にら
にら
雑食ですが、主にJAZZ(VO)や古めのSSWもの、あまりエッジの効いていないユルいAORやアコースティックスイングが好物です。最近は国内にも良質POPSがたくさんあって嬉しいです。

マイルーム

スペクトラルの超絶自然世界
スペクトラルの超絶自然世界
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音あり
6畳×石膏ボード二重のため狭いですが、少しでもエアボリュームをと天井高を3.3mに、床はコンクリートにタイルカーペット直張り(後にフローリングにしました)専用分電盤にしています。ソフトは壁面収納に、生…
所有製品
  • その他アクセサリー
    FIDELIX AH-120K
  • フォノイコライザー
    FIDELIX LEGGIERO
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC X-01D2
  • スピーカーシステム
    DYNAUDIO Confidence C1
  • カートリッジ
    BENZ MICRO GLIDER SL

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

FIDELIX LEGGIERO フォノイコと歌謡曲

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月14日

自分の現在使用のフォノイコです。
それまではベンツマイクロの純正フォノイコを使用していましたが、
カーブ可変で遊びたかったのと、ステレオ盤を普通に聴くには純正より解像度も高く、
スペクトラルには合うような気がして導入しました。

しかし・・歌謡曲はやはりイマイチなんです。
その辺はもう少しナローにした方が雰囲気でますよね。
そりゃ当たり前だよ、と言われそうですが(^_^.)
ベンツマイクロフォノイコ時代も確かに同様でしたが、今思えばもう少しオールマイティーだったかもしれません。
解像度一辺倒になりすぎない落としどころが見事だったのでしょう。

だがしかし!
忘れていました。
FIDELIX LEGGIEROはディップスイッチで入力インピーダンスを1Gと330Ωに変えられるのです。
購入したショップ店主曰く「330Ωは厚みが有るがナローレンジになる、澄んだ綺麗な音はしなくなる」
という言葉を思い出しました。これまで推奨値である1Gしか試していませんでした。
このスイッチ一つでジャンルによる使い分けができたらしめたもの、早速実験です。

~♪♪
確かに。
広がりが少し無くなりますが、密度感が高まり音が太くなります。
一番分かるのは、低域が弾み、「ドスッ」ときます。
いわゆる古典的なアナログサウンドに少し近づきました。
しかしそこまでベタにならず、店主が言っていた副作用も言われるほど気にならないのは、ベンツマイクロだからかもしれません。
しかし、その固有の良さはかなり薄れます。当たり前か。


超歌謡曲マニアでありながら同じくベンツマイクロユーザーの知人が近々来るので、感想を聞いてみようと思います。
しかしその方は最新のルビー使いなので比べようもありませんが・・
ルビー無茶苦茶良いのですよ、以前にも日記に書きましたがSPUの濃さがありながらきちんと解像度やレンジ幅がベンツマイクロなんです。
あのクラスが1本あれば、変に周りをあれこれいじらずに全ジャンルいけるでしょう。
ヤバイ、書いていているうちに欲しくなってきてしもた(^_^.)



ーーーーー追記ーーーーーー

知人と330Ω&1GΩの切り替え比べをしたところ、やはり一長一短でした。
ざっくり言うと、330Ω:音が太くなり情報量が減る、1GΩ:ハイファイ調になる、といったイメージでしょうか。
その後、知人持ち込みの80年代音源を楽しみました。
やはりこのシステムは音源の差異や特徴をモロに反映させてしまいます。
CDを聴いても音が前に出るものは前に、古い圧縮音源などは奥に引っ込みこじんまりします。
それでも、エネルギーがきちんとあるから全般的にどれもそれなりに楽しめてします。
ということは、今回のアナログの結果も当然の結末のような気がします。
あるべき録音光景がそこにあるのかなと。
その後、その知人にルビーSの価格を聞いてしまいました・・






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過去日記はこちらからどうぞ→にらの過去日記(抜粋)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. にらさん
    今晩は!

    やってますね!
    アナログ!

    フォノイコの支配力は強いので、色々と大変です。
    設定値を変化させられるのはとても便利でいいですね〜

    バズケロの宇宙ステーショングルグルサウンドのセカンドアーム&カートは現代的な解像度で迫るので、たまにシュアーのカートリッジにして燻銀おやじサウンドを楽しむことで心の平安を保っています(笑)

    ほんと、なんでこんなにオーディオ&アナログ音楽は楽しいのでしょうね!

    では、では

    byバズケロ at2019-04-14 22:43

  2. にらさん こんばんは。

    最近パッシブプリアンプというものの貸し出し試聴で同様の体験を味わいました。

    試聴会でかかるような高音質音源はより高音質に鳴るのはまあいいとして、録音が悪く、上も下も切り取って、音の大小もいらないだろうと潰した歌謡曲やJ-POPがしっかり聴けてしまう機器に出会いました。

    音質の悪い音源を気にさせずに鳴らせる能力ってとても大事だなあと思いました。

    by平蔵 at2019-04-15 00:06

  3. にらさん

    FIDELIXは、高出力型(鉄芯タイプ)のカートリッジを活かすフォノアンプだと思いますす。DL-103を至高のカートリッジとする金田アンプと同じ思想で設計されています。

    DL-103は、確かにベンツマイクロの繊細で美麗な高域にはかないませんが、可聴帯域全体にわたってフラットでクセがなく、中域のエネルギー感が不足するということはありません。可聴帯域(音源帯域)は十分にカバーしていてナローレンジということはありませんし、ジャンルや録音の新旧を区別することなく同じように鳴らします。

    負荷抵抗の330Ωは、そういうことを確かめさせようというのがFIDELIXの本当の意図ではないでしょうか。DL-103やAT33にはそればマッチするはずです。ベンツマイクロは少々高域の美意識が優先されて中域のエネルギーが吸収されてハイエンド風の優等生になったり、逆に神経質になったりすると思います。


    DYNAUDIOを気持ちよく鳴らすためにも、にらさんの音楽の好みからしても、DL-103のほうが楽しく聴かせてくれるのではないでしょうか。オーディオは値段ではないですよ。特にアナログは…ね。

    byベルウッド at2019-04-15 00:59

  4. にらさん、おはようございます。

    アンプを交換してからもっともっとの欲望が抑えられないようですね〜(笑)
    よく分かります!
    グルグル回る円盤を見ることによって催眠術効果があるような気がしてきました。
    「買え〜買え〜買わなきゃダメだ〜」
    アナログ怖っ!

    byCENYA at2019-04-15 09:25

  5. にらさん、こんばんは。

    昭和歌謡、難しいですね。
    ベンツだと、綺麗すぎるかな?昭和って感じが無くなってしまいますね。

    昭和歌謡には、ナローというか、ワイドでも、日本的な無色透明で、面白みに欠けた方が合っているでしょね。

    byいたちょう at2019-04-15 19:43

  6. にらさんこんばんは。

    先日はお招きいただきありがとうございます。
    カートリッジとフォノイコって切っても切れない関係ですよね。
    改めてそう感じました。
    いたちょうさんの言うようにDENONやオーディオテクニカ辺りの日本語が丁寧に鳴るカートリッジを選ぶのが良いかなと思います。

    ベンツマイクロにフェデリックスの1GΩだと繊細過ぎて、少し高域側のレンジを絞っても小節が効いた厚みが有ればと感じました。

    byニッキー at2019-04-15 20:53

  7. バズケロさん、


    バズケロさんも上流がそれぞれ刷新されたようで、楽しいところですね^_^
    自分も気が付けばrega~ミッチッェルですので、英国のメーカーでした。
    これまでアナログ優位だった環境が逆転し、デジタルが鳴るようになると今度はアナログをテコ入れしたくなる、そんな堂々巡りが、今までもこれからも続くような気がします(^_^.)

    byにら at2019-04-16 05:39

  8. 平蔵さん、

    やはり聴く音楽の種類や年代幅が大きいと、その辺はクリアーしたいですよね。
    オールマイティーにするのに一番簡単でリーズナブルなのは多少ナロー気味にすることですが、それでかつ現代的解像度やレンジも犠牲にしたくないとなりますと、コストと労力が一気に跳ね上がるような気がします。
    特にデジタルの場合は、アナログよりもその費用や労力が十倍くらいかかるような気がしています。

    byにら at2019-04-16 05:42

  9. ベルウッドさん、CENYAさん、 いたちょうさん、ニッキーさん
    同内容のレスになりそうなので連名にてお許しください。


    DL103の件は、何とも言えません。特定機種を悪く言いたくないのですが(それぞれの機材にはそれぞれの世界や周囲とのバランスがあると思いますので)ちょっと後戻りできない経験を過去にしてしまいまして、、
    実は以前、国産シェ〇ター501Ⅲという楕円針のモデルを導入しFIDELIXと組み合せてました。
    そのカートリッジはかなりオーソドックスな設定の機種で、バランス的にも定評がありました。ベンツマイクロが入手困難で待つのに(それと取扱いに)疲れたのと、せっかくだし神経使わずにもっとオールマイティーに楽しめるやつにしよう、というベルウッドさんがまさに今回コメントして頂いた狙いそのものでした。
    しかし、後に友人から譲り受けたベンツ・リファレンス(難あり?)と比較してしまい、やはりベンツマイクロに回帰してしまいました。その比較はいたちょうさん来訪時に証人にもなって頂きましたが、その性能差は圧倒的でした。
    あと、自分にとって昭和歌謡はゲスト用なので・・

    ※日記にレポ追記します

    byにら at2019-04-16 06:58

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする