スイートサウンド
スイートサウンド
定年後、畑仕事をしながら、自作オーディオや音楽を楽しんでいます。

マイルーム

スイートサウンドの部屋
スイートサウンドの部屋
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2012年6月に新しいオーディオルーム兼自宅が完成し、オーディオ製作と音楽鑑賞を楽しんでします。 2013年 1FのスピーカをJBLからParcAudioに変更しました。 最近は、3WAY化…
所有製品
  • スピーカーシステム
    B&W 606
  • ネットオーディオプレーヤー
    YAMAHA CD-N500

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

NASの無線LAN接続

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月17日

Windows10で使える、WindowsMedia Player Ver.12(WMP)では、UPNPサーバー機能が搭載されており、NASとして使うことが出来るそうです。

そこで、ノートPCのWMPをUPNPサーバーとして、無線LAN接続してネットワークプレーヤ(NWP)の音を聴いてみました。

すると、ずいぶんと自然な音で音楽を再生することが出来ました。

以前NASの設定変更で、かなり音が良くなったと思っていましたが、まだまだ簡単に音を良くする方法がありました。

NASを無線LAN接続とすることにより、アナログノイズの伝搬がかなり減るのではないかと思われます。

そこで、いっそのこと、NWPを単独で無線LAN接続にしてみようと、無線LAN子機の購入を予定しています。


次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. スイートサウンドさん
    ご無沙汰しております!

    このNASのお話は多いに共感出来ます。
    メカニカルノイズを一旦遮断する=無線LAN

    受け手側以降のアナログノイズは伝播するかもしれませんが、トランスと同じなのでしょう。

    次回、導入後のご感想を楽しみにしています!
    アイデアの実験って、とても楽しいですね〜
    失敗の数々も含めて、趣味だからこそ飽きずにとりくめるのでしょうね〜
    そうで無い方々からは、ひたすら呆れらていますがねえ...

    ドンマイ、ドンマイ!
    ファイルウェブの仲間達はみ〜んな同類でしょうから(^^)

    では、では

    byバズケロ at2016-03-17 21:24

  2. バズケロさん おはようございます。

    無線LANの音が良いという記事は、あまり見かけないので、書いてみましたが、都会では電波が混み合っていて、安定した通信が難しいのかもしれません。

    そういう意味では、田舎ならではの恩恵か。・・・

    もう少し長期的に実験し、NWPの無線化も結果をアップしたいですね。

    byスイートサウンド at2016-03-18 07:31

  3. スイートサウンドさん こんにちは。

    NASを無線LAN接続としますと、NASのノイズはプレーヤに伝わりませんが
    接続は NAS > 有線無線変換機 > 無線 > ★無線有線変換機 > プレーヤ

    ですので、★無線有線変換機のノイズがプレーヤにはいります。ここは一般的にはスイッチング電源つかった機種なので、ノイズが少なくは無いです。
    うちでも 一階二階が無線LAN接続ですので、NASを無線LAN接続やってみましたが、結果はいまいちでした。特にハイレゾのような LAN通信負荷が大きいと無線有線変換でのノイズが増えるはずですね。

    LANを本気でローノイズするには 
    (1)ローノイズNAS(DELAが有名ですが、QNAPだとACアダプタをアナログ電源変更
    (2)アナログ電源つかった ノーノイズのオーディオ専用ハブ

    の(1)(2)利用がお勧めです。なおDELAあたりは(2)を内蔵していますね。

    たった今 (2)のアナログ電源つかった ノーノイズのオーディオ専用ハブ
    の発売予定がブログされていますね。
    http://blog.jspcaudio.net/?eid=170

    うちでも ノーマル版オーディオ専用ハブ 使っていますが、それは素晴らしい効果がでます。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20150705/47994/

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20151012/49029/

    byYongJoon at2016-03-18 11:36

  4. Yong Joon コメントありがとうございます。

    既に、実験済みでしたか。

    確かに、無線LAN子機のノイズが大きければ、改善にはならないですね。

    そういう意味では、拙宅の現状の音も、更に良くなる余地があるということと理解します。

    byスイートサウンド at2016-03-18 12:45

  5. スイートサウンドさん こんにちは。

    最近はPhilWaveもブログもノイズ一辺倒ですね。
    ノイズでここまで音が変わるのならアナログ系の帰還量の見直しをして見ては?

    理想的なアナログなら、ソースはソースの音として、ノイズは、ノイズとして出て別々の音に聴こえるはずです。
    それが音が変わる原因として考えられるのは、ノイズが帰還ループに割り込み混変調歪となっているのでは?
    またスペック外のノイズが帰還ループに割り込むと、部位で応答出来る部分と出来ない部分が有り、予想外の動きをする可能性も有ります。

    無帰還ならスペック外のノイズが割り込んでも、不安定になる事無く何処かで自然消滅してしまいます。
    実際には、無帰還は不可能なので、出来るだけ帰還量を減らす事でノイズの影響を減少させる事が出来ると思います。

    byhelicats at2016-03-18 15:15

  6. helicatsさん こんにちは

    ノイズの影響は、NWPからDACに入り、DA変換精度を落としていると思います。その後のアナログ系にはそれほど影響してないのだろうと思っています。・・・

    Helicatsさんが持参された無帰還真空管アンプは、良い音がしていましたが、ノイズの少ない最近の音は、一層自然な感じになります・・・。

    byスイートサウンド at2016-03-18 17:53

  7. スイートサウンドさん こんにちは。

    DAC自身も半分はアナログなんですが

    それと真空管アンプもPK位相反転のG-K間の自己帰還、ドライバーのSRPP(どちらかと云うとFF)等量は少ないですが無帰還では有りません。
    なにより電源の定電圧は帰還による定値制御です。
    パワーアンプのみならこれらを使わず構成出来ますが、装置全体を無帰還となると さすがに?・・・特にDACは難しいと思います

    余談になりますが、昔のLPはスピーカーからカートリッジに盛大な帰還が掛っていました。
    この位相が回って正相になるとハウリンクを起こすし、ハウリング対策で音が激変していたような?

    byhelicats at2016-03-19 09:48

  8. Yong Joonさん こんにちは

    貴ブログを参考に、スイッチングハブの位置を変更し、ルーターとNAS、NWP直結をやめました。その結果、無線LANを導入することなく、音質が向上しました。(注文した無線子機は無駄になるか、・・まあ、届いたら一応比較してみますが。・・・)

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20131115/


    バズケロさん こんにちは、

    ドンマイドンマイの意味が良く分かりました。まあ少々の出費はありましたが、結果オーライか。



    Helicatsさん  こんにちは
    負帰還回路を変更することなく、音質向上出来ました。
    やはり、元のノイズを減らすことが重要ですね。

    byスイートサウンド at2016-03-19 12:45

  9. スイートサウンドさん こんにちは。日記をご覧いただきありがとうございます。

    ちなみに 無線ルータにNAS、プレーヤ直結状態でiPadのアプリ更新を行うと 音とびが起きました。iPad3時代だと起きないのですが、確かiPadAirあたりから音とびが起きました。iPadのダウンダウンロード性能が上がった のでしょう。

    無線LANはオーディオ専用LAN(プレーヤ〜ハブ〜NAS)と PCなどそれ以外のLANの分離に使うと良いと思います。PCのノイズと、無線LAN子機のノイズ差分になりますが、ここの一点部分にLANアイソレータ(ノイズフィルタ)を入れると良いですね。

    byYongJoon at2016-03-19 13:48

  10. スイートサウンドさん こんにちは

    それは良かったですね

    帰還を追いかけると、効果の割に手間と時間が掛りますから
    よく有るのが”前より悪くなった?”折角の投資が・・・
    ですね

    それと帰還を問題にする大きな要素として、分解能があります。
    帰還は電気的特性を大幅に向上させる代償に分解能(ダイナミックレンジ)を犠牲にしています。(ダイナミックレンジは数字では表わすのが難しい)
    ですから帰還は用途に応じて方法・量を使い分ける必要が有ると思います。

    byhelicats at2016-03-19 14:13

  11. 無線LAN子機が届いたので、NASに繋いで、無線経由で聴いてみました。

    音の傾向としては、PC(無線LAN経由)と同じく、軽く、ふわりとした音で良いですが、有線LANのNASと比較すると定位は甘いかなと言う感じでした。
    一長一短あり、HUBや子機の電源を改善するともう少し違いが出て来そう。・・・

    byスイートサウンド at2016-03-21 12:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする