スイートサウンド
スイートサウンド
定年後、畑仕事をしながら、自作オーディオや音楽を楽しんでいます。

マイルーム

スイートサウンドの部屋
スイートサウンドの部屋
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2012年6月に新しいオーディオルーム兼自宅が完成し、オーディオ製作と音楽鑑賞を楽しんでします。 2013年 1FのスピーカをJBLからParcAudioに変更しました。 最近は、3WAY化…
所有製品
  • スピーカーシステム
    B&W 606
  • ネットオーディオプレーヤー
    YAMAHA CD-N500

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

冬の音会

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月17日

先月の秋の音会から、まだ、3週間ですが、すっかりと寒くなり、昨日は冷たい雨も少し降っていた中、前回の音会に参加出来なかった、EDさんと2Hさんをお誘いし、Helicatsさん、とりさんも交えて、冬の音会を拙宅で行いました。

先月の音会では、1Fのシステムは、帯域バランスに違和感があり、「中低音がマスクされて聞こえない」とのコメントが出ていました。
どうしたものかと、ラズパイやDDC(DiGi One)を眺めていると、DDC上に大きなDC/DCコンバータがあることに気づき、これを外部電源(5Vレギュレータ)に変更しました。

2Fのシステムでは、バランスは、良いものの、分解能が低いのでは、とのことでしたので、スピーカーの足元を見直し、1Fと同類のキャスターに変更しました。

再生した曲は、次のようなもので、大半はCD音源、一部ハイレゾ音源を加えています。


今回もダイアナクラールの曲でCDとハイレゾの聴き比べをしましたが、1F,2Fとも正解だったのは、EDさんだけでした。我が家と同じES9038PROのDACを使用されているので、耳が慣れているのかも。・・
前回に比べるとCDが一層聴き易くなり、差が分かりにくかったようです。

今回は、DDCの改造効果もあり、「高域がきつい」との感想は無かったのですが、1Fの音のバランスや定位の改善は必要との意見が有りました。
まあ、その辺りは、これからのお楽しみとして、手を入れていく予定ですので、またチェックをして頂ければと思います。

夜の感想戦では、駅前のおしゃれなイタリアンのお店をEDさんに予約頂き、都合で帰宅されたHelicatsさんを除く4人で、ワインやハイボール、カキフライ、アクアパッツァとリゾットなどを頂きました。

楽しい会話と、華やかなお店での食事は、とても良い気分転換になりました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. スイートサウンドさん

    1Fの中高音のきつさは取れましたが・・・低音はこんなに締まらない音だっけ?
    なんとなく違うような気がします。

    DC/DCコンバータを外したので配線距離が伸びていませんか?
    もしそうなら電源のレギュレーションが下がって可聴領域のジッターが増えた可能性も???

    自論の 調整した結果
    きつさが出るようならそのまま進むべし・・・バランスが取れた瞬間に音がはじける
    逆なら要注意!!・・・聴き易くなっただけで良くなっていないケースが多い(数ヶ月で飽きるので判断は簡単)

    飽きた結果また弄るので無限ループ??

    byhelicats at2018-12-17 12:08

  2. Helicatsさん こんにちは

    少し前までは、DC/DCコンバータのスイッチングノイズが、DACに混入して、きつさになっていたと思います。
    低域のゆるさは、もともとあったのですが、高域のきつさが、なくなって、よけい目立ってきたのでしょう。
    2FのようにTW,WFがペアのSPでは、1Fに比べ低域もしっかりしていますが、1Fのユニットは、TW,MID,WFの個性が違うので不自然感が大きいです。
    このあたりは、来年、何とかしたいですね。

    byスイートサウンド at2018-12-17 13:11

  3. スイートサウンドさん

    >低域のゆるさは、もともとあったのですが

    だとすると一筋縄で行かないかも?
    でも もう少し締まっていたような気がします。

    byhelicats at2018-12-17 19:08

  4. スイートサウンドさん、こんばんは。

    昨日は色々楽しませていただき、ありがとうございました。

    CDとハイレゾの聴き比べですが、これは耳が良いとか悪いとかではなくて、聞き分けるコツを知っているかどうかだと思います。

    音の立上りが鋭い楽器に注目(注耳)すると、CDの方がエッジが効いているように聴こえるし、ハイレゾは残響が長くキレイに聞こえる傾向があると思います。

    それより、ちゃんとこのような差がSPから出ていたから聞き分けが出来たのは間違いないですね。

    ちょっと気になったのは、中低域が不明瞭で分解能の不足を感じましたが、やはり、SPのメーカーが異なっているのが主な原因でしょうかね。

    MDとWFのクロスを上手く調整すれば、何とかなるような気もしますけど?

    byED at2018-12-17 22:31

  5. スイートサウンドさん、こんばんは。

    前回の音会から、また、音が変わっていましたね。音源も前回とは変えていただいて、とても楽しめることができました。中でも”ヘクとパスカル”と川井郁子のCD音源は気に入りました。

    ハイレゾとの聴きわけですが、前回注意していた、口の中の音に注力して聴いたのですが、1階でも聴きわけができませんでした。
    明らかにハイレゾ音源にCD音源が近づいている感じでした。仕方なく伴奏部分の記憶を頼りにハイレゾ音源がすっきりしていて、CD音源が少しぼやけている感じで何とか聴き分けできましたが、2階はまたしても聴きわけできず、間違えてしまいました。
    デジタルデータはいかに正確に送り出ししてあげるかが大切なんだと感じるとともに、CD音源もまだまだ秘められたものがあるのではと思いました。

    byとり at2018-12-18 02:35

  6. EDさん おはようございます。

    CDとハイレゾとの聴き比べは、残響にポイントが有ったのですか。なるほど、16ビット以上の所に表れているんでしょうかね。・・・いずれにしても、1F,2Fとも正解だったので、説得力が有ります。

    MIDとWFのクロスは、秋の音会後、f特や位相が合うように、変更しましたが、聴き疲れ感があったので、直前に元にもどしました。
    なかなか難しいものです。

    byスイートサウンド at2018-12-18 07:49

  7. とりさん おはようございます。

    ボーカル物ではないですが、川井郁子の曲、面白かったですね。なお、LUNA(PoLo・・)は、ハイレゾ(96K)版を再生していましたが、CDもあります。

    2Fでは、部屋が狭いので、スピーカーの外側で聴かれた、とりさんとHelicatsさんには、厳しい条件だったと思います。正面で聴けば正解だったかもしれません。

    CD音源でも、トランスポートしだいで、大化けするので、奥が深いですね。・・

    byスイートサウンド at2018-12-18 08:00

  8. スイートサウンドさん

    やはり、あまり間をおかずの冬の会となったようですね(笑)。

    しかも、またサウンドが大きく方向転換されたご様子です。私も、helicatsさんの「高域を乗り越えてこそ…」に一票というところです。でも、変更したのはDDC上のマイクロレギュレーターを外して外部電源からのDC供給にしたということだけなんですよね。それだけで、そんなに音が変わるというのはオドロキです。やっぱりノイズだったんですかねぇ?

    byベルウッド at2018-12-20 10:29

  9. ベルウッドさん おはようございます。

    予定よりも、早い、冬の音会になりましたが、予想外の音の変化(進化?)を皆さんに聴いて頂けました。
    DDCに載っていたDC/DCコンバータは100KHz付近でのスイッチングだったので、ノイズの影響はかなり有ったようです。
    いくらデジタル機器とは言え、まさか、こんなものが使われているとは。・・・・

    byスイートサウンド at2018-12-21 09:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする