずは保守

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年01月02日

なんとなくレコードの音で高域がピーキーに感じられてきたので、年始のオーディオ事始めとしてプレーヤーに油をさしてみました。
インナーターンテーブルをそっと抜き取りセンタースピンドルをレイカのCD用クロスで拭き取って、トーレンスの保守用オイルをスピンドルのてっぺんに2滴たらし、満遍なく全域に行き渡らせて再びセッティング。

出てきた音は案の定ピーキーさが取れて落ち着いたアナログサウンドに戻りました。

フランクチヤックスフィールドらしい堂々としたエレガントなサウンド、素敵です。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする