きみぞう
きみぞう
大学生の時にオーディオとビジュアルに興味を持ち始める。ドルビーディジタル(当時AC-3)の対応アンプが出始めた頃から、高音質なピュアオーディオと5.1chサラウンドの両立にこだわりシステムを構築してき…

マイルーム

ホームシアターファイルvol.48掲載
ホームシアターファイルvol.48掲載
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~7.1ch
念願の専用シアターが実現し、すでに10年。 約8畳の部屋ですが、フルHDプロジェクター、100インチスクリーンを導入し高画質と高音質の環境です。 照明もルートロンのグラフィックアイを導入して、…
所有製品
  • その他アナログプレーヤー/関連機器
    PHASEMATION CS-1000
  • DAコンバーター
    SUNVALLEY SV-192S
  • その他オーディオ関連機器
    MUTEC MC-3+USB
  • Blu-ray Discレコーダー
    PANASONIC DMR-UBZ1020
  • インシュレーター
    KaNaDe KaNaDe01

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

日記

どこでも良い音で音楽を楽しむ私の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月22日

7月の仕事の超多忙から、
8月はバテバテの状態でもなんとか仕事をこなし、
休みは何かと外出してゆっくり休めず、
9月に入ったらサイトウ・キネン・フェスティバルを聴きに行って、
そのあとは毎週のごとく家族サービスや写真の趣味のイベントが続いたと、
家のオーディオでじっくり音楽を聴く時間がなかなか取れない状況でした。

これは、7月下旬にあることがきっかけでポタアンの音質を向上させるには?ということにはまり始めて、やってみたことです。

ポタアンにはまったのは、ちょうど通勤電車の中でくらいしか音楽を聴く時間がなくて、
それがなぜか心地の良い時間になってきていたのもあるかもしれません。

さて、ポタアンの環境は、

DAC:FiiO X3(高音質対策済み)
ヘッドフォンアンプ No.1:FiiO E07K(一部改造)
ヘッドフォンアンプ No.2:イーケイジャパン TU-HP01(MUSES02搭載,一部改造)
イヤフォン:SHURE E-5c
ヘッドフォン:harman/Kadon CL



DACやAMPは私の許容できる音質基準を最低クリアさせています。
FiiOは若干きらびやかな音質でしたが、ナチュラルな高音としっかりとした中低域の音質とし細部まで明瞭になるようにしました。

音源ですが、主にCDのリッピングでFLACに変換しています。
リッピングソフトはMacのXLDというソフト

JazzはCDのリッピングでは味気ないので、FiiO X3はハイレゾ対応ということもあり、レコードから音源を作成しました。

まず、レコードを、
プレーヤ:Luxman PD-171AL+SME 3009SII+Ortfon SPU classic G MkII
フォノイコ:Luxman E-06


で再生して、TASCAM DA-3000を使って、192kHz/24bitで録音します。



ピークレベルは最大音量でMAXになるように調整しました。
ピークレベルを調整していると、昔、レコード(レンタル)をカセットに録音していたときのことを思い出しました。
確か、昔は録音のピークレベルの合わせ方など良い音質で録音する方法みたいなのがよく雑誌に書いてありましたね。

録音したデータは、KORGのAudioGate3でチャプタ作成とタイトル入力をして編集してFLACに変換します。



出来上がったファイルをFiiO X3のメモリ(microSD)にコピーします。

これで、ポタアンでレコードの音源を再生できます。

Jazzレコード音源のドラムやサックスは気持ち良くて、電車の中でノリノリになります。


本当ならば、ハイレゾ音源を購入ダウンロードすれば良いのですが、
CDのリッピングでの44.1kHz/16bitの音質でも十分クオリティーはあり、
レコードからの録音でも楽しく聴くことができます。
下手なハイレゾ音源をダウンロードするより良いです。

e-ONKYOで安いからと思ってカラヤンの昔の音源のリマスターを買ってダウンロードしたら、スッキリはしているのだろうけど演奏自体がつまらなく聴こえて失敗しました。

私のポタアンは改造してクオリティーを出すことができましたが、
最近、量販店などでヘッドフォンやポタアンをちょっと聴いていると、この価格でこの音か?と疑問に思うことがあります。

ポタアンやヘッドフォンのブームは続いていますが、高いものが良いものだという観念が固定しつつあるような気がして、本当に良い音で音楽を楽しもうという流れになっているのか?と思うこのごろです。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする